KVA劇団川口さん家のみそスープ「星降る夜になったら」

ノスタルジー?そんなこと、知ったことか!!

イマドキの若い子にとって、スピッツとかMr.Childrenという「音楽」は
「若き日の失われた思い出」に浸るためのノスタルジー・ミュージックなのか!
そんなことまで思い出しちまったい。

この演目の元版たる万能グローブガラパゴスダイナモス版の初演(@イムズホール)と
再演(@キャナルシティ劇場)では「思い出に浸りきっている最中」と
「思い出から抜け出して、新しい人生のはじめかたを模索する」の違いはあるけれど、
客入れの音楽のチョイスからして、ノスタルジーが匂いだしていた。

けれども、今回は元版とは全く真逆の「ノスタルジー?そんなに後ろばかり見てんじゃねーよ」と
言葉は荒いが「諭されている」空気感がなんだかんだ言うてもそこにできている。

あと、空間のつくり、基本の色が白・白・白一色、あとの色は
演者の動きや関係性で見手の皆さんに「頭のなかで」色を付けてもらえ、
というある意味演者にとっては過酷な環境だ。

万能グローブガラパゴスダイナモスの初演・再演、ワタナベエンターテイメント福岡オフィスの
若いもんがやったやつ、そして、今回と都合4回見て、やっとこさこの戯曲の肝が見えた。

根っこに「ある程度年を取って、新しい人生を進み行く必要がある、がどうなるものか危ぶんでいる」
わたしたち、という「存在」がいて、この「存在」は「危ぶんでいる」不安が日々募って、
「不安」に転じ、その不安を紛らわせるため「ノスタルジー」という作用を求める。

「ノスタルジー」という作用を求めて、「同窓会」と言うものを行うように仕向け、
場所を「山奥の貸別荘」にする、という(ここで冒頭の過去と現在が「混ざること」に意味がある!)
「装置」の設定を開演までに見手に見せて、納得してもらう。

あとは110分のうち90分を「生と死の混淆」という流れをコメディにくるんで見せて、
「ああ、わたしは今まで言うべきことを今すぐに言わず、未完として心の奥底に抱えてきたのか、
この「未完」が「思い出」に転じるならまだしも、「こうすりゃよかった」という
「未練」として一生涯尻尾のようにぶらぶらぶら下げて生きるから、人生うまく行かねぇんだよ。
これを踏ん切りにして「迷わず行けよ、行けばわかるさ」とラストまでの時間でまとめる。

この肝をガラパは仕掛け満載の空間で、ある意味、滑らかに言葉という不安定なボールを
ハンドリングミスなく回し、適切な人員でモールとラックを作り、スマートなボディコンタクト、
ここぞというところでうまくキックを使って陣地を稼ぐ、
いわゆる「テスト(マッチ)・ラグビー」の範疇で見せた。

対して、今回はそれよりも結構なハンドリングミス、粗っぽいボディコンタクト、
アタックのアイデアに詰まってキックという「飛び道具」を多用する、
いわゆる「年末年始の大学ラグビー」の範疇で見せた。
だから、ひとつひとつが不思議な「重さ」を持っていた見後感。



スポンサーサイト

ゼロソー 「ピッチ・ドロップ」

「ありえない」ことなんて、「ない」。

熊本の地震の話を元にして、とひとはいう。
けれども、そういうくくりでくくれないほど、物語はとても、とても、深い。

まず、「ピッチ・ドロップ」とはなんぞや?

ピッチとは非常に粘性が高くて固体に見えるような物質を指す総称。
たとえばアスファルトがピッチというものの代表的物質。
室温では、この物質はとてもゆっくり流れて、数年かけて一滴のしずくを形成する。
この流れを観察するために非常に長期にわたって行われる実験が、
ピッチドロップ実験(英語: Pitch drop experiment)である。
(参考:Wikipediaでの項目冒頭部)

しかし、アスファルトを道路に敷くところ、敷いた後を見ればわかるように
高い温度という「負荷」を内的、あるいは外的に掛けると恐ろしいくらいに
柔らかくなってしまう。

その柔らかさと突然掛かった「移動」という2つの負荷で
実験当初から続けていた「物体の粘性」が断ち切られて
という「ありえない」ことが起こって、その後どうなるんだろう?

人間が生きている、ということもだいたいおんなじだ。
てか、五体満足、十全とはいかないまでも、半分の五全の才能を使って
周りの人々を少しは喜ばせているように生きてはいる。

・・・2016年4月16日、わたしの43歳の誕生日までは。
ちょうど、4月15日から16日へと日付が変わる瞬間に起こった
ひどい揺れ、によって、熊本市内とその周辺に住む殆どの人の
「わたしたちが生きている」という「現実」が「ありえない」という言葉が
ふさわしいくらいに変化してしまった。

 自分も、遠く離れてはいたけれど、恐ろしい変化が起こりすぎて、
演劇から遠くはなれたところに今はいる。

ホトリさんだって、自分で仕事をしながら旦那さんの教え子の
世話をする、という「日常」が家の天井が落っこちて(以下略。
「からだ」はなくしたが、「脳」を始めとする感覚器官と延髄という
「生命維持装置」が偶然(これもまた、「ありえないこと」だな)生き残って、
がだ、切れちゃったところが声帯をそれたのは良いが、
発声の基本要素たる横隔膜と肺が潰れたら喋れないぞ。

ま、そういう細かいところは置いといて、
「ありえないことなんて、ない」という普遍的な「現実」に立ち向かうためには
「ひとり」では「現実の力」があまりにも強すぎて、歯が立たない。
故に、「私達」の分身と言わなければ、「助け合う」という言葉が生まれない。

ついでに言えば、「なくしたもの」に対する「処理」のやり方
(グリーフワーク)はたくさんあって、
いちばん大事なのは、「ネガティブな気持ち」に同意するよりも、
「生きているから良いじゃないかという気持ち」に同意する。

そして、その場所にいる「存在」を否定せず、とにかく「どうして」を考える、
わからなくてもそこにただいる、というように「できること」を少しずつやっていく。
こういう物凄くシンプルな「積み重ね」でしか「処理」できない。

この「シンプルな積み重ね」を板の上で起こして見せると、
不思議な安心感が湧いてくるのだ。

プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR