劇団ショーマンシップ 「亀井南冥伝」

「学ぶことに涯はなし」。

 ショーマンシップ、とうとう「博多座」まで辿り着いたか。
詳しいことは省略するが、「博多演劇の王道」テアトルハカタから
「方向性の違い」というのか「金銭面の問題」というのか、
いろんなことがあって、「アクティブハカタ」と仲谷さんの
「ショーマンシップ」、あと徳永玲子ねえさんはテアトルハカタ本体に
残ったのかな、となると「ふたつ半」に分離、独立したわけで。

 その中でお互い、いろいろな出来事があり、大変なことも
数知れず多かったのかもしれない、それでも踏ん張って、踏ん張って、
「アクティブハカタ」は「天使すぎるアイドル」という「大金脈」を掴み、
「ショーマンシップ」は「唐人町」という場所でマジのエンターテイメントを
作り上げ、福岡の隠れた歴史を丹念に「掘り起こして」作り上げた
「唐人歌舞伎」、「インプロシアター」を通してガラパを始めとした
福岡の「新しい才能」を一つ上の段階に押し上げる手伝いをしている。

 この「踏ん張ったこと」によって作り上げてきた「強さ」が
甘棠館Show劇場であり、博多リバレインホールなのかもしれない。

 「日常」という「強さ」が作り上げた「空気」を博多座、という
「非日常」な「場所」に持ち込むとどのような化学変化が起こるのだろう?

 現実は「化学変化」を感じるには心と体が疲弊しすぎていて、
ぐだぐだの心と体を抱えながら空腹を埋めるため博多阪急の地下の
豆狸ともう一つのテイクアウトすし屋で寿司を買い、博多座の売店で
ビールを買って客席の扉が開くまでのロビーで食べている。

 今回も2階席のやや真ん中。
当方、博多座の1階席にあまり魅力を感じないのですよ。
「空間をうまく使えていない」演目にあたってしまうと
「隙間が多すぎる」とか「サイズに応じた身体言語になっていない」、
「動きの精度、密度、速度がサイズに応じたものになっていない、
 サイズに応じたものになっていなければ人海戦術、も使えない」
といういろんな粗が見えてしまい、「なんだかな」と考えてしまう。

 その分、2階席は「立体的」に物が見えて、物語を感じることができる。
おまけに1階席のお客さんの反応も見ることが出きて、まあ、好みだ。

 お話の中身は「志賀島の金印」というものがどこから来て、
どういうことになったのか、という一つの「謎」を通して
「唐人歌舞伎」という演目が得意としている
「福岡という街、日本という国」が隠し持っている「ほの暗い嘘」を
少しずつ明らかにしながらも、ぎりぎりのところで「嘘」を「嘘」という
ことをあっさりと「放棄」する潔さ、というか皮肉と示唆を見せている。

 この「地理的な物語」に黒田藩の「修猷館」と「甘棠館」という
「学(問)閥」の争い、というかある意味「片思い」に似た
過剰すぎる「敵愾心」というものを絡ませて、現実を見せ、
「学ぶ」とはなんなんだろう、「本当」、もしくは「真実」は
一体何なんだろう、「嘘」、もしくは「つくりごと」とはなんなんだろうと
問に問いかけることで、「歴史の嘘と真実は紙一重であり、
鏡の裏表である」から「歴史」というものやことは一度ならずとも
何度も何度も疑ってかからなければいけないのではないだろうか?
ということをそれとなく教えている。

 さて、「疑ってかからねばならない」とはいうけれど、
「疑う」ために、わたしたちは一体何を「拠り所」にすれば
いいのだろうか、よくわからないところがある。

 もしかしたら、「疑うために寄りどころとするもの」は
「わたし」がどうやって生まれ、育ち、生きてきて、
その結果、どういう「立ち位置」にたどり着いて、立っているのか、
ということから生まれて、作られた「視点」で見た街や土地の持つ
空気、「ものやこと」が語りかける何か、そして「心地良い」と
「気持ち悪い」という感情なのかもしれない。

 「書物」というものはあくまでもわたしの「視点」に対する
「補助的」な要素、アイテムであって無闇矢鱈にその内容を
信じこんでいくのは大変危険だ。

 こういうことを生涯かけて身に付けていく必要があるから
「学問」じゃなかった、「学ぶ」ことに「果て」はないし、
「学ぶ」ということ一切合財をきちんと考え、教えることができ、
しかも自らが率先して「果てなく学ぶ」ことこそが
「師」というものの「役割」なのかもしれない。
スポンサーサイト

バカダミアン 「にえ湯」

女帝エカテリーナ。

 わたしは小学生の時、この人物に池田理代子の漫画で
「ゴージャス感」というものに側頭部を撃ちぬかれ、この漫画の
「原作」であるアンリ・トロワイヤの本を読んで、冒頭部の
「台所」から「貧しさ」、それも恐ろしいくらいの貧しさと
その対極にある婚礼のところ、エカテリーナが纏う純白の絹、
プラチナと真珠、そしてダイヤモンドの光、光、光、を
圧倒的な精密さを持つ筆致に脳天を撃ちぬかれた。

 もう、側頭部を撃ちぬかれ、脳天までやられたら
続き、読めないじゃないか、ちらっと読んでも、
「性的な部分」の印象だけが目立って完読できぬまま今に至る。

 がだ、徳永玲子姐さんから演劇に触れてから、
何時かは「女帝エカテリーナ」を演劇に起こしてみたい、という希望を
心の奥にそっと隠して、いろんなことを学び、こうしていま、ここにいる。

 ここにいたら、なんとバカダミアン、というところが
福岡でも有数の「無茶ぶり劇団」がエカテリーナをやる、
やる、を飛び越してやってもうた。

 わたしのプランにもある「観客参加」やら、
おまけにはガラパのたさきこぱるにのなかふたば、という
福岡で、いま結構イケてる若手女優を引っ張ってきた。

 こうなったら、行くしかない。

 さて、本編は北海道、というか蝦夷の国から漂流した
こきたねぇ日本人の男と女、この二人が「物語の観察者」、
その前にオーバーチュアの「漂流シーン」を観客参加で作る。

 ひと通り、作って、見せたところで気がつけばロシアが
トルコ、クリミアを征伐したところからエカテリーナ、突拍子もない
ところから登場、おもいっくそ「女帝感」を出しまくり、
「色情妄」までぶちかまし、そこにトルストイが絡み、
「農奴の現実」、そして「土に生きる」というトルストイの思いから
エカテリーナの「過去」というものをフラッシュ・バックさせる。

 ここに、実はエカテリーナ、「ロマ」で迫害によって天涯孤独となり、
その不運から抜け出すために「ブードゥ神」という「トート」の力を借り、
代償として「我が身」を「にえ(贄)」にした、そのかいあって
ドイツの名家に紛れ込み、ピョートルの嫁となり、なんだかんだあって
見事、ロシアを我が手に収める。

 けれども、心寂しく色に狂い、理想と現実の間で苦しみ、
命が尽きれば「因果はめぐる堂々と」と云うオチまで
圧倒的な密度と精度、そしてスピードで見せている。

 ・・・なるほど、エカテリーナ、トルストイ、ポチョムキン、ピョートル、
それぞれの「関係性」はアンドリュー・ロイド・ウェバーの
「エビータ」、エヴァとチェ、マガルディ、ペロンの「関係性」だし、
ブードゥ神という「トート」はミヒャエル・クンツェの「エリザベート」を
うまく使っているな。

 更には圧倒的な密度と精度、そしてスピードで見せるため、
少女、成年、壮年、老年と「四人のエカテリーナ」が
入れ替わり、立ちかわり板の上を挑発していく。

 60分物でこういうものができるのならば、
今度はガチで「女帝エカテリーナ」、上演時間休憩込みで
最大150分、場所はぽんプラザホール、もしくはあじびホールで
やらなければいけない、欲を言えば西鉄ホール福岡フェス公募枠で。

 その尺に対応できる物語の整理は必要だけれど。
エカテリーナはひとりに絞る、トルストイとの関係性をメインにするか、
ポチョムキンとの関係性をメインにするか、農奴制をめぐるエピソードを
ロシア革命の萌芽にまで持っていくのか、あと難破船の日本人など。

 更には「観客参加」のシーンをエルミタージュを訪れた観光客、
という設定にして、物語の世界に迷い込み、そのままその場所で
「物語の観察者」としてみる、というアイデアもありかな。

 そのアイデアを携えて演出助手で修羅場を体験したい。
自分もアンリ・トロワイヤの本を完読して、テクストレジから、
物語の三分岐、香盤と出捌けの図面を書いてその時に備えなければ。

あと、みどりことじじをぶっこんでもみたい。

演劇ユニットそめごころ 「臨床実験公演」

上演途中でわたしが「落ちたら」500円の価値。
終演までわたしが「落ちなければ」1000円以上の価値。


 「価値」=「価格」とは言うけれど、「自分自身の価値」というものを
「自分自身で決定する」ということは、とても難しい。

 本当は「集団:歩行訓練」というところがやった
「不変の価値」という戯曲、その冒頭部で
「わたしたちがこの公演を行うにあたって、かかった経費」というものを
あからさまに数字として出して、その結果、価格はこうなりました。
ということをきちんと「説明」できればいいのだが、
ここまで来ると、もろもろの作業がとてもしんどい。

 こうなると、「お客様」という存在に「わたしの価値」というものを
決めてもらうしか道はないのかもしれない。
というわけで、今回は敢えて「入場料」というものを決めず、
「お代は見てのお帰りで」というやり方を取るしかない。

 ・・・だとしたら、演目は何にする?
今までこのカンパニーが慣れ親しんで、「公演経験のある」のが
「指標」として大変都合がいい。

 そうなれば「野田地図」、旗揚げでやった「THE BEE」、
枝光アイアンシアターでやった「赤鬼」、このふたつを
いま現在、このハコで、どうやるか、どう変化させるか。

 当方、旗揚げでやった「THE BEE」は見ていないが、
野田地図の英語版と日本語版、両方見ている。
「赤鬼」は枝光アイアンシアターで見た。
「指標」というものを自分も持っている、あとは見るだけ。

【赤鬼】

 「シアター形式」で演ることが半ば「お約束」となっている
「野田地図」を「まっさらな空間」で演る、さらには「まっさらな空間」の
壁にそって客席を作り、客席と表演空間との「結界」にペットボトルを
並べ、「無音の音」を効かせて、見手の感覚が不意を突いたところで
本編に入る。

 オープニングのムーブ、これ、野田地図というカンパニーが
「ある程度演劇の心得がある人」に対して行う
「ガチの演劇トレーニングキャンプ」、しかもその第一段階の
「最終目的」にしているものを一つぶちかましているよ。

 ざっくり言えば、ある広さを持ったグリッドで複数人数が
ランダムに入り、まずひとりが動く→すぐにふたり目が動く
→3人目が動く→繰り返しのあと、ひとりが動く→別のふたりが動く
→更に別の3人が動く→またさらに複数人数動く→今度は複数人数
から1引いた人員が動く→別の3人が動く→別のふたりが動く→
別のひとりが動くというムーブをどれだけ長く、正確にやれるか?

 「動かなくてはいけない」時に動けなかったり、「動く必要がない」時に
動いてしまったら、また最初からやり直し。
本当に、心にも、身体にも一番堪えるムーブです、はい。

 このムーブを元にすべてを「再編成」しているが故に、
枝光アイアンシアター版とは違う、「野田地図」って
コンテンポラリー・ダンスとも「親和性」が高いんだね、と
思わせるくらい、無駄な動きを削り、滑らか、且つ、スピーディに
物語を仕上げ、物語に流れ、流されていたら、「方丈の空間」が
わたしたちの眼の前にあった。

 ここで繰り広げられるはわたしの「内」と「外」、
そしてわたし以外の人間の「内」と「外」それぞれをめぐる
「コミュニケート」と「ディスコミュニケート」について。

 わたしは、わたしの中で起こっている
「絶望」というものに気が付かない。

 気がつかないから外で起きている「絶望」というものにも気が付かない。
故に、わたし以外の人間の外で起きている「絶望」なんてわからないし、
わたし以外の人間の中にある「絶望」なんてわかろうともしないし、
ましてやわかりたくもない。

 このすべてが「不幸を味わう舌」というセリフに集約されている。
命をつないで、生きていくためにはこの「舌」が大事で、
この「舌」と「口」で言葉をかけると「気持ち」と「心」が自然と入るのか。

【THE BEE】

 結論から先にいう。
「場」というものをどう「設定」するかによって「見える世界」は
如何様にも「変化」するし、できるのか、という驚き。

 野田地図の「英語版」は「水槽」のようにすべてが透き通っていて、
メインの役割、男性のポジションを女性がやり、女性のポジションを
男性がやる、という「ジェンダーの倒錯」と「究極のチラリズム」を
見せて4500円。

 一方、「日本語版」は「包装紙」のように変幻自在、
すべてが徐々に包み込まれ、折り込まれていく。
「ジェンダー」というものは倒錯を起こさせず、男性は男性、
女性は女性の役割を素直にやっている。
そして、英語版との違いはコンドルズの近藤さんという
「身体言語の達人」が座組の中に入っている。
これで7500円。

 さて、今回は「水天宮ピット」という場所より恐ろしく狭く、
密度がある場所で技量の違いはあれど、どういう世界を見せるのか?
「英語版」は字幕と現場を目がウロウロし過ぎた、「日本語版」は
「宮沢りえ」の持つ「空気の可変性」に戸惑って「飛んでしまい」
「全てが始まる」ピストルの音で意識が戻るということは、
ナシでお願いします。

 ということで、空間のつくりはカミシモというところがかつて演った
「アイコン」という演目で作った「小道具を必要なときに使えるように」
予め「舞台美術の一部」として組み込んでいる。
こうなると普通のシアター以外、狭くてぎゅっとしたところでも
こういう演目ができるように作ってきた、そういう趣。

 こういう空間で、客入れ音を使わず、見手とコミュニケーションを取る、
そうしているといつの間にか開演前の前説が始まり、じわりじわりと
「物語の世界」に見手は引っ張り込まれていく、という算段。

 そこには、「水槽」でもなく、「包装紙」でもない、周到に仕掛けられた
「檻」の中にうっかり入ってしまい、なんか怖い、と思っても
唯一無二の出口はもう閉められた、こうなればすべてを見るしかない。

 「不幸せな男」がたまたま出会った「平凡な男」の持っている
「微かな幸せ」を「毟り、奪おう」とする様子が「戦争感」を混ぜた
「世界」として見せていく。

 そうなると、「幸せ」と「不幸せ」が合わせ鏡のように
重なって見える「狂気」はより一層強くなり、「怖い」から
「えげつない」へと感情が変化していく。

 さらに、「起きて、飯食って、指を潰して、その指を相手に送りつけ、
そこにいた相手の妻をレイプ、というかセックスして寝る」という
「狂った生活」の繰り返しを野田地図よりも淡々とやっているから
半端なくえげつない。

 えげつないから、女がはじめは「いやいや」男を「受け入れて」いたのが
徐々にセックスというものに含まれている「快楽」というものに
負けてしまい、「気持よく」男を「受け入れて」しまっている。
その様子がみどりこの「目」の表情から、ガンガン伝わってくる。

 こうなると野田地図のように「憤怒」や「憎悪」が塵芥のように
降り積もり、「狂気」という「火花」が散って爆発を起こす、ではなく
ガソリンのような「揮発性の高い」ストレートさで「憤怒」や「憎悪」が
十分に密閉された空間で圧縮されて、最後の最後で爆発した。
故に、ラストの破壊力、半端ない。

 最初から最後まで意識はあったし、基本の1000円は
「現金」で入れる、本当はもお少し入れたいが心もとない。
・・・6000円の価値はあるのだが、その価値をしかるべき
大きさのハコでその価値を出すことができるように「勉強代」として
(以下略。

 わたしも踏ん張らなくては。
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR