FC2ブログ

九州演劇人サミット

そろそろと始めるか。

 ハンバーグ工場の仕事をやめ、四国で演劇丁稚奉公をやるまでは
お金少なくてしんどいことを除いては、まあ良かった。
けれども、私自身の至らないところを何とかするために
訓練というか、なんというか、どう説明したらいいかわからないことを
始めると、演劇を抑えないといけない事態になってきた。

 こうなっちゃうと、徐々に興味関心が薄れて、ウトウトと出来事に疎くなる。
ウトウトと出来事に疎くなると戻りたくても戻れなくなる。

 どうしたらいいかわからないから、今回は話を私の中に入れて、
入れてから考えよう。
あと、「無事」を伝える、ということも。

 今回のお話、全体をまとめているテーマ、というか問われていたことは

「身の丈」を知る、とは言うけれど、どうやって知るのか?

 このことを前半は第一世代は「身の丈」を超えた場所しか演劇ができる場所はなく、
きつい思いや痛い思いをして「身の丈」を伸ばしたけれど、それ以降、特に第三世代は
冷泉荘やら紺屋等といった30人入れば汲々の場所から「身の丈」を伸ばしていける、
その気になれば。

(けれども、どうなんだい?)

 この問を挟んで、このご時世、「身の丈」を小さくしていかないと
お金の回収がままならない、それでもどうするよ?
欲とお金のバランスを考えなきゃいけないね。

(「チャンス」は昔も今もおんなじ位転がっているぜ?)
  けれども「身の丈」と「欲」と「お金」を考えないとチャンスはつかめない。

一番手っ取り早いのは「信頼・信用するに足る作品」を作る。
作った人間が作品自体を信頼信用できれば(以下略。

 作品を作る、ことがしっくり来なければ照明や音声、といった
作品に直接関わる仕事や、舞台監督等といった作品をなめらかに動かす仕事、
制作という演劇自体をなめらかに動かす仕事も考えたほうがいいかもしれない。
 特に制作の仕事、というのは演目や演者のパフォーマンスを確かめる
「スカウティング」、お客さんをどう動員させるか考えて実行する
「マーケティング(チケッティング)」、そして公演周りをなめらかに動かす
「ステージング」というふうに役割が細分化できるぞ。

 何ができるのか、をまず考えることが「身の丈」を知る始まりなのか!
スポンサーサイト



プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR