非・売れ線系ビーナス「愛・地獄博~非・売れ線系ビーナスコレクション~」

どう生きる?

ふうっ、心と体に堪えるというか、今後、どう生きていこうか
思案している、というかなんというか。

前の週、日曜日にzig.zag.biteのプレビューを見て、
月曜日の夜に高速バスで高松、火曜日、水曜日は善通寺
ノトスでトレーニングの雛形作り、というかいろんなことをして
木曜日は徳島に移動して火曜日、水曜日の総決算。
なんとか高松までたどり着いて、金曜日の始発で四国を離れ、
岡山、広島、徳山、下関、小倉、そして博多。
乗り換えで緩めることが出来たが、10時間も鈍行に乗っている。

病院行って、薬もらって、落ち着いて、寝て、起きて
天神に行って、商品券をお金に変えて、なんとか愛地獄博を
見に行くことができた次第。

そういや、非売れは出ていなかったが、おととしの熊本dengeki、
ヒロシ軍は昼のセッション、クリンクは夜のセッションに出ていて、
クリンクはダントツの技量を見せ、ヒロシ軍は確かワイルドカードで、
そうだ、なんで全力で飴玉ぶつけたのか、いろんなことを考えるぞ。
このふたつを呼ぶたさかさんの手腕の凄さ、というか相場眼の凄さ。

これから先もかつかつぎりぎりなんだろうなぁ、どないしよう、と
考えていたら、非売れの「ツムツム」から遠征勢に繋がる旨、
連絡があり、前説のち、本編が始まる。

非売れ「ツムツム」

開演前から表演空間に「存在」している立体が、いい仕事をしている。
「何か」を待って、並んでいる「列」がコチャコチャ動いている、
待ちの列を作っている「何か」って一体何なんだろう、
そして、ここはどこなんだ?

「この世」というには無機質、「あの世」の入り口・三途の川、と
いうにはいささかものがありすぎて、そんなことを考えると
「石を積んで、鬼に壊され、菩薩が慈悲を与える」、
壊されないようにもう少し抵抗するものだろ、と思ったら
案の定抵抗して同じことを繰り返し、「石をアロンアルファでくっつける」と
いうズルをして、鬼と積み手が素に戻る。

なんか、この「社会の縮図」のような関係性を見ていると
「あの世」も「この世」も様々な「役割」や「立場」が存在して
これらの「立場」や「役割」が「仕事」をすることでなんとか回っている。
こんなことをこれでもか、と見せつけるからなんとも言えない。

なぜ、積んでは崩し、積んでは崩すのだろう?
もしかしたら「寛恕の念」を思い起こすためにそうさせるのか?
それ以前に「地獄の業」というものの「意味」とはなんぞや?
・・・「足りないもの」、「欠けているもの」をこれでもか、と
みせつける「業」じゃないのかな、ということを
うまく板の上で表現している。

この「足りないもの」と「欠けているもの」を知らしめる「業」は
ものすごく退屈だ、それをひとつの「娯楽」にしたらどうなる?
「娯楽」にしたら「何かしないと間が持たない」という
人間の「性」が今度はじわりじわりと見えてくる。

こうして「性」は「罪」となり、「積み」重ねられているのか。
それを十分わかっているからおとなしく「業」をこなしているが、
子供はわかっていない、だから「おもいっきり・・・」なのか。

人生は「遊び」というけれど、上手に遊べているだろうか?

劇団ヒロシ軍
インターミッションから継ぎ目無しで「演劇」を諦めた男と
「演劇」にしがみついている女、このふたりが交わる場所が
ある小さなTV局の通販番組の制作現場に「化ける」。

この場所とフライドチキン屋という空間を行ったり来たりして
見せていくのは、どんな世界、どんな仕事でも「立ち位置」や
「居場所」の数には限りがある、この限りある場所を
「力ずく」で取りに行かなければどうにもならない。

そうなると、生きる、とは相当過酷なのかもしれない。
向いている、向いていない、と自分で判断するよりも
「仕方なく」やらなければいけないことでも懸命にやるしかない。

その懸命にやった結果があの「すれ違い」だった。
さらには女はあの場面で最後の最後に「女優」を見せた。
なんかくやしくて、切ないわ。
・・・それよりも何よりも、けんたっきーたべたい。

ということを感じさせる暇なく次の演目へ。
・・・うあ、これもまた「コンテンポラリー演劇」だよ。
というか「演劇」という様式を借りた「ライブ・コンサート」ですわ。

「恋愛と障壁」ということを題材にした「お話」があって、
「お話」に付随している「せりふ」が存在して、
これらを「どう表現」するか、そのやり方が「小室哲哉」であり、
「globe」だった、おまけに話が突拍子なものだから
「globe」としての弾け具合がものすごい。

with a clink

わたしはきたむらあかねという人間の
「音」と「身体言語」、そして「立体空間」の把握と
イメージの保持能力が秀でている、という強みを感じている。

そういう強みを使って「演劇作品」を作ったら、
「音」と「身体言語」、「立体空間」に対する
「心地良い」と「心地良くない」の「基準」に
全くもって「ブレ」がない。

・・・おまけに音と詩がしっかりしている。

さらには、音と詩に対して皆のからだが素直に動き、
おまけにrockな隠し味が効いている。

けれども、dengekiではタイトルをとれず、に終わってしまった。
どうすれば、上に上がれるのか、という「問い」だけを残して。

今回、その「問い」に対して、
福岡「非売れ」の「歌謡劇場」と熊本「きらら」の「見立て」を
自らの「言葉の海」をこれでもかと味わわせる、という
「スタイル」に混ぜて、受け入れようとしたことに、
ひとつの「解」を見いだすことができた。

「二人の女性、しかも親友」が「ひとりの男を半ば取り合う」という
ライトな「恋愛泥々系」とはいうけれど実は、、二人の「女の一生」、
それぞれの「人生曲線」というものの中に一人の男が潜り込んだ。

これを世の中は「三角関係」といい、ある意味、暴力的で
ある意味、悲劇的な成り行きを好む傾向がある。

けれども、実際、板の上でかかっている
田坂さんのオリジナル楽曲による
「ミュージカル」ではない、「歌謡劇場」が不思議なくらい反響して、
「暴力的・悲劇的」ではない、「デリカシー」を持った、程よい距離の
「付き合い」での「三角関係」もありなんだな、と思ってしまう。

さらに、こふくの浜砂さんが「やさしさはやりようによっては
優柔不断という毒に化ける」を地で行く情けなさ、というか
たくさんの色んな感情を表現している。

・・・というか「三角関係」を少しだけ、切る意味で
好き「だった」と言われるとすげぇ切なくなるし、
積み重ねた「思い出」を「過去形」に
とてもじゃないが出来ねぇな、とため息つかずにはいられなかった。

こうして醸しだされた「空気」に「見立て」によって作られた
豊穣の空間が加われば、結局は「人生とは自転車レースの
スタート前、パレード・ランからレースが始まり・・・」の
繰り返しじゃねーか、この「人生」というレースはとてもままならない。

このままならなさをわたしは「大切な人」との関係で思い知らされている。

ままならないことを抱え、家に帰り、久しぶりに怒りの導火線に
火が付き、一晩中いろんな人達に対する恨み節が吹き出した。
こうなると情けなさやら何やらで、どうしたら良いかわからなくなる。

スポンサーサイト

劇団ZIG.ZAG.BITE 「チクリトアオイ」

Quality Of Life

この演目を見に行くことを忘れていた、というか、
予約はしていたが、いつだったか忘れていた。

連休明けにあるアートマネジメント講座の
演習講座に行くため、日程の整理をする中で
とーいにツイッターで問い合わせ、行く日程が
重なっていたから、変更お願いしますとはいったものの
時間的にも、金銭的にもはめ込むことのできるタイミングがない。

恥ずかしい話、ガラパックだって全演目いこうとしたら
自分にとっての初日に行って、帰ってきたら急に気分が悪くなり
あとの日程寝て過ごし、ヤフオクドームのオールスター、
NPB枠で取ったものの松山に行く日程をすっかり忘れ、
7月のアートマネジメント講座、座学の日程、松山に行く日程を
まとめることも出来ず、熊本の花習舎と大分のワルキューレを
なんとかひねり出した日程で行くのが手一杯。

それでもなんかストレスを抱えているから外に出られず、
日がな一日寝て過ごしているわけで。

日曜日も夕方まで寝たり起きたりしていたのを
とーいのツイートで「今日、公開ゲネプロあるぞ、残席あるぞ、
しかも席料500円やぞ、来いや」とあるものだから
ご飯を食べて久しぶりに博多扇貝に向かう。

道中、心のなかで「実は昨日だったのでは」とか、
いろんなことを考えたらサンパレスに向かう横断歩道で
あだちまみに合って、「もうドア、開いていますよ」という
言葉に救われる。

今回の表演空間は「変形ライブハウス」という趣向。
上手、下手にビールケースがむき出しになって並んでいる。
そして真ん中の柱を巨大な竹に見立て、奥の深さを
うまく活かしたところに弦を張っていないギター2本と
ベース、仕上げに開始位置に椅子をおいたらもう本編。

この演目、「世界」という芯、というか軸 は
「アーティストの成長過程」なのだ。

ひとりの「アーティスト」が「音楽」というものを「聞く」から
「演奏する」立場になり、この過程でもがいて、あがいて、
10年戦い続ける、そしてこれからも。

この「世界」という芯や軸に「かぐや姫」という「お伽話」や
「パンク・ロック」という「音楽」、あと「不器用でかっこ悪い」と
いうものを混ぜあわせると「生活の・人生の」質とはなんぞや?
わたしたちは何故演劇や音楽などといった「舞台芸術」を
したり、「こうしてたたかっているぞ」ということを
伝えたりして
いるのか?
という問が生まれて、90分間必死で考えている。

わたしもこういうかたちでたたかい続けていたけれど、
ひとつ上の段に上がるに当たり、いろんな不都合や
問題が出てきて正直、厭になった。

がだ、こういうものを見ていると「このままたたかえ」という
メッセージをもらえてすごく安心した。

・・・あと、たさきこはるがシシド・カフカ以上にかっこいいぜ!!

更に「世界」というか細かな「設定」にガラパの
「馬鹿野郎、そこは掘るな」から「星降る夜になっても」の流れが
うっすらと混ざっていたり、
使われている楽曲が荒井由実の「守ってあげたい」や
白鳥英美子の「Let the Riverrun(流れる川のように)」をどことなく
パンク・ロック調にアレンジしたりしていることは内緒だ。

ついでに言うと、SEKAI NO OWARIやらB'zに代表される
「ビーイング系」音楽は所詮「商品を売るために作られたもの」だよ、
とそれとなくいっているところに共感持てた、うん。

ゼロソー「アクワリウム」リーディング

善は善じゃない、悪は悪じゃない。

そういえば、「父と暮らせば」を見に天草に行って、
その足できららの東京公演に向けての仕上がり具合を見て以来の
熊本行きだったし、「あの地震」が起こって以来の・・・だった。

地震が起こる前、熊本の「文化の軸」が辛島町、花畑町の
交通センターを始めとしたところの再開発事業の絡みで
河原町も再開発されそうだ、という流れで移動を始めたらしい。

河原町の「文化の軸」をなすGallery-ADOが健軍に移ると
同時にゼロソーが同じ場所で花習舎を作り、きららさんなどで
お馴染み、アクトアップダンススクールのスタジオだってある。
・・・健軍より中心に近い、国府というところでは第七インターチェンジが
Studio In-ckという場所を構えた。

けれども、こないだの地震はそういう流れを
「ひとまずおやすみ」にするくらいの威力、というか、
なんて言えばいいか、ようわからん状況がいまも続いている。

特に熊本市内ではここ健軍とかその先の秋津が
ものすごくひどく、「とりあえず、大丈夫だけど」という緑色の紙物件、
「大丈夫だけど、住めるかどうか分からない」という黄色の紙物件、
「完全に住めない」という赤色の紙物件がマーブル状に点在している。

その中をずんずん歩いてまずは「秋津有楽園」という
地下水を使って錦鯉の養殖をしたり、釣り堀をしたり、
ビジネス旅館やゲームセンター、おまけに保育園まで
やっている場所までたどり着く。

  ・・・地震が起こると、建物ってあっけなく壊れるんだな。
というか建っている地面がぐちゃぐちゃになり、ぐちゃぐちゃに
なったおかげで地下水の水脈がどっかいって、というか
なくなって、どうにもならなくなり、廃業とのこと。

秋津の公園には仮設住宅もできてはいるが、まだまだ道半ば。

そういえば、この演目を見てから、もうずいぶんな時間が経つのか。
どんな心持ちを携えて熊本に赴いて、この演目を見て、
どういう感覚を持って帰って、レポートを書いたのか、正直わからん。

ただひとつ言えることは、「ミナマタ」を「題材」にして、
現実は凄いネガティブだったことを凄いポジティブに変化させて、
「生きていくためには良い、も悪い、も無いねん」というメッセージというか、
別の意味ではある種の「割り切れなさ」が未だに突き刺さっている。

さて、今回の趣向はぎっちりした空間で、「物語を読む」という形式。

「知らなくてもいいけれど、知ってしまったら逃げられない」という話を
「聞く」と、初演見たときよりも「えげつない感」が半端ないな。
おまけにいまの社会の縮図やないですか、それくらいよく練られている。

「生きていくためには良い、も悪いも無いねん」という「割り切れなさ」と
いうものになんとか折り合いをつけて生きていると、結果として
「金(利益)を得る」ことと「心」の両方(とも)取る、というか
手に入れることが出来ない、「金(利益)を得る」こと、「心」の
どちらかを「選択」しなければいけない、その「選択」の結果が
「いま」なのだ。

そして「世界」というものはわたしたちが「存在している」ところ以外にも
たくさん存在していて、というか「生きている」私達一つ一つにも
「世界」はそれぞれ存在している。
この「世界」の中で起こった「事件」のひとつを起きた「世界」の中に居る
「存在」と一体化して「感じる」、ことで「割り切れなさ」に折り合いを
つけていくのだろう、わたしたちは。

そうなると「魚を食べない」という選択やそうしなかった存在が
「受け入れよう」として「魚を食べたが、嘔吐した」と
いうことにも納得がいく。

「順応性」と「創造性」の問題や、そこに繋がる「文化」とは
「囲い者」や「被扶養者」の作ったもので、「文明」は「扶養者」の
作ったものなのか?ということ、「成長ホルモン垂れ流す」ことが
「知能」を高めたり、いいことずくめで「悪は悪じゃない」というが・・・。
そういう引っ掛かりを残して次に進もう。
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR