KVA 劇団MiMIC「くちづけ」

「強さ」とは、ありとあらゆる「弱さ」を飲み込んで静かに微笑むこと。

 日程を入れなかったのか、それとも状態が良くなかったのか、
あおきりみかんを見に宮崎に遠征して以来の演劇です。
 
それにしても、宅間孝行と「東京セレソンデラックス」、一度しか見に行っていない。

  TOKIO長瀬と相武紗季の「歌姫」がテレビであった時、
「そういえば、セレソンデラックス、福岡でやるとしたらどこの仕切りかな」という
ギリギリ「興行サイド」に踏み込んでしまうお話を
ある人とやりとりしたことがあって、
この流れでキャナルシティ劇場であった時、なんとか見に行くことができただけ。

 解散公演も、それに続く公演も、日程が合わない、というか、
なんというか、なかなか行けずにいる、さんざんつついた割には、反省せよ、自分。

 というわけで、宅間孝行戯曲とごとーかおるの取り合わせに心惹かれ、
おまけに仕事は定休日、心と体の調子を戻す「リハビリ」にいい塩梅。
だったら、行くしかないでしょ、ちょうど話し合いで外に出なくてはいけないし。

 当日、少しウロウロして、ハコについて、
ポジション、どう取るか思案して落ち着くと
「平土間だけど、元版とほぼ同じ開演前の空気」と
いうものができていた。

  客入れ音も、何か元版だったらこういう曲を、
こういう「薄さ」で流すのだろうな、
そして元版だったら最後のカーテンコールの曲は
陽気にサンバでも流すのだろうと、「ああ、ビール飲みてぇ」と昼間から、
さらには演劇の前に 不謹慎なことを思うと
いつの間にか、もう本編に入っていた。

 お話の肝は、ズバリ「知的障害者の生活と性」、という
普通ならば おっかなびっくりで触れて、感じて、
その結果「大変なことになってしまう」事柄を
「ごくごく普通の、どこにでもある出来事」という調子で見せている。

 故に、「社会の縮図」というものがくっきりはっきり「板の上」に再現されていて、
その「再現具合」が妙に生々しいので、
「現実、いま、その場所に生きているわたし」にとっては
時折、考えこみ、呼吸を合わせ、呼吸を外しながら
いつの間にかお話と「同化」している。
 
 人によってはあまりにも重すぎるお話を宅間孝行という人は
「寄り道に寄り道」を重ね、「笑い」というオブラートにくるんで
見せるのが上手いのだな、 そして、「笑い」と「重い物語」のギャップ、
というか「落差」で見手を「感」じて 「動」かしてしまうのだな、
という発見をうっかりしてしまった。

 で、ごとーかおるはそのオブラートを削ぎ落して、「本質」そのものを
これでもか、これでもか、と生々しく見せやがる。
その演出に必死で喰らい尽くせた演者、スタッフ、すべての
技量の良さに凄み、というか、恐ろしさを感じた。  

 恐ろしさを感じたが故に、こんなことをふと考える。

 ・・・うん、実は、ここ数年、これとほぼ同じことに悩み、苦しんでいて、
正直、生きていったほうがいいのか、
死んでいったほうがいいのか、わからない時があまりにも多くて
「そうである人」と「そうでない人」との軋轢がひどかった。

 で、「感情の爆発」という「発作」が起きたり、
露骨に特定の人物を避けることがひどくて、まあ、いろいろあった。
それで余計に生きるのが辛くなって、
いっその事安楽死施設ができたら行きたいなと。

 少し落ち着いて、「根本」から考えてみた。
「根本をなしているもの、考え方」は一体何なんだろう。
それぞれの「根本」について「共通」しているところと
「違っている」ところは 一体何なんだろう、
「その違い」を「寛容を持って受け入れたい」けれど、
「受け入れがたい」ところはどうしてそうなるのだろう。

 一つの結論に辿り着いた。

  わたしは「下衆」で「ずるい」奴らと同じ空間にいることがいちばん厭だった。
けれども、普通の人にはそういうことを話してもわかってもらえない。

 だって、この「下衆くて狡い奴ら」は「利用」するのがものすごく上手で、
自分が「イヤダイヤダ」といえば言うほどその人達の有利なようになって、
ひどい目を見るのはいつも自分、というふうになるから、頑なになるしかない。

 頑なになるしかないから、いつも周りを怖がらせてしまう。

おまけにからだが大きいからもっと厄介だ。
 ・・・本当、どちらのほうが「まとも」なのか、正直わからないや。

  苛立っていても、全てを飲み込んで、いつも静かに微笑んでいられたら
わたしは「強さ、優しさ」をものにして、一つ上に行けるのかもしれない。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR