万能グローブガラパゴスダイナモス 「ガラ博」(その一)

「真逆のリフレイン祭」を堪能する。


「演劇」というもので皆が平等で笑顔になる空間はいいやね。
自分が「演劇」の仕事を始めた時、面白い仕事をしている
個人に所属を聞くと、と言うか調べてみると必ずこのカンパニーに
ぶつかってしまうことが多々あり、「多色・多才の集合体」だなと
感じていた、で、この「多色・多才」に触れて、響いて、今に至る。

 気がつけば、「安心してわたしを出せる」空間になっていた。
その空間に「西原理恵子博覧会(通称バラ博)」と
「最強の一人芝居フェス」の感覚が絶妙の塩梅で混ざり、
なんていうか、すごく楽しいや。

 その楽しさがオープニングの映像からも伝わってきて、
これが前説でさらに加速して物語に入る。

(松野尾組)
 初手からシュール、おまけにハード。
女の人と、椅子に「拘束された」男、
そしてなにか手を下そうとする男。
・・・なにか尋常じゃない事態があったようだ。
そして、お話は「人類最大、かつ最高の開発」である
「汎用型人型ロボット」がある富裕層の家庭に「子守用ロボット」として
やってきた7月7日という「その日」に巻き戻される。

 「7月7日の定点観測」という「時間的な軸」がかっちりしているから、
「変化する人間」と「変化しないロボット」という対比がくっきりしている。
「人間」が幼い頃は「成熟している」ロボットから「善悪」の概念を教えてもらう。
これがだんだん「世間」というものに触れ、「世の中の色々な汚さ」に触れ、
「善悪の概念が崩れる」≒「大人になる」ということとなり、
両親が不慮の事故で「同時」に死んでしまったことで「善悪の概念」が
完全に壊れて「教育係」から「ボディガード」、
さらには「自らの望むものを手に入れるための暴力装置」として使う、
すべてを手に入れ、すべてを失い、孤独のままに死んでいく人間、
その人間の一生をさらに高性能に「改良された」人型ロボットに追体験させて
またひと通り繰り返してはみる、まるで寄せては返す果てしない波のように。

 松野尾をはじめて感じた「インディゴブルーの本当」と同じような
「近い将来、やって来る恐怖と脅威」のリフレインの重さはそのままに
業田良家の最新作「機械仕掛けの愛」シリーズのような
「切ないけれど、あたたかい」感覚が混ざり、
劇団衛星の「コックピット」の「ロボットと人間の共存」という
感覚を等身大に落としこんで見せていることに確かな足取りでの進化、
というものを感じた。

(椎木組)

 フィジカル、フィジカル、フィジカル、という入り。
あまりにも激しい、というか、落ち着いてみたら驚いた。
・・・この一通りの動き、「クロックアップ・サイリックス」が
2007年の春に「クロサイ解体の夕べ」というトレーニングキャンプで
やったフィジカルトレーニングをうまく応用したな、と唸らされる。

 そして、ただがよこやまのような入り方、さらにはvillage80%が
よく使う「状況の説明をひたすら淡々と説明する」入りをこなして
物語の世界にじわりじわりと見手を誘いこむ。
その裏ではよこやまがただのようにおとこといちゃ(以下略。
誘い込まれて見ると、あら不思議、どこか懐かしさを感じる。

 その懐かしさの元を自分なりにたどってみたら
「忍者キャプター」というものにたどり着いてしまった。
あれも「チーム忍法」だとか「現代忍法」という忍者モノとしては
斬新なアプローチングを使っていてなんとも言えないんだけれど、
ちょうど、放送の時がすごく子供できっちりと感覚に入っていなくて
再放送というものもなく、スカパーでやるにしても「大人の事情」で
「東映チャンネル」という追加料金が必要な奴でしか見られない。
だから物語の世界をしっかりと感じ取れていないので偉そうなことは言えないが。

 こんなお話の流れにキャラメルボックスの「過剰なまでの熱さ」が
スパイスとして効いて、人間関係の複雑さまできっちりと見せている。
にしても、「あのおはなし」をああいうふうにしてみせるのは人が悪いぜ。

 そしてまた同じ事の繰り返しなのか、というところをvillage80%のように
「コレで終わります」というセリフはなかったが、説明付きで見せている。

 本当に重たい空気もなく、純粋さだけが空間を包んでいる。
このことだけでもすごく嬉しいのだ。


スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR