MAY「モノクローム」

眩い光の中には、眩さと同じくらいの暗黒を抱えている。

 いわゆる「映像作品」が「フィルム」という形で提供されなくなって、
というか「記憶・記録媒体」というジャンルから「フィルム・テープ」という
ものが除外されてどれくらいの時間が経ったのだろうか?

 そう言う堅い話はさておいて、MAYというカンパニーには
ちょいと「借り」を作ったまま数年間が経ったわけで。
初夏、千林大宮の芸術創造館で演ったとき、わたしの見通しが
甘かったせいか、公演途中で中座してしまう、ということをやらかした。

 正直、申し訳なくて、いろんなことを考えていたらこういうことになり、
善通寺での講座、最後の講義と仕上げの実習に参加することをやめて
新しいことを始めることになった次第を報告するために年内最後の講義に出て、
それからジャンボフェリーに乗って、神戸に渡り、風呂に入って飯食って、
阪急神戸線で梅田、諸々の用事をして環状線鶴橋経由で上六。

 落ち着いた、と思ったらいつも使っているペンを落としたようだ。
まあいい、これも古いことをはぎ落とす、ということよ。
それにしても千秋楽とは言え、変なお客が多すぎる。
開演前の趣向としてジャズと朝鮮音楽、そして和との融合を
「聞かせる」ライブがあったが、その良さがわかってないのか
なんなのか(以下略。

 そんなこんなでも、本編が始まると圧倒された。
「興業映画」を上映する(映画)館では唯一「フィルム」という形で上映する
大阪某所にある映画館、ここのプロデューサーがとある「幻の映画」を
偶然発掘することからお話が始まる。

 この「発掘された」物語ができるまでの「現場の葛藤」、
ある見手の「家族の葛藤」、「民族の葛藤」、「変化への葛藤」、
これらを「甘美的に」表現したのがイタリア映画の「ニューシネマパラダイス」、

 しかし、この映画の大阪版とこの演目を言うにはいささか鋭すぎる。
物語の端々に見られる鋭さ、とくに京都の朝鮮学校とのなんだかんだに
「パッチギ!」などを始めとする井筒監督特有の表現が混ざってはいる反面、
物語自体の密度と精度がすごいから、選ばれし者の恍惚と不安や、
ターザン山本の「シネマプロレス」のような映写室から物語にはまり込んで
引き込まれるが、どこか引いて見ている感覚、伝統の継承と断絶、
時代とプロレスする、そしてスタァの隠し持つ暗黒。
あと隠し味に「キューポラのある街」が効いている。

 なんていうか、こういうことを忘れてしまっている。
恵まれているから、こういう苦難をしなくて済んでいるのに、
けれども、苦難を引き受けなきゃいけない存在もいるのに、
どうしてそっとしてあげることも出来ないのか?
スポンサーサイト

下鴨車窓「旅行者」

沙漠のチェーホフ。

 INDEPENDENTの3セット目、葉山さんの演目を見たあと
場転のじゃまにならないようにひっそり、素早く場所を後にし、
大橋駅から西鉄天神まで電車で行き、少し飲んで
夜行バスに乗る。

 脱法、じゃなかった新高速バスではない、
普通の夜行高速バスでも時期によっては
「現代版ガレー船」の様相を呈するわけで。

 どういう事情を抱えて関西に向かうのかわからないが、
乗ってくる人ひとりひとりの「身体言語」が妙に一言多く、
さらに言えば、なんかうす汚くて不安定な時期は
それが引っ掛かりとなって無性に腹が立つ。

 この腹立ちに加えて関門橋で火災が、関門トンネルをくぐるために
ものすごい渋滞、結果90分遅れ、恐ろしく暑い中を神戸三宮の
バスセンターに降り立つ。
まずご飯食べて、金券ショップの当たりをつけるも、
店が開くのには時間が掛かる、仕方がないからネカフェの
パソコンとか何もない漫画を読むための椅子コースを取り、
シャワーを使い、漫画を読みつつ時間をつぶす。

 ちょうどいい時間になったので、金券ショップに行き、
三宮から伊丹までの阪急電車と神戸から高松までの
ジャンボフェリーの切符を買う。

 そしてえんやらやっと三宮から特急で西宮北口駅、
普通に乗り換えて塚口、そこから伊丹線に乗り換えて終点。

 ・・・アイホール、阪急電車の駅至近じゃなく、
JRの駅至近だったのねとこれまたうだる暑さの中歩き、
なんとかたどり着き、ハコの中に入る。

 ホールの「広さ」を活かして物語が「流れる」ように
空間全体を作っている。
そういえば、下鴨車窓は5月に福岡大橋で「渇いた蜃気楼」という
演目を見て、その時は季節的なルーリングとして「夏」を
よく使っているよね、今回は季節、というものはあまり感じられない。

 となると、一番最初に下鴨車窓を見た「人魚」のように
「さまよえる人々」を描く、と言う基本的な構造なんだろうな。
こんなことを考えていると、当日券の入場列に紛れて
一人の演者がスッ、と表演空間の中に入っていく。

 見手がさざめいている中で、「演劇」はもう始まっていた。

 さて、このお話はチェーホフの「三人姉妹」を大黒柱として、
所々に「桜の園」を効かせている、という基本構造やねん。
ざっくりとぶっちゃけてしまえば、そうなっちゃう。

 所々に「新しい場所で生活」だとか、「女子も労働をしなければ」とか
半ば「革命的な言葉」というものがチラホラと聞こえてくる。

 けれども、チェーホフの「言葉」の基本となる「風土」は
ロシアの「永久凍土(ツンドラ)」、草木までとは言わないが、
コケ類はなんとか生育しているよ。

 けれども、今、ここで繰り広げられている「風土」は
沙漠(砂漠ではない)、人間以外の生物が何もいない、
不毛の土地、この違いがものすごくひりひりするのだ。

 しかも、「三人姉妹」に腹違いなのか、なんなのかわからないが
「別の人間」が次々と投入されて、「xxである」という「存在の曖昧さ」を
「弁護士」という「曖昧さを潰す存在」が介入することで
余計ややこしいものに化けさせて、さらに「土地の問題」まで
加わって怖ろしいくらいのややこしさに化ける。

 これって、平田オリザと青年団のテーマたる「分かり合えなさ」と
いうものの「正体」なんだよなぁ。
けれども、下鴨車窓のほうが本家よりも「分かり合えなさ」というものが
「厳しく」効いていて、いろんなことを考えてしまうのです。

 人の流れは絶えずして、元のところに・・・とは言うけれど、
流れに乗ることがしんどい、と「判断」したから
その場所に「とどまる」ということも多々あるわけで。
これらの判断は「わたし」だけにしか下せない、というか
判断できないわけで。

劇団太陽族 「執行の七人」

学校って「社会の縮図」なのだな。

シアトリカル應典院というところに始めて行く。
南海電車の新今宮駅からなんばへ向かい、それから地下街を
真っすぐ歩いて、行き止まりが近鉄と地下鉄の日本橋駅。
そこから雨がざかざか降る中を生玉に向かって坂を上がり、
上がった先に銭辰堂という仏壇屋、その向かいに目的地がある。

このお寺、いろいろなところから「お寺じゃないお寺」という形で
「人が集まる場所」という「信念」を貫いていわゆる「檀家さん制度」を
取っ払い、「仏教でどれだけのことができるか」ということに挑んでいる。

「教育」という面でも「パドマ幼稚園」という「最先端の幼児教育機関」を
運営していて、その延長線上に「演劇」が来るのは至極当然なのだろう。
けれども、玄関に貼ってあった「努めるものは道が開ける」という言葉に
些か違和感を感じた、その言葉の主が日本女子運動選手初の
オリンピック金メダリスト人見絹枝だとしたら、尚更。

・・・若くして、しかも自ら死を選ぶ人間の言葉は好きじゃない。
頂点に上り詰めたら、次は「生きる」ための・・・ふうっ、何言ってんだ自分。

それはさておき、太陽族の演劇に触れて、わたしはより演劇を
学ぶ決意をした、けれども色々あって太陽族や岩崎さんの仕事に
行くことが出来ず、ずっと不義理をしていたのだ。

で、今回は自分の身の回りに起きた「転機」を「生きる力」にする
旅の日程にぴったりとハマったのでなんとか行くことができたわけで。

さて、今回のお話のテーマは「教育」とはなんぞや?
最近、東京、名古屋、京都、大阪のいわゆる「エリート教育」を
施す小・中学校、そして高校は「考える力」生涯を通じて
「学びのモチベーション」を切らさない、という方向性で
「アクティブ・ラーニング」という手法へと
急速に舵を切り始め、「東京オリンピック後」を機にこの国の
「スタンダード」へと変化させる腹づもり、らしい。

・・・要するに、昔の様に単一の価値観ではなく、
多種多様な価値観をかちかちとぶつかり合わせ、
わかり合おうと「させる」ように「仕向ける」
ということなのかも知れない。

そうなると、PTAという「親が教育に参画する仕組み」って
どのように変化していくのだろう、というか、いったいぜんたい、
もともとの形ってなんだろう、という問を岩崎さん(というか奥さんか?)
が「実際」に「現場」へと飛び込んだことで見えたなんだかんだを
「演劇」に丁寧に起こした、のが今回の趣向。

「資本の格差」や「文化の格差」がある程度「高いレベル」で
担保されている「社会」のもとで運営されている学校の
PTAという組織は多分、こういう多種多様な価値観を
かちかちとぶつかり合わせ、わかり合おうとさせるように
「仕向ける」、ということとは無縁なのかも知れない。

このことを表すため、岩崎さんは板の上に乗っている人物の
「キャラクター」をこれでもか、とくっきり、はっきりと際だたせるところは
際立たせ、逆にぼんやりとさせるところはぼんやりさせている。

そうすることで「7人+守衛のおっちゃん」の「資本の格差」や
「文化の格差」、そして、「人生の違い」をきちんと見せて、
これらの「資本の格差」や「文化の格差」、「人生の違い」が
大きければ大きいほど、「案件の合意形成」に時間がかかるのだ。

ということと、多種多様な価値観をかちかちとぶつかり合わせ、
わかり合おうとさせるように「仕向ける」ためには
途中の「錆落とし」というお互いの「エゴ」をぶつけ合わせて
剥がして、剥がして、剥がし切る「作業」が必要だと
板の上で物語を「立体化」させている。

この「立体化」という「作業」をやることで「できない」ことは「できない」、
「できる」ことは「できる」、そのシンプルな「真理」をわたしたちは
「できないこと」を「できるようにする(なる)」と
「勘違い」してしまうようだ。

本当は「できる」ことを時間を掛けて探すことを子供の「前を行く」
大人たちが指し示すことが教育の本質ってやつなのだろう。

したため 「文字移植」

「学び舎」でハイインパクトな「演劇」を見る。

演じ手にとっても、見手にとっても、「アトリエ劇研」は
「演劇の学び舎」だった、という発見。

徳島から南海フェリー、和歌山港駅から南海電車で天下茶屋、
それから阪急電車で烏丸、というルートを取らず、いきなり高速バスで
京都に乗り込み、KAIKAで飛ぶ劇場。

 それからヘトヘトの体で淡路乗り換えで動物園前、
大阪の数日間を過ごす西成のどやの個室へ潜り込む。
お風呂の床がなんか変だし、クーラーを入れると変な匂い、
おまけに布団や畳にノミなのか、ダニなのか、分からないが
ぴょんぴょんしていて眠れない。

ウトウトしながら痒がっているともう朝だ。
いろんなことを考えると、もう宿を出るしかない。
朝飯は道中で食べよう、というか金券ショップは何時からだ?
とりあえず京阪電車の切符を買わなければ。

というわけで、通天閣からなんば、心斎橋、淀屋橋と歩き、
結局梅田まで歩き通し、京阪の切符を往復買って、また淀屋橋。
落ち着いて、アトリエ劇研までの道を確認したら慌ててしまった。

・・・こっちは京阪三条までの切符しか、行きは買っていないよ。
帰りは株主優待の切符でどこからでも乗れるように仕掛けてはいるけれど。
とりあえず、特急に乗って、モヤッとしたことが京橋であったが、
なんとか京都にたどり着き、結果、それで良し、と。
バス停と乗るバスがわかり、一乗車ごとの切符を安く買えたのだから。
・・・東華菜館の川床で帰りがけまったり飲んで飯食いたかったが。

バスに乗って、案内通りに歩くと、すんなり場所は見つかり、
落ち着きながら周りを見てみると、結構踏み込んだ話が繰り広げられるわ、
なんていうか京都の若手演劇人が「自分たちだけ」の演劇から
「みんな」の演劇に変化していくための「わざ」と「すべ」を学ぶ場所、
自分もお金があればそういう場所を福岡の自分の家と隣の土地を買って
作って見たいが、立地条件があまりにも悪すぎる。

  そんなことを考えていてもなお痒い。
痒いから一度来た道を薬屋を探しながら戻り、
強力な駆除剤を見つけるが高い、そしてやばそうだ。
しかたがないのでまた戻る。

戻って、今日ともに見る人達の表情や纏っている空気を
感じながら箱のなかに入り、久しぶりに上の方にポジションを作る。

・・・この演目が福岡で公演できるようになった試み、
「ひとつの戯曲を通して演出家の技量を見てみよう」という企画、
まずは「プラン審査」という形で一度「わたしたちはこういう演劇をします」と
事前に提示した「課題戯曲」を使って「言語化」して「実演審査」に進み、
審査員の合議で決める「最優秀賞」と観客の投票によって決める
「観客賞」という2つの章典が。

この流れを最初から最後まで追っていたら
少しはまともなことが書けたかもしれないが、諸事情により、
「プラン審査」開始10分前に気持ち悪くなって帰ってしまった。

おまけに福岡で育って東京に新しい道を探しに行った
ただかおりがほぼ一年ぶりに福岡で演劇をしにやってくる。
見たいのだが、テストマッチ前提で日程組んだからなぁ。
けれども事態は二転三転し、ここ京都で見ることができた次第。

いろんな意味で福岡では賛否両論巻き起こしそうな作品だ。
それくらいハイインパクトで、尚且つ多種多様な「見方」が
できるような作りになっている、仕掛けになっている。

主な構造は「コンテンポラリーダンスの身体」にセリフを載せて、
原作が持っているであろう「独特な文体」を表現していく。
このもがき、あがきを時間や距離の「隔たり」まで見せながら
気がつけば追体験している、というかしてしまう。

この「追体験」は人によってはものすごく苦痛に思えることも
また、その逆もある、そこで行われている「演劇」がハイインパクトで
あればあるほど、心にかかる負荷も比例する。

さとねーさんの14+がこの企画で世に出たとき、
「14歳の国」という戯曲を使って今思うとハイインパクトな「演劇」を
作り、その負荷を素直にきついです、と表現すればよかったのに
「追体験」を「賛否両論」にすり替え、「人生の違い」を受け容れるどころか、
意味のない比較にしてしまった結果、数年間、多くの人を巻き込み、
様々な「名誉」を傷つけてしまった「戦争」に発展した。

そうならないための手段として「余韻の時間」という
見た人同士でしゃべる場を作る、という試みは有効だ、と感じた。
一番良かったのは「落ち着いて考える」時間に大半を割くことで
モードの「切り替え」やメンバーの空気を確かめる事ができたこと。

「落ち着いて考える」時間を持たなければ「耳を澄ませて聴く」という
行為もやりにくい、と言うかできないのかもしれないともいうけれど。

飛ぶ劇場「睡稿 銀河鉄道の夜」

世の中はすべて「非対称(アシンメトリー)」なのかもしれない。

この演目を始めてみた時はたしか
「ぽんプラザ開設10週年記念・九州地域演劇祭」で、
自分も「ハンバーグ工場で働く」という人生の旅を始めた頃。

2回めはなんだったんだろう、たしか「小さな戦争」の最中、
いろいろ諦めなきゃいけないことを諦めようとしていた、
その状況での葛藤の中で生きてきた。

そして、今回はこの「小さな戦争」から始まる
自らの葛藤がじわじわと膨らみ始め、気が付くと
「このまま、わたしはハンバーグ工場で働き続けていいのだろうか」
「仕事内容、受け入れ体制はものすごくいい、けれども現場の空気が
人生を雑に生きてきた人達によって荒らされていることがきつい」
という感情を抱えながらここ数年間、ところどころ休みながら働いていた。

がだ、こないだ熊本で起こった地震と自分の周りで起こった
「人生のもがき・あがき」を見て、感じて、様々なやり取りを
していたらこれらの嫌な感情をせき止めて
なんとか働いていたことが突然できなくなった。

・・・仕事、辞めちゃった。
というか、「何者かとたたかっている」という「抵抗感」を手放した。

そういうことを「一般席」に気がつけばすんなり座り、その流れで
もりおかとかあなさこ、はやまさんに開演前の客入れの流れで
つらつらと話している。

長すぎる前置きはここまでにして、今回の「銀河鉄道の夜」ツアー、
名古屋での「高校演劇セミナー」の示範公演はガチの「劇場」で
京都、北九州市枝光公演は今までの表演空間より天地とも
ぎゅっとした空間、という「正反対」の環境で公演を打つ。

ということを表演部でウォーミングアップが
「参加席」と共に始まり、「一般席」もそれに合わせて
「息を合わせ」ようとしている様を見ながら以下のことを考える。

前々回、前回は「スポーツのような」演劇という面が強く出て、
ひとつひとつのムーブやマイムに見ての「反応」がビンビン伝わってくる。
けれども、今回は「ガチの演劇」や「スポーツのような演劇」というか、
「コンテンポラリーダンス」の要素が強い「演劇」へと変化している。

泊さんの書く「セリフ」に演者個々が「演劇」という旅をして
身につけた「身体言語」を載せてより雄弁に喋ってる、体全体で。
見手もつられて、また体全体で「反応」をものすごい精度と密度で
伝えてくるから、「物語」が息をしている、息をしているから生きている。
生きているから、宮沢賢治が文学、と言うものを使って
「伝えたかったこと」も きちんと伝わっている。

宮沢賢治、という書き手は「農業」という「立ち位置」で五体と五感を
使って働いて、言葉を紡いできたきた人間だった。
五体と五感を使って働いてきた人間にはごまかしが効かない、と
いうのは「実感」として本当なのだ。

「ごまかし」のない、「実感」のあることばで明治期でいう「帝国主義」、
2016年現在では「新自由主義(=市場原理)」に支配された
「ある辺境の土地」のある意味「無駄」を許さない、
それでいて荒々しい「労働」と「生存」しかない「現実」を見せ、
この「現実」の対比として「銀河鉄道の旅」という乏しいけれど、
「宗教」や「芸術」を使いながら楽しく生きていた「過去」を効かせている。

・・・だから、冒頭部と結末を「近代科学」の「授業」にしているのか!!
そういえば、泊さんはかつて「キリスト者」だった過去があり、
「伝統宗教の疲弊」を目の当たりにして「正しい街」を書いたのか、と
いうことまで思い出してしまった。

多分、「生きること」ということは、「目的地の見えにくい旅」を
なんかなし、続けていることなのかもしれない。
私はどこから来て、どんなところを通り、どんなことを成して、
どんなことを成さなくて、そしてどこへ向かうのだろう?

この旅には、色々な「生き方」があり、「いろいろな死に方」がある。
これらは全て「非対称」なのだ、というのは板の上にある演者が
着ている衣装にメッセージとして込められている。

「生き方」や「死に方には、様々な形があり、
そこには「運の善し悪し」ですべてが決まってしまう
「無邪気であるが故の残酷さ」を抱えた現実があり、
これが経済や文化(分化)の格差につながり、ひいては
所得や、希望の格差へとつながってしまうのだろう。

いつもの生活がある日突然良い方に転がって多くを得ることもあるし、
悪い方に転がって自らの命を含めたすべてを失うかもしれない。
これらはすべて様々な時代の空氣がそうさせるのであって、
個々人の努力だけではどうにもならない。

どうにもならない、がどうにか生きなきゃならない。
ホントはね、「自ら死を選ぶ」ことができたら「苦しい目」に
あわなくて済むからどんなにいいことだろう。

けれども、様々な場面で起こっている「すべて」の要素を取り込んで、
これらの要素を飲み込んで消化してみたら、
世の中で起きる出来事や、運、不運というものは
すべて紙一重のバランスで存在していた。

ということは、私達が「生きている」という事自体が
「ほんとうのさいわい」にたどり着くための糧になっているのかも知れない。
故に生きよ、兎に角生きよ、生きて立ち位置と役割をまっとうせよ。

そう考えていると「運がいい」ということは誰かを何かしらの形で
「食べて」生きているわけで、「運が悪い」ということは他の誰かに
「命」を始めとした「何か」を差し出している、
これを「喜んでその身を捨てる」から「喜捨」というのだ、
という現実が板の上にあった。

さらに、2016年の社会には「持つもの」は「喜んでその身を捨てていない」
我が身、我が立場可愛さに差し出すことを嫌がってはいないだろうか?
という思いが妙に突き刺さる。

さて、わたしも新しい人生をそろそろと始めますか。
新しい人生における立ち位置や役割は薄々わかっているけれど、
そこに至る過程が不安であり、楽しみでもある。
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR