FC2ブログ

おとなのじじょう。

 もういいや。
Twitterでコミュニケートしたり、意見を言う状況じゃなくなった。
言葉狩り酷いし、なんかもういいかなぁって。
スポンサーサイト



790(ななくま)アートシアター「走れメロス」

「我」を「失くす」、「我」を「忘れる」、「我」が「無い」。

 半年ぶりの演劇見学に行ってきた。

  というか、公演が行われる場所に行くまで、公共交通機関を使うたびに抱えていた
「変な苛立ち」というものがなく、不思議な感覚で目的地に向かっていた。

  公演の行われる末永文化センターというところは大昔、博多駅の駅弁を作っていた
「寿軒」の社長さんが私財を投げ打って九州交響楽団の練習拠点として作られた場所。
そういうことを考えながら、博多駅のホームに寿軒のステンレスワゴンがあって、
温かい食べ物や飲み物をオールシーズン売っていたよな、昼間は穏やかだったけれど、
夜暗くなって終電間際になるとドメスティックバイオレンスを地で行くような修羅場が
ごくたまに繰り広げられていたし、そうでなくともそのワゴンの周囲に知的障害なのか、
重度の発達障害なのか、わからない人がヘッドホンを使わずスピーカー剥き出しの
小型カセットで「もしもピアノが弾けたなら」を聞いている、という大変濃い場面に
よく遭遇したよな、その流れでもハイエンドな芸術かよ、ということを思い出していた。
 
 階段を登り、2階にある剥き出しの場所に旅館の一間を想起させる空間と
円形の台と踏み台がある程度の間隔を空けて表演空間として存在している。
その両側に客席をしつらえて見手を入れる、というのが今回の趣向。

 太宰治の「走れメロス」というお話は「友情のために約束を守る」という
物語の肝が存在している。
そして、「メロスはなぜ走ることになったのか」という物語に仕組まれた問いも
同時に存在している。

 日本の文化芸術、特に演劇映像の世界でなんだかんだ活動している人たちは、そのキャリアの中で、一度は太宰治が設定したこれら二つの問いをそれぞれの解釈と表現として
見せたことがあるのかもしれないし、ないのかもしれない。

 さて、今回は「走れメロス」がどうやって生まれたのか、というお話を
太宰治と檀一雄の関係という史実を利用して見せることで二つの問いを解き明かしてみる、
というアプローチを採用した。

 まず、太宰治はお金と女の人にだらしがなく、その尻拭いをするために小説を書いて
お金を作った、というのはロシアのドフトエフスキーと若干似ているかもしれない。

 けれども、ドフトエフスキーは借金取りと真正面から向き合って単価の安い小説を
長く、たくさん書いたが、太宰治はうじうじだらだら考えるだけで、肝心の小説という
商品が生み出されていない、その間にもだらしない出費が続いてさあ大変、いっそのこと
熱海に逃げちゃえ、という設定を作り、その設定で走れメロスのお話を走らせていく。

 その様子はまるでプロレス。
相手は世の中と目の前の相手、そして物語自体。
その三つに3人の演者が必死かつ命をかけて取っ組み合っている。

 この取っ組み合いを見ながら「我」というものを持っている、というか抱え込んで
しまっているから人は苦しくて悲しい思いをするのかもしれない、ということを感じた。
特に太宰治はこの「我」が人一倍強かったから、「他」を気にしてしまい、「他」と比べることで「我」を忘れてお金と女の人を使って「他」と比べた、比べられた痛みを誤魔化していた。

 このことは、現代が抱えている「依存症」という「こころの病気」の根幹をなす部分。
「我」というものを十分出して、何かを為さなければならないという「自己責任=努力依存」がまず存在して、「努力依存」を充足した成果として「買い物依存」や
「ギャンブル依存」、「セックス依存」という「こころの病気」が生まれ、
さらにエスカレートすると「アルコール依存」や「薬物依存」というからだにもよくない
影響が出る依存が発生する。

 「小説を書いて芥川賞を取り、認められる」という努力依存を充足できず、
熱海に逃げてアルコール依存、セックス依存等に耽って誤魔化しても、その代償として
金銭的な負債は膨らみ、それでも小説を書いてなんとかしなければいけない、という
大事なところからは逃げている、というありようを美しく言葉にしたのが
「走れメロス」だった。
 わたしは演劇に関わるものやことをこの数年間で捨てていた。
捨てたことで「我」の存在を見ることができた。
けれども「我」を無くすことができなければ、「我」を見ることができなければ、
ゆくゆくは自分で自分を殺してしまうのか、それがいいのか悪いのか、わからないけれど。

表現の面白さを体感するワークショップ

「自己開示」のやり方。

 そういえば、わたしはわたしの「障害」あるいは特性について、
演劇や舞台芸術の場において、うまく開示できていなかった。

 うまく開示できていなかったから、どういう人があって、どんな人が
合わないのか、ということがわからず、見つからず、ただ闇雲に行動範囲を
広げすぎ、人と人の間でぶつかりすぎて、しんどい思いをし続けていた。

 そうなっちゃうと、何もかもが動かなくなって、行動範囲や人間関係を
絞っていき、なるべく外に出ない生活をするようになると、
良い感じになってきた。

 そういう状況で始めた在宅ワークのトレーニングをする中で、
自己開示のやり方を改めてやり直し、一つの方向性が見えてきた。
その感覚を持っていって、演劇をやってみたらどうなるんだろう?
ということを考えていたら、このワークショップ、というか
前段階としてのシンポジウムにおいでよ、という提案をもらい、
そういえば、糸山さんや王丸さんに自分の障害特性を開示していない
よね、と話そうとしたらチラシをもらい、参加の段取りをしてしまった。

 年が明けて、大雪で日程が飛び、コロナで日程が飛び、
さあトレーニングだ、ということになったのが3月、発表のことは
考えないで何ができるのだろう、ということを探ることに
自分の全てがフォーカスしていた。

 金曜日は午前中通院のため天神に行き、昼過ぎに家に戻ってご飯を
食べて訓練に入り、終わって支度をしてバスを乗り換えて
ももちパレスへ。
(西鉄さんも区間制定期券、都心フリー定期券のほかに東京のバス会社が
 やっている金額制定期券も導入すればなんとかなるのに、改廃だけが
 打開策じゃないんだよ)
 ギリギリに入るように時間調整として藤崎のエニタイムで体をほぐしてから
トレーニングに入る。

 このトレーニング自体がセッションの組み方、グルーピング、時間設定、
あとなんだかんだが秀逸の出来。
そういう空間で時間を過ごすと、自分の障害特性から来る問題点が
なんとなく理解できるようになってきた。
 
 自分は「自然と息を合わせる、自然に息を合わせた」人や存在に対しては
変な敵意を示さない、けれども「息が合わない、当人の持っている息に
わたしを合わせようとする」人や存在に対して、苛立って怒りを見せていた、
ということがわかるようになってきた。

 この問題を理解した上で、いままでの自分を振り返って、
その振り返りを他人の振り返りにくっつけて、音や動きをつけると、
物凄い作品になってしまった。

 こういう体験を主治医の先生に話したら、参加したい、という人が
結構いるんだよ、ということだった。
がだ、この手法は障害特性の違いによって、トレーニングの組み方を
細かくして、グルーピングや時間設定もより細かくしないと、
心地よい場が違う障害特性にとっては息苦しくて苛立つ場に変わりかねない危険性が
あるよな、ということがあるので強く勧めることができなかった現実。

KAKUTA 「ひとよ」@豊橋公演

「父帰る」というか、「母帰る」だったのかもしれない。

 コロナウィルスになってから、お金があって、社会的信用のある人「しか」
エンターテイメントを享有できなくなった。

 ・・・だって、ローソンチケット取り扱いの一部とJリーグチケットは
携帯電話料金に上乗せしてチケット代を払うことができる、おんなじ仕組みで
演劇の配信(そういえばCapriの時空の滑りが織りなす恋愛もそのシステムだった)も
あるにはあるけれど、世の中のほとんどのキャッシュレス決済は「借金前提の」クレジットカード
じゃなければ、誰も、どこも、相手にしてくれない。

 SMBCとか、JCBが発行する銀行デビッドカードだったら楽天市場などは相手にしてくれる。
しかし、鉄道会社、チケットぴあ関連(どうしてチケットぴあはd払いを導入しないのだろう?)、
あとなんだ、そう言うところは銀行デビッドカードなんて相手にしてくれない、変更やキャンセルが
ややこしい、と言い訳するがそこはうまくシステム…何も言うまい。
SMBCやJCBの発行したプリペイドだったら、もっと相手にしてくれない。
デビットやプリペイドは「対面販売」でなければ力を発揮しない、とコロナ禍で強く感じた。

 だとしたら、演劇やエンターテイメントよりも、今はじっくり自分の根っこをよりよくしたい、
根っこをよりよくするための妨げをなんとかやり過ごし、一年半以上じっくりやって
こないだひとつの成果、というものを見せて、出してきた。

 そして、「ひとよ」という演目が映画になり、あれっ、実演見に行ったっけ?
スカウティングメモ引っ張り出して確かめてみるが「跡々」ともう一本は
KAKUTA見に行っていた、けれども「ひとよ」は行っていなかった。

 久しぶりに遠い所の空気も吸いたいし、近鉄特急の積立金カードも取りに行きたいし、
あわよくば大阪から入って「ひのとり」で名古屋に入って、なんだかんだしたいな、とは
当初は思っていた。
しかし不安感がじわじわとやってきて、ジェットスター名古屋往復にしよう、と
予定をまとめ、金曜名古屋入りの日曜終演後福岡に帰る、という日程でまとまりかけたが、
今度はジェットスターが便そのものを減らしにかかり、日曜間に合うか間に合わないかという
行きの便、月曜早朝の帰りの便を提案され、より一層不安になって出発当日を迎える。

 結局、中部国際空港第2ターミナルの降機口からターミナルの出口までが経費節減の折、
エスカレーターや動く歩道なしの階段クロスカントリーに困り果てたところに一度上に上がらないと
名鉄の駅にたどり着けない、ということもあり、2日間の名鉄フリー切符を買い、特別車座席券を買い、お茶を飲みながらホームの上で劇場さんに「遅れます」の連絡を入れて心を整え、電車に乗る。

 豊橋について、駅からまっすぐ劇場に着き、登録作業をして、びっくりするくらい良い対応で
席に着き(これが本当の「蛍さん」の仕事だった!)今そこにいる日常とは別の日常を実感する。

 ざっくりいうと、このお話は「機能不全家族の破壊と再生」というものが肝なのだ。
そして、どんなに家庭の中が機能不全に陥っていても金や地位があるから外から見て
「このおうち、ちゃんと機能しているじゃん」と見えてしまうのかもしれない。

 加えて、「タクシー会社」という「緩衝帯」や「防波堤」のような
「信頼できる、信用できる、安心できる」場がそこにできているので、
そうそう悪いこともできないし、誠実か、不誠実かよくわからないが、関係も長く続く。

 そういうなだらかな関係を見ながら私にはあるお話が頭をよぎる。
「あれっ、これ菊池寛の父帰るを現代にアレンジしたやつだ」
「著作権切れていたら青空文庫に所蔵されているし、著作権が切れてなかったら
明日本屋に行こう」というふたつのことを考え、帰りの空港で父帰るを初めて読み、
あれ、短編小説か、と思ったら短編戯曲だったんだよな、本当に構造が一緒だった。

 「ひとよ」は母がDV野郎たる夫を成り行きで殺して、刑務所に入って、出所するが
家に戻るにはいたたまれ過ぎて日本全国を放浪するけれど、「生き場所」を求めて
また家に帰る、家に帰ってどういう作用が起こったか、というお話。

 対して、「父帰る」は興行師の父が好きなことをやりすぎてしくじって、
どうにもならずにこれまた日本全国を放浪するけれど、「死に場所」を求めて
家に帰ったものの、息子の「憤怒と憎悪」がすべてを台無しにして…というお話。

 家庭が機能不全だと、いろんなことが歪んでしまい、何もかもがうまくいかなくなる。
それを解決するのは「殺人」をはじめとした「破壊行為」なのかもしれない、と
思い込んでしまう、実際「父帰る」は父を追い出すという「破壊行為」をして、
「ひとよ」はDV夫を本当に殺し、嫌みなことばかり言う姑も殺した、
そして、飲酒依存と薬物依存のダメおやじも「手に掛けよう」とした。

 本当に、人間という生き物はどんなにまともでも「憤怒と憎悪」の記憶があれば
「憤怒と憎悪」の対象が目の前にいれば、どんな残酷な事でもやってのける。
わたしだって、一つ間違えていたら本当に残酷で取り返しのつかないことをしていたのかも。


うぎゃぁ。

 きのうは「となりの田中さん」の学生リーディング公演を
見に行くはず...だった。
 筋トレしてご飯食べて、机に向かって作業して、完全にスイッチが切れて、
気がついたらどうにもならない時間帯。
完全に予定が飛んでいた。
 家庭内暴力の問題やジェンダー、あとなんだ現代社会の欠点をこれでもかと
盛り込んだ戯曲をこれからの人間が演じることで生まれた気付きを見たかったのだが。
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR