鹿児島演劇見本市2014(3)

「新しい感覚」とはこのことか。

 今年は「ここは福岡の劇団だったらここだよな」とか
「熊本だったらここだよな」という特性のフィルターを掛けることなく
目の前にある出来事を素直に見ている。

【劇団AIS】

 ・・・魔法少女まどか☆マギカですか。
そういう趣味のないおにーさんには少しわかりにくいなぁ。

 けれども、「神様の世界」にある学校は「キューピッド部」てか、
「恋愛部」という非常にお得のある部活動があるのですね。
この部活動の対極にある「経済研究部」という三田某の
「インベスター・なんとか」という秀才がFXなどの「金融賭博」に
手足どころか、体中突っ込んで、どうなる、というものと
AKBというものから派生した「ゲス部」が三つ巴で絡まっている。

 その様、見ていると非常に気持ち悪い。
この「気持ち悪さ」をぶっ壊す要素として
木多康昭の「喧嘩商売」とか「喧嘩稼業」という下手すると
「現代版池波正太郎」になりそうな漫画に出てくる佐藤十兵衛のような
存在が登場し、「煉獄」やら「金剛」、「高山」は使わないが、
「無極」はほんの少しだけ使ってあっさりと「気持ち悪い」を壊している。

 たまたま一緒だった、ずっと接点があった。
「近すぎる」が故にそれぞれがそれぞれの「良さ」が
見えにくくなっている。
見えにくくなっているから、見つけて、伝える努力ができにくい。
その努力をする「お手伝い」が「キューピッド部」の内容。

 ・・・だから、「好き」がずっと前から伝わっていた、という
オチがきちんとしている。

 けれども、みんな、このハコの広さと奥行きに慣れていない。
特に奥行きに慣れていないがゆえの音と言葉の「被り」が
あまりにもひどすぎて、何を言っているのか、正直、わからなかった。
隅っこにことばを届く事に気を配ればより良くなる。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR