hall brothers 「永遠に少年」

 「正しい」は怖い、本当に怖い。


 前回の「Hotel♡」では久々の公演だったのか、
チケット予約システムになんだかんだあってうまく予約が取れず、
久しぶりにローソンチケット、しかもロッピーを叩いて買ったのだが、
どうもポイントカードの連絡先をチケットの連絡先に「移動させる」ことが
うまくできないや、それで手数料を取るなんざ(以下略。
 こういうことがあって、今回なんとかシステムが動いて、手配して
はぎわらの心のこもったメッセージ入りの手紙をもらって、
(いや、まあ、前回の公演は珍しくそれなしの手紙だったわけで)
カンパニー自体が「平常運転」に戻ったようで何より。

 さて、表演空間がどこかの農場の倉庫兼休憩室といった趣で、
また、どこの角度からも「死に角」というものがなく、
斜めに「天」を切っているから見やすいし、少ないスペースで
奥行き、というものがきちんと出ている。

 ・・・初手から掴まれました。
ある春の嵐の夜、女が男を誘う様からお話が動き出す。
そして何事もなかったようにイチゴ農家の一日が始まる。
このひとつひとつのムーブやマイムがきっちりしているから
響きがとても良い感じ。
とても良い感じの響きだからこの家族が隠している「何か」が
じわりじわりとにじみ出てる仕掛けがなんとも言えない。

 というか、この家の「長男」が実は「発達」に
重大な問題を抱えていることを誰ひとり知らないようだ。
知らないから「不器用」とか、「芯がない」と妹は責める、
幼なじみの人はそれはそれで、と自然に見守っている。

 この人間関係に東京で芸能の仕事をしていた
女の人がこの街に戻って、芸能の仕事を始めたことから
おはなし自体が大きく動き始めていく。

 いや、本当に発達障害者は「正しい人」が「正しい」と信じ込んでいることを
「あなたはなぜできないの、他の人はできるのに」ということがとても、とても怖いのです。
この恐怖に日々「怯えながら」生活を重ねて、怯えているから体全体が固まり、
体の動き、心の動き、考えそれぞれが固まってしまい、なにもできなくなる。
で、「正しい人」たちからまた追い詰められている。
これら一連の流れがうまく表現できてる。
幸田さんが実によくハマっている、というか。

 ここに「いま、こうなるはずだったわたし」と「いま、げんじつのわたし」、そして「かこのわたし」が
重なったがゆえに起こるへんてこな意地やプライドがだんだんと大きくなって、
「正しい人」がそれぞれ自分自身を追い詰めていく様がスパイスで効いてる。
そのようすを発達障害を持つ長男は冷静に見ていた。
冷静に見ていたのだけれど、その様子を伝えるすべを持たなかったし、
「正しい」と信じ込んでいる人には「視点が違う」からその言葉自体が届かない。

 言葉が届かなければ、人は「からだ」を使って「しゃべる」しか手段はなく、
手っ取り早く伝わる手段がじつは「暴力」で「他者」を傷つけることなのでは?

 だから最後のところ、思う存分、「あなたは正しい、と思っているけど、じつは違う」と
幼馴染の女の子は長男に思う存分、ふんだんに喋らせて、それでも伝わらない、
で、自らの身を差し出して「わからせる」ように仕向けた。

 赤の他人はその言葉に目が覚めて、新しい自分を歩き始めた。
身内はまだ自分自身の「正しさ」に酔っていて、本当の声を聞こうとしない。
発達障害の兄を拒否し続けている、哀れというべきか悩むのです。


 ほんまに、正しいって怖い。
そして、「永遠に少年(少女)」だったのは、一体どっちだったのだろう?
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR