柿喰う客 「無差別」

壮絶なる、「かみころし」の物語。



 公演ギリギリまで、行くか行かないか迷っていた。
行く事でたくさんの面倒事に巻き込まれたくなかった、ともいう。

 そんなことはさておいて、表演空間が物凄くシンプル、
そして天体の関係性を表現したかのように見える「大人のジャングルジム」の作り。
音は岡本太郎がかつて自作の銅鐸を使い、キンコンカンコンと打ち鳴らしたようなものを使い、
光の塩梅と合わせて秋特有の深く、それでいておどろおどろしい夜を表現している。

 この空気で繰り広げられるものがたりは「差別と被差別」、「あなたとわたし」、「狩猟と農耕」、
そして、「始まりと終わり」、これらの要素が「ニンゲン、ヒト、ドウブツ、ケモノ」という立場、
また「天上、地平、地下」という場所、「日常と非日常」という状況の3つを圧倒的な
スピードで変化させてしまったら、行き着く先は壮絶なる「いただきます」と「ごちそうさま」だった。

 ・・・ということは「親を殺す」ということは「神を殺す」ということにまでつながっているのかもしれない。
突き詰めると、生きとし生けるものはなにがしか「食べなければ、生きていけない」訳で、
「食べる」ためには何かを「殺す」という作業をしなければいけない、ということなのだろう。
故に「殺したら、食べろ、食べないなら、殺すな」という事も言えるよな。

 なるほど、生きとし生けるものが「正に単独の存在」で「生きていく」≒「孤立する」ことは
「可能・不可能」という次元を飛び越えて「できない」、「無理」という前に「ない」というレベルなのか。
だからこそ、それぞれに段階、というものがあり、役割というものがある。
で、「秀でている」と「勘違い」した存在が段階や役割を「逸脱」することが「神になる」という行為であり、
逸脱してしまったが故に「生きとし生けるものの関係性」から「追放」された。
この世はすべからくこういったことの繰り返し。

 「生きとし生けるものの関係性」から追放されたからこそ、存在が神格化され、
その身は防腐処理を施され、透明な覆いを被せられ、厳重な温度管理やら何やらの元、
時間と人間を限って供覧されているのだな、と感じた。
そうでなければ、その身を焼いて灰にするか、埋めて土に還すか、という手段で
「生きとし生けるものの関係性」というものを保っていかなくてはいけないわけで。

 おしゃれでかっこいい皮に隠れた「深さと重さ」を感じてしまった。
スポンサーサイト

ギンギラ太陽’s「スーパーマーケット三国志 決定版」

新年に相応しいエンターテインメント。 



あけましておめでとうございます。

 初めてキャナルシティ劇場というところでギンギラを見る。
本当は初進出、「地下鉄」のお話の時は他の日程と重なって。
それにしても、西鉄ホールとかと違って「演劇マニア」も「ギンギラマニア」も
程よく「客席」という森の中に「隠れて」いて、お互いがお互いの存在を主張することもない。
ある意味「客席の匿名性」というものが担保されている、というか。

 そんなことをつらつらと考えていたら、いつもの様に「西鉄バス軍団」による
「写真撮影大会」という前説を兼ねたアトラクションが始まり、
ムネトさんのかぶっているバスが100円循環バスでしか見られない
「博多阪急」塗装になっていたことにかすかな喜び。
2階席まで遠征して開演前からおつかれさまです。

 そして、はじまる前の一瞬、表演部そのものの広さと深さを感じて、本編へ。
お話の中身は「三国志演義」を皮にして福岡の流通業界の始まり、
そこから商品を「売る」から「買う」という「片方向性」の流れから
たくさんの人を巻き込んだ「双方向性」に変えた、これが「流通革命」なのだ。
この「素材」をダイエーやら渕上ユニード、寿屋、ベスト電器、丸和、
それぞれの草創期のよもやまという「調味料」を絶妙の塩梅で効かせ、
先人たちの知恵と勇気という「詰め物」がぎっちり詰まっていて、
和の「歌舞伎」、中華の「京劇」、という「亜細亜的種々雑多」という
「福岡のコスモポリタニズム」が隠し味。
…あと野田秀樹風味、という「新しい試み」もところどころに混ぜ込んでいるのは内緒だ。

 5年前だったか、6年前だったか、この演目のプロトタイプを福岡演劇フェスティバルの
「口開け」で見て、その時はダイエーやら渕上ユニード、寿屋、丸和、ベスト電器、
それぞれの草創期のよもやまが強調されていて、そこに悲しい恋の物語を効かせたのが、
長い時間をかけて熟成、整理されて今の社会と噛み合った物語に変化した。

 「流通革命」はこのあとも徐々に変化していき、「コンビニエンスストア」、
「ファストファッション」、「ネット通販」という形態にまで変化した。
その変化を何らかの形でこれらの会社は掴み切ることができずに今に至る。
・・・がだ、旦過の丸和フードセンターはコンビニが出来る前から24時間営業だったわけで。
なんかなぁ、この変化した形態そのものが「違和感」になっているなと。
売るのも、買うのも「人間」なわけで、肝腎の「人間」が置いてけぼりになってしまっているのかな。

 置いてけぼりになったことで、これから「何も残らない」という歴史を作ってしまうのでは、
という危機感を去年の12月16日以降強く感じるようになった。
けれど、このような閉塞感ばかりの世の中にも
必ず、どこかに突破口はあるから大丈夫。というメッセージを貰った。
まあ、自分の目の前にあることをコツコツこなしていくしかないよな。
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR