福岡女学院合同公演 「あゆみ」

「産まれて、生きて、死んでいく」 のリズムは、
歌うように歩き、歩くように歌うものだ。


 この「人生の名作」をわたしはこれで、都合3回見たことになるわけだ。

 さて、一番最初に見た本家本元の「ままごと」版は
演技面は長方形、長辺の正面と向こう正面に客席を入れ、
床面は歩きやすいゴムの床。

 次に見た佐賀の「テアトロこじーら」版は演技面が
円形で、これをぐるりと囲むように客席ができていて、
客席の隙間からも演者が演技面にアクセスできる作り。
床面はハコの構造である木の床をそのまま使用。

 これだけでも凄い違いが生まれているのに、
女学院の合同公演版はどのような形で「人生」を
表現するのだろう、とハコの中に入ってくると・・・。

 空間の形としては、ままごととおんなじ長方形。
違うところは床面にパンチカーペット、座席の作りが
長方形すべてを囲むように一列作り、表演部と客席との間は
ものすごく狭くなっている。

 更に、客席と表演部の境目より「身体言語を出しやすい」幅に
「内圏線」というものを引くかのように形、踵のヒールのあるなし、
ヒール自体の高い低い、という「違い」はあるが、色は「赤」で
統一されている靴が一足ずつ内圏線として「存在して」いる。
・・・やられた、こういうふうにでも「人生の違い」は表現できるのか。

 演者それぞれが着ている「色」は「始めの色」でもあり、
「おわりの色」でもある白、そういうことをつらつら考えていると
演者が身体と声を温め、いつでも動ける準備を始める。

 この戯曲の「肝」は「人間」というものの「産まれて、生きて、死んで」と
いう「出来事」とその果てしない繋がり、というものを圧倒的な
スピードと密度と精度で繰り返し、繰り返し、再現していく。

 がだ、全員女性と男女混合、という「座組」での「あゆみ」は
こうして見たことがあるが、全員男性という「座組」での
「あゆみ」は見たことがない、というか今まで挑戦したところは
あるのだろうか、そういうことを気にしていたらもう始まっていた。

 いろいろな体のサイズ、顔の作り、それぞれが同じで、それぞれ違う、
ここに「子供遊び」の「言葉遊び」というもので「文化」の違い、と
いうものを織り込み、演者自身がこの学校で訓練してきた
様々な「演劇のスタイル」で「歩き」、「話して」いくことで
人生の「断片」一つ一つをじわりじわりと見せていく。

 着ているものも、ふんわりしたり、かっちりしたり、
子供ぽかったり、大人ぽかったり、男性的でもあり、女性的でもある。

 こうして、人生、というか人間社会に存在する、色んな物が
混ざって、集まって、輪になって、ランダムに動きながら、
歩きながら、「足」をめぐるお話から「言葉のパス回し」という
「演劇」をおっ始める。

 色んな所で「言葉のパス」がよくまわるから、いろんな「人生」や
「生活」のすべてがよく見えてくるし、よく見えてくるから
「いじめ」や「差別」の構造がうっすらながらも良くわかる。

 更には四方八方からいろんな人が飛び込んで、
「黒の外圏線・赤いくつの内圏線」それらの間にある「空間」も
「時の流れ」として効率的に使い、小さな出来事は「内圏線」の
靴の間から出入りをし、大きな出来事は四隅の大きなスペースから
出入りをする、という「規律」のもとで「産まれて、生きて、死んで」と
言うものを一定の方向でぐるりと回って見せている。

 ぐるりと回ってみせるところからどまんなかの表演空間に入れば
「演劇的な自由」をもたせたムーブ、マイムができる、
ある一定のリズムで、それぞれがそれぞれの人生を「歌って」いる。

 この「人生の歌」がままごと版は「演劇」というものを「ガチ」で
「職業」にした「女性」であるがゆえにきちんとした
「コンテンポラリー・ダンス」や「コンテンポラリー演劇」になっていて、
そうなっちゃうと「わたしの人生」ではなく、「他者であり、異性の人生」と
言うものをただ、流れるがままに見ている、という感じだった。

 こういう感じが佐賀のテアトロこじーらになると
「演劇と人生」を楽しんで生きている老若男女が集い、
「人生ってすごく楽しい」という喜びを「演劇」を使って見せつける。
この喜びを喜びのまま見ている、という感じに転じた。

 さて、女学院版は「考えや思いを言葉で伝える、その手段として
演劇、というものを学ぶ」人間と、「演劇自体が好きでたまらない」と
いう人間、「演劇」を「役割」にしている人間、それぞれの集合体で
おまけにキリスト教系の学校である、というバックボーンが
「賛美歌」というリズムとして「もしも」というところまで含めた
「人生のすべて」を「走馬灯」のように見せている。

 ・・・ひとつの戯曲でもいろいろな見せ方、感じ方があるんやね。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR