飛ぶ劇場 「大砲の家族」

重厚すぎる緊張感。

伊丹十三がもし生きていたら今の社会「対立」を
このような形で表現したかもしれない。

 どうして人は「生きる」のだろう、そしてどうして人は「死ぬ」のだろう。
さらには、「生きる」と「死ぬ」の境界線は一体どこにあるのだろう。

 最近、「我」と「他」そして「異」の関係をよく考えている。
「我」と「共通」というか「思い」や「考え」が重なることができれば
「他者」、「思い」や「考え」が噛み合わなかったら「異者」という
「線引き」をするようにはしているが、その先にあるもの、
することがわからずにいる。

 その流れで演出家協会から「ドイツ演劇特集」という企画で
ブレーンストーミングがある、と連絡をもらい、何をどうするかわからないが
とりあえず出ます、と連絡するが「未経験はついていけないかも」という
お話があり、だとしたら聴講でいいや、と方向性を決めたが、
本申し込みの段階で参加しても大丈夫ですとか言われて
演出家協会サイドとのやりとりの中で聴講からいつの間にか参加に。

 ・・・これがまあ、かなり刺激的で、今後につながる事が多かった。

ハンバーグ工場の仕事が終わった足でブレーンストーミングの
会場に向かい、そこの時点までに考えついたことなどを簡単にまとめて
雑談をし、本題にはいる、自分の考えついた以上のものを要求されるから
さらに即興的に考えるしかない、終われば軽く飲んで終電ギリギリで家に帰る。

 こんなことが火曜日から金曜日まで続き、
このヘロヘロ感を引っ張って久しぶりの北芸へ向かう。

  ハコの中に入るなり言い様のない「重さ」というものを感じる。
自分が幼い頃、大阪に住んでいた時、特に午前中の「心斎橋だより」という
テレビ番組が終わったあとに感じたあの空気感だ。

 ドアが開くまでに来ていないから、いつもの場所を諦め、
そこから少し下のところにポジションを取る。
近くにはきららのふるどのさんがいたが、空気自体が
雑談というものを許さない空気になっているから
ただひたすらに反芻モード。

 そうしているうちにいつのまにか本編に入っていく。
お話はとある「分断国家」、「休戦状態」という
「ゆるやかな緊張下」での日常から物語が始まる。

 この「ゆるやかな緊張」が止めどなく流れているから
日常の中で「見えているけれど、見えていない」たくさんのものが
これでもか、これでもか、と見えてしまっている。

 「集団」と「個」、「常識」と「非常識」、
恋愛や精神的というか宗教的、さらには物質的な「禁忌」というものとして。

 この「禁忌」というものがもたらす「痛み」というものがインポテンツであり、
PTSDという「障害」として心や体に出てくるのかもしれない。

 もしかしたら、わたしたちは「抑圧」というものを望んでいるのかも。
ついでに、「自由」というもの自体が「理想」であり、「価値」だった、
という一つの結論にたどり着いてしまう。

 この「理想」と「価値」にたどり着くための「地図」が今、ここにあって
わたしたちはこの「地図」を見ながらあっちウロウロ、こっちウロウロするけれど、
「時代の流れ」というものは残酷なくらい激しくて、迷い続けている。
迷い続けている中でわたしたちは「家族」を作り、「親になる」のだろう。

 さらには、「何を食べて生き、何を食べずに生きる」ことから
「生きている」ではなく、「生かされている」のだろう。

これがわからないからわたしたちは「強さ」を求め、
「強さ」を求めたがゆえに生まれた「毒」によってバランスが崩れ、
今、そこにある全てが「ふりだし」に戻った。

このあたらしい「ふりだし」には「アダムとイブ」はいない、
さらには、「ノアの方舟」も存在しない、ただ荒涼たる大地のみ。
どうなるのか、どこへいくのかわからない。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR