不思議少年「棘/スキューバ」

「許しを請う」相手は、「神」ではなく、
もしかしたら「存在している」、
あるいは「存在するはずだった」、
わたしたちの「子孫」に対して、かも知れない。

 ・・・洋画に置き換えたら「棘」は「エビータ」のエヴァに子宮がんが
見つかったところからあと、そして「スキューバ」は「フリーウィリー」、
突き詰めればマイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」そのものだわ。

 演劇丁稚奉公が進めば進むほど、いろいろな意味で厄介、且つしんどい。
新たな奉公についてのなんだかんだがなかなかうまく出ず、
わたしの決めた「アウトライン」に沿って流れは作るが、
一度出てきたら、手直し、すり合わせが多くて、あっち行ったり、
こっち行ったりでもう、どうしようも出来ないったらありゃしない。

 とうとう予約ミス、というやつまでやらかしたぜ、自分。
まあ、早売りだから最小限で抑えられた、というか、
もともとの予定でよかったのでは?としか言いようがない。

 結果、近鉄アーバンライナーのデラックス席、朝早い段階の
席はほとんど抑えられ、身動きのできないところに押し込まれ、
車内、後ろにお行儀の悪い猿三人がえらくうるさい、
ついたら着いたで、コインロッカーの空きがない。

 なんとか押し込めるもの押し込んで、道に迷いながら
場所を見つけ、ご飯を食べるもふと気づく、もうすぐ開演じゃね?
泡食ってきた道を戻り、ビルの19階まで上がって、開演に間に合う。

 ・・・にしても、名古屋の演劇業界って椅子の座部に
膝小僧丸めながら見る女のお客さんがいるんだ、と
感心、というかどう表現したらいいかわからないでいたら
もう本編が始まっているよ。

 前説があり、物語の導入部が始まると、どこからともなく
女の人のすすり泣く声がかすかに、とてもかすかに聞こえてくる、
そして、私の隣から、やおらに立ち上がって、表演空間にいる男の人と
「縁」というか、「運命」、あるいは「関係性(と言うもの)」を
結ぶ、あるいは作っている。

 今、ここで「結んでいる・作っている」関係性の相手は幻なのか、
現実なのか、もしかしたら・・・
という「存在」が現れ、彼女と「激しく」会話する、あるいは
彼女自身の「問わず語り」が物語の基本的な骨組みに
なっている、そういうところまで研ぎ上げてきた。

 「ほんの少しだけ」平凡だった女性、
けれども、非凡という存在になりきることができなかった。

 非凡になることができなかったら、「中途半端」な男を
うっかり好きになってしまい、
中途半端な男だからついつい「尽くしすぎて」、
うざく思われて、嫌われ、別れ、その反動で「サセコ」として
大学時代を過ごし、「サセコ」に飽きて社会人、若い男から
求婚されたものの、過去の辛い体験のせいで愛というものを
素直に受け入れられなくなった。

 逡巡の渦の中、ある日突然「結婚」が飛び込んできて、
お互いがお互いを認め合うゆるい夫婦生活の隙間に
高校時代の中途半端な男の影がこんどは飛び込んできて、
影、というかトラウマが再発して、夫に捨てられる。

 彼女はいろいろな苦労がたたり、子宮がんで余命幾ばくもない。
その病室で一人見ている走馬灯。

 この走馬灯というか幻想をわたしはじっと見ていた。
見ていると、数年前から交際して、近い将来結婚して
共に生きていきたいなといつも考えて、月一回あって、
話をしている女性のことを深く、深く考えていた。

 「大切な人」は「結婚」というものを
「一つ間違えたらお互いがお互いを沈没させそうで」
いつも怖い、と言っている。

 なんとかして、なんとかしないと、その前にお互いのことを
知らないとまずいよね、それからわたしは「大切な人」にわたしの
今までや今、そしてこれからを話すようになり、「大切な人」もわたしに
「大切な人」の今迄や今、そしてこれからを話すようになった。

 月一回の「会話」の内容と今、板の上で起きていることが重なって、
「大切な人」がいう「沈没する」ということの正体が見えて、
妙に私の心に引っかかってくる。

 子供の頃、「両親の離婚」というものを経験すると、
「依存する」と言う面で変な癖がついて、
親と同じ「離婚という経験」をしてしまうのでは、というところにたどり着く、
そして、この変な癖を知らない人についていき、心身のケアが
間違っているからよりひどくなる、そして親と同じことを繰り返す。
 
 そういうところがあるから「結婚」というものについて恐れを持っていた。
・・・だとしたら、わたしは「今」をより一層生きていくしかない。
その様子を見せることでなんとかできるかもしれない。

 これを「物語」で「見せた」のが「スキューバ」だったのか!!
自らを見つける、そして見つける過程を伝える、これが生きる糧。

 このふたつの演目を「アングラ演劇」と「コンテンポラリー演劇」
それぞれの振り幅の大きい、小さいをうまく使い、
更に言えば軸になるガチの演劇がしっかりしているから
人間の持つ「贖罪」と贖罪を「浄化する」物語に化かせてる。

 死の間際になると、人は「贖罪」を神に求めようとする。
けれども、神は人のこの行為を苦々しく思っているのでは。
・・・「俺じゃなくて、あなたの後に続く子孫に対して、だろ」と
そんなことがうっかり聞こえてきそうだった。
スポンサーサイト

バカボンド座「かぶりはしたけど、はいてはいない」

「犯罪」とはなんぞや、
「更生」とはなんぞや、「人格」とはなんぞや、
そして「存在の否定」とはなんぞや?

 ・・・しくじった。
突然飛び込んだ用事をなんとかこなし、携帯電話の料金を払うまでは良かった。
けれども、その後、「予期せぬ機種変更」に巻き込まれ、時間を恐ろしく食ってしまう。
バタバタと新幹線の切符を買って、乗って、乗り換えて、少し遅刻して
イントロダクションの途中で物語に飛び込んでしまう。
やっちゃいけないのに、やってもうた。

 なんというか、枝光に大阪西成の持つ、通りの何処かしこに
ションベンの匂いが漂い、スーパー西成の外気に食品を触れすぎたり、
ありえへんところにありえない商品配置をするものだから
気持ち悪くて食べられたものじゃない、唯一、あいりんの職業センターにある
売店の毎朝工場からできたてを持ってくるヤマサキパンが(以下略。
そんな空気が再現されている。

 その空気の中でやっていることはマジで変態、変態に磨きがかかっている。
「ボーイズラブ」というか、一昔前の「薔薇族」とか「さぶ」に代表される
アングラ臭漂う「男子同性愛」にJ-メンズ東京がどこからか混ざったり、
SMという性行為、それも極めて「エグい」プレイを想起させるなんだかんだ。

 この「変態具合」を飛ぶ劇男子幹部衆が怖ろしいくらいの集中力で、
しかも楽しみながら、真面目に「変態」をやりきっている。

 その空気に引っ張られるかのようにじじとモンブラン高山の両女子は
「変態」を狂気で受け止め、なんというかカオスというものがぐるぐるして
このぐるぐるに気がつけば、巻き込まれている。

 がだ、言いたいことはものすごく重い。 
「前科」を持っている、ということはこの社会にとって最高のハンディキャップ。
その重すぎるハンデを抱えた人々を、それも「ある事情」でどの場所からも
「受け入れられなかった」存在を受け入れて、なんとかしようとする
「篤志家」とその周辺、ということがお話の肝。

 ・・・なぜ、社会から弾かれたのか?
もしかしたらその存在は「重度の知的障害」あるいは
「重度の知的・精神障害」を抱えていて、それを何とかすることが
出来ずに放置され、それでも生きていかなくてはいけない、でもままならない。
そのままならなさが、犯罪、というものにつながり、気がつけばズルズルと
人生のどん詰まりにまで来てしまった。

 ここに犯罪被害者の「真実を知りたい気持ち」と「復讐心」までが
絡みに絡み、さらには「救助(援助)ハラスメント行為」が
隠し味に加えると正直、エグいっす。

 何にもできず、放置されて、何にもできずままならない人生を
生きる、ということは色んな意味で辛いよな。
その辛さを真正面から立ち向かうと、冤罪背負い込まされたり、
「生き方」を親類から否定されたり、苦しいことだらけ。

 その反対で真正面から立ち向かわず、楽な方へ楽な方へ逃げ、
周りをひどい状況に巻き込んで、他人に罪をおっかぶせる。
けれども、その因果が回り回って悲惨な最後。

 あの最後のセリフが恐ろしく心に引っかかる。

劇団鳴かず飛ばず「七芒星」

鳴かずとも、飛ばずとも、演劇はできる。

 神様は自ら努めるものを助くって本当だな。
これだから、「自ら努める人生」ということがやめられない。

 本当に久しぶりの鹿児島。
宮崎から夜行バスに乗り、その前に感じた嫌な空気によって
クタクタのだしがらとなって福岡にたどり着き、
ソラリア西鉄ホテルで朝飯を食おうとしたら、バイキングが
2200円+消費税8%ときたものだから血の気が引いて
新天町のフカヤでモーニングセット、パソコン立ち上げて
なんだかんだしていたらもうバスの時間。

 鹿児島行きのバスに乗ったら乗ったで
・・・また隣に人、だよ。
連休とは言え、正直嫌になる。
悪態つきすぎると警察沙汰になるし、適当に用事をして
あとはひたすら眠り込んだらもう鹿児島。

 KKBのファン感謝デーを横目で見ながら
駅地下の吹上庵に行くとこれまた人の波。
・・・10月8日は「そばの日」、というわけで
この日はいつもより量が少なめのざるそばとかけそばが
300円で食べ放題、とのこと。

 ま、海老天とか、かき揚げ、おにぎり、助六と言うサイドメニューを
取って・、少しでも売上を上げとかないと申し訳ないよな。
頭ぼおっとした状態で飯を食うと量が食べられないし、
人の波は途切れていない、長居という無粋なことができないから
ある程度腹が膨れたところで店を出て桜島行きの船乗り場、
船に乗って、温泉に入って、桜島観光をしたらもう時間。

 この鳴かず飛ばず、という劇団、今年で結成10週年とのこと。
うーん、鹿児島の演劇見本市で「手札」たる鹿児島の各劇団の
「仕事」を見て・・・・というか、その場でMCとか裏方をやっていた。
そして、初めて行ったときのMCのおねえさんが(以下略。

 ここから、鳴かず飛ばずを見るようになり、dengekiで
「薩摩島津」がかつて歴史の中でいじめられていた相手
「肥後細川」に喧嘩を売るような演劇を熊本でぶちかまし、
実力に見手がドン引いた翌年に「ガチのファンタジー演劇」を
持ってきて、見事に2位を取った。

 さて、この戯曲は「劇団☆新感線」名義なのか、
はたまた「いのうえ歌舞伎」名義なのかわからないが、
日本を代表するファンタジーかつエンターテイメント演劇。

 このエンターテイメント・ファンタジー演劇をどう咀嚼して
見手に「消化しやすい形」で提供するか、これが今回の肝。

 お話の流れはよくある「英雄物語」における
「代替わり」、というか「世代間闘争」を根っこに、
「故い存在」が「新しい存在」を苛めに苛め抜いて、
この「苛め」によって「新しい存在」は発達に問題を抱え、
発達に問題を抱えているから心が萎縮して戦うに戦えない。

 そういう「精神的葛藤」を「失敗を繰り返すことで学ぶ」ことで
心の枷を外し、「世代間闘争」に立ち向かう。

 この「物語」に日(火)・水・土・金・風・月(花)・雷という
「地行・天行」と「鏡の魔法」、こう書くと「忍者キャプター」を意識しているな、
というか中国の道教を意識した「気の流れ」に日本の歌舞伎、
中国の京劇それぞれの「技術用語(テクニカル・ターム)」を隠し味に加えると
「エンターテイメント・ファンタジー」というものに隠された
世界は日々刻々と変化している、故に不思議で面白い、ということを
わかりやすく、面白く伝えている。

 さらには「集団のエゴイズム」や「才ある個人のエゴイズム」が
「まだやれる」と意地を張る醜さまでも板の上に載せてきた。

 この様を見て、「エンターテイメント・ファンタジー」と
いうものがこの劇団の心意気なのだ。
そして、この心意気を貫くために今までやってきたこと、
これからやろうとすること、すべてをこの公演でさらけ出した。

 一つ一つはまだまだ荒削りかもしれない、けれども泥臭く
無骨に、時には無様に歩んできた、その10年が少しずつ
「形」になり始めた。
貫いていけば、福岡のガラパに近づくかもしれない。

 そこはかとない疲弊感を感じたため、
翌日の熊本dengekiを急遽キャンセルし、夜行バスでおとなしく
福岡に帰り、翌朝(以下略。

南華八花(なんかようか)「野田版・真夏の夜の夢」

夏越の大祓。

永山さん、という存在が宮崎県立劇場の演劇部門に残した「財産」は
この板の上に立っている演者はもとより、裏で音や光を扱ったり、
客席周りの仕事をしていたり、そして客席にいるそれぞれだったのかもしれない。

そういえば、宮崎県立劇場の演劇部門、総責任者が変わるよ、
という話を聞いたのが去年の今頃、じわりじわりと総まとめとして
「演劇・時空の旅」シリーズとして「三文オペラ」をやろうとし、
新任者は新任者の色を少しずつ出し始め、完全なる引き継ぎの
「総まとめ」として、今までの「育成企画」で育てた演者を
「こういう人たちがいますよ、よかったら使ってあげてください」と
「紹介する」ことが今回の趣旨。

加えて、わたしもわたしで真夏に四国善通寺で
ほぼおんなじ演目の「現地受け入れ制作」として
丁稚奉公をし、公演が立ち上がるところから終演まで
いままで見たこともない景色をこれまた今まで
感じたことのない角度で見たものだから余計に気になる。

日程的にも、鹿児島の鳴かず飛ばず、熊本dengekiと
いい並びになっている、こうなったら行くしかないよね。
と気がつくと宮崎行きの高速バスの中にいた。

お風呂に入り、ご飯を食べ、のんびり歩いて場所に向かい、
ドアが開いて表演空間の中に入ると、驚いた。

演者はもとより見手の出入り口が夏越の大祓のとき、
神社の鳥居にくくりつける茅の輪ではないですか。
おまけに空調の具合も、客入れ時の明かり、
音の塩梅は、自分が四国などに行くときによく使う
某ネットカフェとほぼおんなじだ。

そういうところからじわりじわりと気持ちよくなる。
気持ちよくなるところに邪魔が入るとなんか(以下略。

こふく劇場の時と演劇時空の旅の時、
それぞれかける「負荷」は違うけれど、永山さんの演出の肝は
空間のつくりは「時の流れ」というものをその息使いまで
「可視化」する、ということ。
加えて、時の流れを可視化するための程よいフィジカル。

この程よいフィジカルによって、現実の季節は秋の入り口というのに、
夏越の大祓の空気がそこに出来ていて、
さらにいえば、そこに吹くはずのない風が吹いている。

空間の次は、お話についてだな。

シェイクスピア×小田島雄志×野田秀樹というかけ合わせ、
組み合わせは、どこかしら歌舞伎を始めとした古典芸能が混ざって、
「古典」と言うには若すぎて、「現代」と言うには年を取りすぎている。

というか、「昔ながらの割烹料理屋の跡継ぎ問題」という
「世界決め」が微妙なところで古さを感じてしまう。
おまけにプロレス風味が所々に入り、森の中が
「富士急ハイランド」を彷彿とさせる賑々しさ。

この賑々しさに、というかシェイクスピアがもつ「祝祭的な」空間に
それよりも時代が後ろにあるゲーテの長編戯曲、と言うべきか、
小説と呼ぶべきか迷う「ファウスト」を野田秀樹、隠し味に混ぜてきやがる。

もともとそこに「いなかった」メフィストフェレスがそこにいる妖精パックを
「振り回す」、シェイクスピアでは「自発的」に周りを振り回していたパックが
野田版では「受動的」に振り回されて、さらに周りも右往左往してしまう。

故に、「行き違い・すれ違い・勘違い」の妙がくっきりはっきりしているよ。

というか、言わなきゃいけない時と言ってはいけない時、それぞれの時を
取り違えたら色んな意味でえらいことになるぞ、気をつけな。
えらいことの中で一番厄介なのは「相互不信から来る憤怒と憎悪」、
これが降り積もって爆発すると・・・。

この戯曲を書いてから先、野田秀樹の「基本テーマ」が今へと続いているのかな。

プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR