「パダパダ 波の少女」

わたしたちは波にたゆたって生きている。

 うーん、ものすごく複雑だ。
「あの問題」に触れることなしに「福岡と釜山」の関係性、
うまく書けへんもんな、ホークスがシーズン終盤、
大事なところで「あのチーム」にズタボロにやられることを聞くと
なおさらどう書いたらいいのか、正直わからなくなる。

 正直、「あのチーム」と「あのチーム」に対しては
猛烈なさつ(以下略。を持って戦わなければいけない、と言いたい。
そしてホークスには「計算高さ」はあっても「道徳心の欠けた」
「計算高さ」がない、おまけに「目先の一勝」にもこだわれていない。
「プロ野球」というか「スポーツ」が「政治的ゲーム」になっていることは
重々承知、がだ、ホークスと「あのチーム」が噛み合わないとな、
うまく学べないことや所が多すぎて、現状、不幸すぎる。

 そんなことなんか関係なく、福岡と釜山は
徐々に「一衣帯水」になっては来ている、という現実を
ここ数ヶ月、演劇の現場で目の当たりにする。

 6月はグレコローマンスタイル、7月はHANARO project、
そして8月9月のgo-to、そしてパダパダとさかせのアウェイ戦。
福岡と釜山を行ったり来たりして「演劇」という同じ分野で
「少し違って少し同じ」文化を持つ場所へと赴いて
自らの「身体言語」で向こうの人間を納得させていく。
そういう「たたかい」というものが始まったのかな。

 そういう「たたかい」の裏でわたしは「行かなければいけない」
ではなく、「行きたい」というところに一度戻らないとマズイよな。
「しなければならない」というものに取り付いていたから
色んな意味で常軌を逸した事となり、精神的にも肉体的にも
負担がかかってしまったのかな。

 こういうことをつらつらと考えつつ、福岡と釜山の15から18歳の
「女の子」の「夢」や「現実」という客入れ音を聞いていたら
「国」、あるいは「都市」というものは「わたしたち」を形成する
ひとつの「要素」であって、それ以上でもなく、それ以下でもない。

 一番大切、というか重要なのはどのような「家庭環境」で、
どのような「生育場所」で、どのような「文化を超えたもの」で
わたしが育っていたか、いわゆる「生育歴」というものかもしれない。

 この「生育歴」というものがちゃんとしていたら
「将来、私はこうしたい」という意味付けやそうするための理由、
さらにはたくさんの方策、方法論を他者に対して開示できる。

 私はこの「生育歴」があまりよろしくなく、何かずっとさまよっている。
そういうことまで知らないものだから「なぜ、わたしはさまよっているのか」
ということすらわからず、この福岡という街どころか、わたしの人生を
ずっと、ずっとさまよいすぎて心も、身体も疲れ果ててしまった。

 十分に私の心に関わる大事なことを引っ張りだされて本編。

 まあ、日本人と韓国人がひとつ同じ船に乗り合わせている、
ということは「呉越同舟」ということではなくて、
ごくごくアタリマエのことなのですよ、と思わせる導入部。

 そして釜山でニモカが使えますよ、というセリフに、釜山のハナロ、
ソウルのT-Moneyのスペックはソニーのフェリカではなく、
たしか、シーメンスかフィリップスのicカードシステムなんだよなぁ。
香港の八達通(オクトパス)はソニーのフェリカなのだが。
ここでひとつ「噛み合わない」ところ発見。
がだ、pitapaは技術の壁を乗り越えて期間限定ながらも
ソウルのT-Moneyと「片相互乗り入れ」を果たした。

 なんか、ある意味「翻弄感」というやつをコンテンポラリーダンスと
いうか、コーディネーションでじわりじわりと見せていき、
翻弄されながらも「隠していた」、あるいは「隠されていた」
本当のわたし、というものを見せていく。

 現実空間ではくじらの群れがうようよして行く手を阻む。
前にも、うしろにも進めない状況で日本人の少女と
韓国人の少年がうっかり出会い、「ゆるキャラコンテスト」と
いうものを通じて、これまた「事に臨む」上での「食い違い」という
ものをこれでもか、と客を巻き込みながら見せている。

 隠し味として第一次世界大戦、第二次世界大戦という
「人間」というものが犯した「過ち」を「鬼っ子」あるいは
「トゲピ」という「生まれてくるはずのない子」が混ぜくるように
わたしたちの意識に働きかけ、結局は「噛み合わないこと」が
戦争を引き起こすのだろ、ヒト、というものは何時かは滅ぶ。

 滅ぶからこそ、「噛み合わない」ところは多少なりともあって
そこをどう埋めていくか、「憎しみ」というもので埋めていくのか、
「侮蔑」というもので埋めていくのか、それじゃあんまりだから
「愛」で埋めていくのか「歓び」で「感謝」で埋めていくのか、
課題でもあり、楽しみでもあるのかもしれない。

 そこまで行き着いて船はようやらやっと進み行き、
挙げ句の果てには海底トンネルだわ。
いつの間にか親子、いつの間にか一衣帯水、
今だ自由は噛み合わないが。
・・・これはこれで、まあ、いいか。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR