万能グローブガラパゴスダイナモス「ひとんちでさよなら」

 これが「演劇」という「人生」。

 わたしは去年の9月から今年の3月まで
「チーム」というものを作り、その中で「やりたい」と決めた
「立ち位置」の中でやらなくてはいけない「役割」と「職務」を
きちんとやって一つの「演劇作品」を作るワークをやり終わり、
継ぎ目無しで「ガラパサダー」という「集客作業」でこの作品に
「間接的」に関わることとなった。

 ワークの中で学んだやり方をいろいろ工夫しながら
この作品の「次」に繋がるようにいろいろ動いては見たものの、
いろんなことを抱えすぎて、疲弊がひどくなりすぎて
最後の一手「鹿児島、大分のライン作り」まで出来なかった。
そこまで詰め切ったら目標の「1500人動員」が
現実になったのかもしれない。

 そういうことはさておいて、表演空間を見て、驚いた。
・・・家一軒そのまま、というか、ここに「本水」が加われば
まさしく「ラッパ屋」が公演を打つ空間そのものだわ。
ラッパ屋は東京都三鷹市下連雀の「風情」なのだが、
ガラパが作った「風情」は福岡県糟屋郡志免町に於ける
「それ」がイムズホールに再現されていたわけで。

 ・・・最近、急速にこういうような「風情」がなくなっている。
時代、というのななんなのか、少し悲しくなる。

 客入れ音も何故か懐かしく、けれどもあたらしい。

 こういう「緩んでいる」よりも「解けている」空間に
姉と弟が15年ぶりに訪れる、というところから「ものがたり」が始まる。

 今までのガラパより、「ものがたり」の圧が半端ない。
いつからか「棲み着いた」得体のしれない謎の中国人・・・じゃなかった、
香港人の女やら、これまた謎の泥棒夫婦、お次はお水のお姉さんなのか、
どうなのかわからない女、おまけに「隣人」と言いはる人まで
「魑魅魍魎」の小物がぞろぞろと登場してカオス、というものが
えげつなく出ている。

 そらそうさ、一度「生活の輪」から離れて別の「生活の輪」に
組み込まれると、あるいは作ってしまうと、今までいたところに
戻ることが難しくなるのかな、というかもう戻れない。

 けれども、この「生活の輪」から離れて15年も音信不通に
しなければいけなかった事情や理由を「ものがたり」の中で
少しずつ、少しずつ明らかにするのが第一の肝。

 少しずつ、少しずつ明らかにしていくのだが、さすがガラパ、
仕込んでいる「ネタ」の質量が半端ない。
一つ一つの「ネタ」の質量が半端ないからその場に存在している
殆どが「うそ」なのに「現実」として見えてしまう。

 舞台上、というか、「板の上」で「現実」という「うそ」、
もしくは「うそ」という「現実」が起こっている、それくらい手の込んだ
凄いいたずら、というか、凄い仕掛けの「演劇」、もしくは「動く落語」と
いうものを見せつける、これが第二の肝。

 これらふたつの肝を効かせれば効かせるほど、
かつてここの、ここら近辺の「住人」だった姉と弟の「祖父」が
実は「生涯現役の大泥棒」で手口は「演劇」というものを使い
相手を「騙す」というか「引っかけて」たくさんのものを盗んできた。
という「キャラクター」がじわじわと見えてくる。

 だから、家中に存在しているものすべてが「ふたつずつ」なのか。
で、その「謎解き」を姉と弟にさせて、素質があれば・・・だったのか。
こうなると、「謎解きの謎」が仄かに見えてきて、もしかしたら
ここに存在していた姉と弟以外の「魑魅魍魎」は
みんな祖父の「仕事仲間」だったのかも。

 だとしたら、姉と弟の両親が祖父の元から「離さざる」というか
「引き剥がさざる」を得ない事情というか理由はこれなのか。

 私達家族はこんなにまっとうに生きているのに、
「所詮、泥棒の子供は泥棒でしか行きていけない」という
視線を始終不特定多数から受けていたのだろう。
その視線が嫌で嫌でたまらなくなり、止めとして15年前、
「隣人」と言い張っていた女の人を「後添」にしたことで
縁を切っちゃった。

 その後、祖父はじわりじわりと泥棒で蓄えた「財産の殆ど」を使い
姉と弟に対する「謎解き」という「演劇」を「仲間たち」と
ともに「仕掛け」て作ったわけだ。
で、弟に対する「謎解き」という「最後の仕事」を果たして
どこか遠いところに行っちゃった。
皆が抱えていた「困りごと」まで全部解決して。

 こうして、行き違い、すれ違い、勘違いの「三違い」に
「忘れないで」、という思いが重なり、これらが落語のような
「地口落ち」でラストを作られるとものすごくたまらなくなる。

 ああ、これが新しい「ガラパ」の始まりなのか。
スポンサーサイト

カムヰヤッセン 「山の声-ある登山者の追想」

「名人」とはなんぞや?
「先駆者、あるいは前を行くもの」とは?


 このレポートを書き出すまで、ずいぶん、時間がかかった。
というか、この演目を見に行くまでがえらく大変だった。

 前の日、広島で演劇に関する話し合い、というか
営業活動をしに行って、お金がないからネットカフェの
深夜パックを取り、それも安いやつだから夜中の3時に追い出され、
八丁堀を白島方面に、縮景園を左に見て曲がると
県庁を始めとした官庁街、抜けて紙屋町のバスセンター、
基町の旧広島市民球場跡という
「都会のど真ん中に出来た巨大すぎる空虚」を眺め、
それから高速バスに乗り、福岡に戻る。

 家に戻って、洗濯物を出し、慌てて飯を食い、
博多駅まで電車で行き、それから唐人町までひたすら歩く。
ほんま、ヒイヒイやったで。

 ほんと、ここまでしてわたしはわたしの人生を生きなければ
いけないのか、時々腹ただしくなるし、事実その翌日から
更にこの怒りをこじらせて、演劇に関する文章を書くことを休んだ。

 それはさておき、「大竹野正典」という「戯曲家」を
トリビュートする企画群が東京、大阪でここ数年頻繁にあり、
その企画の流れが福岡にもやってきた。

 彼、という「戯曲家」はいわゆる「戯曲を書き、それを劇化する」こと、
あるいはこれらに付帯するイベントなどの演出とか、その他もろもろの
「演劇に係る仕事」で日々の糧を得ることをせず、
「普通の会社員」として働き、「自らを磨く手段」として、
「普通の会社員生活に役立つ何か」を見出すために「演劇」をした。

 ・・・たまたま会社のレクリエーション活動なのか、
家族サービスなのか詳しいことを聞いていないからよくわからないが、
その場で起きた「水の事故」で亡くなって、その肩書が「戯曲家」では
なく、「会社員」だったことでなんだかんだ言っていた方もいたが、
喜びの場を取材した新聞記事、たまたま居合わせていた
某放送局の女子アナウンサーですらも、肩書が「会社員」だった。
そんなもん、と肝に銘じとかなければ色々とやってられへん。

 ということで、大阪何べん行っても、何本演劇見ても、
大竹野正典とくじら企画、というところに出会っていなかった、
故に、今回のカムヰヤッセンの公演が「彼」との初遭遇であり、
「戯曲」との初遭遇だった。

 登山を知っている人はよく知っている「ある登山家」の回想を
元ネタにして「登山」というものがどういうもので、「ある登山家」が
いままでの「登山」というものをどう変化させて「現在」に繋いでいったか、
大竹野正典という「戯曲家」のいままでやって来たことと、
生きてきたことで生まれた「言葉」を「ある登山家」の回想という「言葉」に
フィードバックさせてみると、より一層「物語」が迫ってきて、
人は「感」じて「動」く動物だったのか、という事実を思い知らされる。

 更に言えば、「コミュニケーション障害」とか、
「アスペルガー症候群」とか、「集団の中にうまく馴染めない」人間は
どの時代にも少なからずいて、そういう人たちもなんとか生きて
いかなくてはいけない、生き延びなければいけない、その手段として
大竹野正典は「戯曲」を書き、仲間を集めて演劇作品を作り、
鈴木一郎は「野球」をずっとやり続け、自分も演劇を使って
沢山の人をつなげようとしているように、この「登山家」は
「山に登る」ことをひとつの「手段」にした。
そして、間接的に植村直己が受け継いだ、という事実。

 けれども、「完璧」というものの基準がまわりの他者、
あるいは異者と異なっているので思いや気持ちが上手く伝わらず、
生活のいろんな場所で誤解や行き違いを生み、居場所を亡くす。
居場所を亡くすから、亡くしそうになるからまた別の人生に
「完璧」というものを求め、さらなるのめり込みとなる。

 けれども、こうしなければその人にあった「形」が作れないし、
その人にあった「形」が錬られて、磨かれることで「名人」
あるいは「名手」と呼ばれるようになるのだ。

 この経過というか道のりを考えると「形」というものは
ある存在や技術が「長い時間」を掛けて培ってきた
「不自由」の中にある「自由」、あるいは「矛盾」の中にある
「調和」というものかもしれない。
更に突き詰めれば自らの「自由」を守るために
自らが自らに課した「不自由」なのかもしれない。

 そういうことを知らない人は「人生」も「登山」も、
そして「演劇」も命懸けてやらへんと身につかへんし、
ましてや名人にもなれないんだ、ということを「特攻隊精神」だとか
「精神主義」だとか「根性主義」といって吐き気を催すような
嫌悪感を示すのだろう。
で、そういう人に限って「人生中庸が一番」なんてことをいう。
・・・で、中庸ってなんやねん?

 ほんまに、人ひとりが生きていくって意外と不自由だな。

 そんなことをつらつら考えると、この人生を始めた頃の出来事を
思い出し、人生を登山と捉えた「詩」らしきものを見つけてしまった。

「山ヲ登ル。」

この道をどれぐらい行けばたどり着くのだろうか、まだ見えない。

空をふと見ると頂上に向かうヘリコプター。
こっちは道なき道をひたすら歩いて
何とか山の中腹までたどり着いた、というのに。

下を見ると落ちたら終わりのがけっぷち。
慎重に一足一足の位置を決めながら歩みを進めている。

そうしていたら、この山を登り終えて、次に登る山の形が見えてきた。

・・・あのヘリコプター、そこまでも行きやがる。
乗っている奴はいったいどこの高みまで上っていくのかな。
ああ、俺も乗りたかった。

気がつけばこの山に一人で登っているよ、
あまりにも険しすぎるこの山に。
みんな、別の山を登っているのだろうか?
もしかしたら山を登ることをあきらめてしまったのかもしれない。
下手すると、どの山を登ればいいか迷って遭難したのもいるのかな。
どうしているか、気になるところはあるけれど、
もう、引き返せないところまで来ちゃったよ。

このがけからわざと足を踏み外して落ちていけば
どんなに楽になるだろうか?

・・・なんで、こんなきっつい山を登ることを選んだのかなぁ。
俺は俺に問いかける。

またヘリコプターが頂上に向かっている。

・・・俺がこの山に登ることを選んだのではない、
山が俺を選んだのかもしれない。
こんな思いをしながらたどり着いた先には
いったいなにが見えるのだろうか?
その途中にはなにがあるのか、それを知る権利を
山からもらったばかりに
こうして苦しい道を行っている。
・・・それでいいやん、登りきるしかないし、この山を。
俺はそう言い聞かせながらまた歩みを進める。
ひたすら、ひたすら、自分の体全体を使って。

 そうして身に付けたものは必要なときに使うことができれば
たくさんの「存在」の命を救うことができる。
けれども、不必要なときに使ってしまえば自らの命を
失う危険にさらされる。
その一番の例が「協調性」と「反協調性」あるいは「孤独」。

 後日、このような思いを見知らぬ誰かに話したら
あなたと同じことをやってきた「先駆者」はいるのか?
ということを聴かれたので「いない」と、とりあえず答えた。
「ある登山家」も「大竹野正典」も「鈴木一郎」も、
そして、わたしも「先駆者」だったのかもしれない。
だとしたら、この戯曲の言わんとしていること、
「先駆者は元から孤独を選ばなければいけない、選ばざるをえない」が
迫力を持って、私の心に襲いかかってくる。

 がだ、心は不思議に安堵している、あたらしい始まりとして。

 さて、わたしは目の前の事物を「どう」使い、「なに」を学ぶのか?
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR