謎のモダン館「BLACK・GATE」

ノイズの中から「人生」を探す。

 これもまた人生の修行なり・・・か。

 今月は有給の残機がなぁ。
というわけで今回の謎モダと再来週金曜のヒトステは
午前中でハンバーグ工場の仕事を切り上げ、長崎へ向かう。

 え?フーズの長崎公演も行けたのでは、とおっしゃるが
まあ、土曜の回が夜しかなく、チトセピアホールから
ダイエーが閉まったあとに外にでることが迷路のように難しく、
難しさゆえの「タイムロス」で最終の博多行き特急に乗り遅れる
リスクを考えたら広島公演、新幹線広島駅至近の立地には
とてもとてもかないませんわ。

 にしてもなぁ、前の日が北九州本城で
久しぶりのうぃあーえひめ。
本城のメイン個席部分はある意味「社交場」になりつつあるし、
おまけに濃ゆい場所だな、うん。
で、帰り着いたのが22時過ぎ、珍しく焼き肉とご飯中心に食べて
家についたのが23時過ぎ、胃腸を落ち着かせて寝たのが1時過ぎ。

 そうしてもいつもの様に朝5時に起きて、下のソファでまた寝てる。
いつもの様に仕事へ行き、切り上げて大雨の中、電車に乗って博多駅。
特急の便を改めて確認すると12時55分発ではなく、13時55分発。
博多阪急の地下で何かしら買って食べてから乗ることにしよう。

 食べて、13時55分発の特急に乗るとそれはまあ嫌な空気。
ついでに恐ろしく眠いし、目をつぶっていたらもう長崎。
長崎は恐ろしく雨が降っていた。
その中をメルカつきまちまで行き、時間が余ったので
浜の町のスターバックスでしこしこレポートを書く。

 さて、今回はえ+のスマートチケットを初めて使う。
まあ、決済とか、すごく楽なんだけれど、いろいろな意味で
改良、改善の余地が在るかなぁ。
ホールがタブレットでの決済装置を持てばいいのか、
いくつかの劇団の制作で「決済組合」を作って
装置を共有すればいいのか、色々考察し、いろいろな変化を
そこかしこに感じているともう本編。

 というか、開演ギリギリで子供つれてきた客が
ある程度埋まっている客席の空きを探し、
入口に近いあのポジションを開けてもらう一連の流れが
なぜか、ひとつの「演劇作品」となっていた。

 ある地下室に何か、人が集まっている。
「黒い手帖」というものをもって。
人間としての「駆け引き」がありつつ、
小説家と女の人との会話という物語が
同時進行で進んでいく。

 「十三夜」、10分間しか聞こえないラジオ、
ノイズの中に聞こえてくるかすかな声を、言葉を探す。
・・・もしかしたら「あの世」と「この世」は「片方向通信」なのか。
「あの世同士」、「この世同士」は当然のことながら
「双方向通信」なんだけれど。

 そのことを確かめるため、ひとつ実験をしてみよう。
まず、仕掛けとしてネットの中で「ある掲示板」を作って
不特定多数の人をおびき寄せて、その中からある特性を
選んで、「黒い手帖」を「偶然を装い」渡して実験を始める。

 最初は「お金」という餌を使っておびき寄せようとした。
けれども、「どこか正しくて、どこか間違っている」言葉の拾い、
と言うものからそれぞれがそれぞれの「喪った痛み」を
「語る」ように持っていかれる、ある意味、面白い、そしてしんどい。

 あれっ、こんなこと、ツイッターやフェイスブックで起こっている
こととなんだかおんなじではないだろうか、そんなことをじわじわと。
板の上では「のいず」という「意味のない音」から「音声」としての
「言葉」を拾う、わたしたちはパソコンで「タイムライン」という
「言葉の流れ」から「文字・文章」としての言葉を拾う。

 さらには「意味のない音」や「言葉の流れ」に紛れて
私達自身も「喪った痛み」や「喪った怒り」など
無意識に「へんてこりんな感情」を流している、かも知れない。

 人間として「生きる」ということは「最大の修行」なのだろう。
わたしたちはどのように生まれて、生きて、何を手に入れ、
何を失い、その結果、どのような立ち位置にいて、役割を果たした
結果、どんな「因果」を次に背負うのか、「審査」されているのか。

 だからこそオカルティズムというか全ての「芸術」と
インターネットを始めとした各種テクノロジーは
使い方次第で「魂の救済行為」にもなるし、
逆に「魂を抹殺する行為」にもなる。

 「なぜできない」と「責める」よりも
「できることでやれる役割、立ち位置」を「探す」ように
仕向けるように対し方、接し方を考える。

 そういうことを考えずにただ「我が身の至らなさ」を
不特定多数の人に「ノイズ」や「タイムライン」という
ものに紛らせて、喚いて、不満をぶつけるのは・・・ね。

 あなたはどのように現実や、テクノロジーに向き合っているのか
強く問われているんだよ、喚けば喚くほど次に踏み出せない。

 喚くより、吐き出そうよ、みんなに届くような「言葉」を使って。
嫌なところも無理やり見ることになるけれど、
見ることで「わたしは何に痛めつけられたか」ということもわかるし、
より良くするきっかけも生まれるだろうし。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR