鹿児島演劇見本市2014(了)

【劇団宇宙水槽】

 ・・・ものすごく若い。
ムーブ・マイム、さらには板の上から聞こえる
「身体言語」そのものまでも。

 これを言ってはいけないが、福岡で言うたら
「wet blanket」というところのような、東京で言うと
「柿喰う客」の流れかな、と感じ取って、その旨やりとりしていたら
どうやら、ここが参考にしている流れは西田シャトナーの
「惑星ピスタチオ」のパワーマイムというものらしい。

 ・・・てか、私はそのたぐいを見たことがなかったな、という発見。
いわゆる「関西系」という演劇の一部なのに。

 そういった「身体言語」とムーブマイムで「青春バトル物」を
おっぱじめよう、という趣。

 「青春バトル物」といえば若さに物を言わせた
これでもか、これでもか、と「身体言語」としてのアクションを繰り出す。
けれども、こういうことをするためにはちゃんと殴って、蹴って、
そのムーブを受けて、次のムーブに返す、という動作をどうつなぐか。

 この流れを身につけるには結構長い時間が必要だ。
・・・その時間を埋めるための一つの手段として
「じゃんけん」という要素を加えてきた、これがすごく斬新。

 殴って、蹴って、身体に「当てる」代わりにじゃんけんをする。
そうすることでアクションの経験が浅くても見ていられるし、
アクションの経験が深くても「心理戦」という要素をわかりやすく
できる、という意外な効果がある。

 この意外な効果が「人の心を読み取る特殊能力」と
「特殊能力者同士の不思議な恋愛」という裏テーマが絡んで
ある意味、すごくバカバカしいんだけれど、面白い。

 ああ、これがこの劇団の「スタイル」で、
このスタイルを突き詰めていけば、かなり凄いことになりそう。

 さて、ひと通り見て、雑談して、路面電車で鹿児島中央駅、
地下の吹上庵でそばとビール、ちょうどいい塩梅の新幹線で
福岡に帰り、長い旅が終わる。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR