fc2ブログ

おとなのじじょう。

 もういいや。
Twitterでコミュニケートしたり、意見を言う状況じゃなくなった。
言葉狩り酷いし、なんかもういいかなぁって。
スポンサーサイト



790(ななくま)アートシアター「走れメロス」

「我」を「失くす」、「我」を「忘れる」、「我」が「無い」。

 半年ぶりの演劇見学に行ってきた。

  というか、公演が行われる場所に行くまで、公共交通機関を使うたびに抱えていた
「変な苛立ち」というものがなく、不思議な感覚で目的地に向かっていた。

  公演の行われる末永文化センターというところは大昔、博多駅の駅弁を作っていた
「寿軒」の社長さんが私財を投げ打って九州交響楽団の練習拠点として作られた場所。
そういうことを考えながら、博多駅のホームに寿軒のステンレスワゴンがあって、
温かい食べ物や飲み物をオールシーズン売っていたよな、昼間は穏やかだったけれど、
夜暗くなって終電間際になるとドメスティックバイオレンスを地で行くような修羅場が
ごくたまに繰り広げられていたし、そうでなくともそのワゴンの周囲に知的障害なのか、
重度の発達障害なのか、わからない人がヘッドホンを使わずスピーカー剥き出しの
小型カセットで「もしもピアノが弾けたなら」を聞いている、という大変濃い場面に
よく遭遇したよな、その流れでもハイエンドな芸術かよ、ということを思い出していた。
 
 階段を登り、2階にある剥き出しの場所に旅館の一間を想起させる空間と
円形の台と踏み台がある程度の間隔を空けて表演空間として存在している。
その両側に客席をしつらえて見手を入れる、というのが今回の趣向。

 太宰治の「走れメロス」というお話は「友情のために約束を守る」という
物語の肝が存在している。
そして、「メロスはなぜ走ることになったのか」という物語に仕組まれた問いも
同時に存在している。

 日本の文化芸術、特に演劇映像の世界でなんだかんだ活動している人たちは、そのキャリアの中で、一度は太宰治が設定したこれら二つの問いをそれぞれの解釈と表現として
見せたことがあるのかもしれないし、ないのかもしれない。

 さて、今回は「走れメロス」がどうやって生まれたのか、というお話を
太宰治と檀一雄の関係という史実を利用して見せることで二つの問いを解き明かしてみる、
というアプローチを採用した。

 まず、太宰治はお金と女の人にだらしがなく、その尻拭いをするために小説を書いて
お金を作った、というのはロシアのドフトエフスキーと若干似ているかもしれない。

 けれども、ドフトエフスキーは借金取りと真正面から向き合って単価の安い小説を
長く、たくさん書いたが、太宰治はうじうじだらだら考えるだけで、肝心の小説という
商品が生み出されていない、その間にもだらしない出費が続いてさあ大変、いっそのこと
熱海に逃げちゃえ、という設定を作り、その設定で走れメロスのお話を走らせていく。

 その様子はまるでプロレス。
相手は世の中と目の前の相手、そして物語自体。
その三つに3人の演者が必死かつ命をかけて取っ組み合っている。

 この取っ組み合いを見ながら「我」というものを持っている、というか抱え込んで
しまっているから人は苦しくて悲しい思いをするのかもしれない、ということを感じた。
特に太宰治はこの「我」が人一倍強かったから、「他」を気にしてしまい、「他」と比べることで「我」を忘れてお金と女の人を使って「他」と比べた、比べられた痛みを誤魔化していた。

 このことは、現代が抱えている「依存症」という「こころの病気」の根幹をなす部分。
「我」というものを十分出して、何かを為さなければならないという「自己責任=努力依存」がまず存在して、「努力依存」を充足した成果として「買い物依存」や
「ギャンブル依存」、「セックス依存」という「こころの病気」が生まれ、
さらにエスカレートすると「アルコール依存」や「薬物依存」というからだにもよくない
影響が出る依存が発生する。

 「小説を書いて芥川賞を取り、認められる」という努力依存を充足できず、
熱海に逃げてアルコール依存、セックス依存等に耽って誤魔化しても、その代償として
金銭的な負債は膨らみ、それでも小説を書いてなんとかしなければいけない、という
大事なところからは逃げている、というありようを美しく言葉にしたのが
「走れメロス」だった。
 わたしは演劇に関わるものやことをこの数年間で捨てていた。
捨てたことで「我」の存在を見ることができた。
けれども「我」を無くすことができなければ、「我」を見ることができなければ、
ゆくゆくは自分で自分を殺してしまうのか、それがいいのか悪いのか、わからないけれど。
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
演劇を見て、感じて考えて書いていきます。
ひとつの言葉が次につながるきっかけになりますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR