FC2ブログ

こわせ貯金箱 第2回公演「ラッキーフィッシュと浮かぶ夜」

運だ、ツキだ、と言っている時点で実は自分を喪っているのかも。

 久々の演劇だ。
紙工作のデータ集めに名を借りて、これまた久しぶりに広島、松山と
サッカーを見に行った以外、紙工作ばかりして世の中にウトウトとしていた。

 自分自身が世の中にウトウトとしていた時、ショーマンシップが
クラウドファウンディングだなんだと本拠地甘棠館の改修運動を始め、
結果、無事改修が終わり、という話は聞いていてもウトウトしすぎて行かなかった。

 初めて新しい甘棠館に行くと、驚いた!
より一層マルチアクセス感が強くなった!
軽量鉄骨のイントレ板を使って自由自在に、
しかも安全かつ頑丈な段組が組めるようになり、
更に安全かつ頑丈な釣り物バトンがいい塩梅で張り巡らされている。
・・・安全かつ頑丈な釣り物バトンのおかげで上の段ほど照明機材と
頭がぶつかるところはあるが。

 さて、この戯曲はノアールというモデル事務所に以前卸していたものを
今回はガラパの若いもんと新しい表現の場所を求めて飢えている
違う事務所というか、フリーのモデルさんやアイドル、あとなんだかんだを
掛け合わせた面子が演る、という趣向。

 自分が見るにこの戯曲は村上春樹の「羊をめぐる冒険」をベースにした
「運やツキ」を巡る考察が物語の核心。
この核心に「喪う」ことから生まれる悲しみを村上春樹はそのまま悲しみとして
表現していたが、川口大樹は悲しみを「コメディ」という糖衣にくるんで表現した。

 ノアールがやったときはあくまでも演劇というスタイルを崩さず、
見手の視点をなるべく崩さず、板の上で起こっている出来事を丁寧に張り合わせて
物語の核心を明らかにする手法に対して、今回のこわせ貯金箱は
板の上で起こっている出来事を同時多発させて見手の視点をこれでもか、
これでもか、とずらしつつ、同時多発させた出来事の切れ端同士を絶妙に
つなぎ合わせて、気がついたら物語の核心が見えていた、という手法で見せた。

 この手法を始まりと中頃にオリジナルの生歌が入り、
甘棠館ガラパスタイルの進化系というフリーアクセスの表演空間で
予測不可能な演者の出入り、と来たら、コンテンポラリー演劇なんだよな。

 コンテンポラリー演劇になっていたからなのか、
自分が紙工作ばかりしてウトウトした結果、見えてきたことなのか、
正直良くわからないけれど、生きていることを運だとか、ツキだとか、
実力だとか言っている時点で、わたしはわたしの人生を誰か知らない人や物に委ねて
委ねた結果、振り回されてわたしがわたしを喪っているのかもしれない。

 そして、喪った結果、わたしをわたし自身が異物と認識しちゃって、
というか、叩かれ、けなされ、否定され続けていたら異物と認識することで
自分で自分を否定していた、大事にできなくなった。
ということに改めて気が付かされる。
スポンサーサイト



プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR