鹿児島演劇見本市2014(序)

次なる戦いへ、踏み込め。

 Hit!Stageを見たあと、薬屋に行き、カミソリを買い、
何を食べようか、何を飲もうかウロウロしていると
もう駅前だ、おとなしくそこで飲んで、食べて
宿に戻ってゆっくり休むと、もう朝だ。

 ご飯を食べて宿を出て、駅の中にあるファミリーマートで
久しぶりにスポーツ新聞とカフェフラッペを買い、
あたらしいポイントカードのポイントがどうのこうのいうてる
というか騒いでいるバカを横目で見て、ホームに上る。

 まずは特急みどりで新鳥栖までまったりと移動する。
まったりと移動しながらあたらしい装備たるタブレットの
使い方、というか、音楽検索を使いながらゆっくりしている。

 がだ、車内が何故かものすごくウザい。
ああ、「世間」というものは「連休」というおやすみなのか。
このウザさにがっくりしていると新鳥栖駅に着き、
絶妙のタイミングで新幹線がやってきて、乗り換える。

 それにしても新鳥栖すぎると移動通信体の電波が
なかなかうまく入らない。
入らないから目をつぶってグダグダしているともう鹿児島中央駅。
去年までは市営バスに乗って鴨池なのだが、今年、来年と
「国民文化祭」のプレ事業という「前景気付け」で少し離れた
谷山、というところへ向かう。

 JR指宿枕崎線で行ったほうが色々と都合がいいのだが、
新幹線に対応する乗り換えの便が「指宿のたまて箱」、
そこまで指定券、用意出来ていないよ、そのあとは30分後。
だとしたら、路面電車でまったりと移動する。

 谷山の街、というところは50年位までは「谷山市」と言って
鹿児島市と違う行政区分だったらしい。
電停からホールまで「谷山街道」を歩いては見るが、
マンホールや、水道の弁ふたなどに「谷山市」が
存在した跡が全くない。

 「北九州市」に組み込まれた「小倉市」の跡だって
探せばきちんと見つかったのに、なにか訳があるのだろう。

 そんなことをつらつらと考えながらサザンホール。

 さて、今年の見本市は非常口も、鳴かず飛ばずも、上町クローズも、
テアトル火山団も、いぶきも、さらにはLOKEも参加していない。

 なんていうか、これからの鹿児島演劇を「作っていく」
可能性のある面子を揃えてきた。

 いつもは100人程度のハコでやっている若手に
800人、うしろ半分を削って400人の広いハコでやらせてみて
地の力をつけてみよう、という試み。

 やろうとしていることも、熊本の「dengeki」や
北九州芸術劇場の「劇トツ!!」を視野に入れている。
さらにはその先の「劇王戦」や「カラフル」までの道のりまで
レギュレーション、というもの込みで意識させる
仕掛けどころがたくさんある。

 見手にとっても、鴨池4階の市民ホールの平土間と違い
きちんと客席に段差があるので恐ろしくストレスを感じない。
国文祭が終わってもこのサザンホールでずっと見本市をやってほしい。
それが無理なら照国の中央公民館でもいいから。

さて、次から各参加団体についてお話をしようか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/30 09:04)

鹿児島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR