F'scompany 「いきばなし」

「選ばれる」とはなんぞや?

 ものすごくバタバタで仕事を片付け、電車に乗る。
最近、なんていうか、こんな日程が多すぎる。
もう少し余裕を持って日程の組み方できないものか、と思うが
「午前中で仕事を上がらせてください」をいう
タイミングが掴めない、とも。

 そういえば、サキトサンズ以来の長崎行きだ。
本当は「素敵じゃないか」長崎公演も行くようにはしていたのだが、
心と体の調子も芳しくなく、懐具合もさらによろしくない。
というわけでギリギリのタイミングで行けません、と連絡を入れた。

 「社会人として演劇を続けろ」ですか。
自分が感じていたことと真逆のことをその後に「素敵じゃないか」の
担当制作さんから投げかけられると正直、戸惑った。
「見に行くことができない人」の助け、もしくは目になるのも
多少はあり、なのかなぁ、「皆のため」と「わたしのため」が
マーブル模様になっている。

 まあ、仕事もきちんと「務め」を果たし、演劇もきちんと「務め」を果たす。
心がチクチクすることもあるけれど、それでいいのじゃないのかなぁ。

 表演空間がこないだ見たガレキの太鼓のぞき見公演「風俗店版」を
彷彿とさせる、というか風俗店というものがシステム化すると、
こうなるのかという出来に不思議な感覚の客入れ音が鳴っている。

 うーん、「結界」というものができていい空間だ。
・・・なんか、ある病院の医局なのだろうか、患者を番号で呼ぶのもそうだし。
面接、というからある薬か治療法の「治験」についてなのかな。
それにしても、この「治験」、恐ろしく人気があるんだな。

 というか、「細胞再生技術」を応用した世界最新鋭の
「整形手術」に関する治験だったのか。
まだ「治験」だから不都合を整えるために時間が掛かる、
故に出来る人数は少ない、けれども藁にもすがる思いを持つ人が
多いので競争率100倍、大変だな。

 競争率が多い、ということは「面白半分」で
受ける奴も多少なりともいる。
しかも、無料どころか、結構な額の「謝礼」まで
もらえるのならば尚更。

 というわけで、「ほんとうに必要としている」人と
「何らかの理由で必要としていない」人を
選別する必要があるわけか。

 かくして「わたしはこの治療を必要とする」から選んで、という
周囲を巻き込んだ「心理ゲーム」が始まる。

 この「心理ゲーム」で使われることばの切れ味がすげぇ。
「ブラフの掛け合い」という奴をこの場で初めて見てしまった。

 「掛け合い」というものを通してそれぞれに存在する
「考え方」の違いや「人生」の違いがじわじわと見えてきて、
言葉遊びの要素が隠し味、いろいろな「影」や「汚れ」を受けて受けて、
最後の「実は私が」というドンデン返しが半端ない。

 道化は辛いよな。
けれども、外見を「変化」させてしんどい過去や
なにやらを「消去」するために「整形手術」はあるのだろうが、
「心持ち」を「変化させる」ことができなければどうにもならない。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR