鹿児島演劇見本市(その二)

 さて、各演目ごとの話を始める、という本題に入ろうか。
今年も2演目ごとに区切って話をしよう。

アクターズファクトリー鹿児島


 去年、なかなかの出来を見せた「ワンダー3」のような
お話の続編で勝負をかける。
美味しくないどら焼き、家族なのに威嚇してる、
言葉は褒めているが、気持ちは褒めていない言葉、
微妙なセンスのお洋服。
それぞれの登場人物が突拍子な登場。

 お話の流れが「地獄を見たあの日から・・・。」という感じで
なんとか前回を受けたくすぐりは効いている。
この展開を受けて場所は砂漠、どうも見えない敵に追われているようだ。

 「疑心暗鬼が止まらない」空気はよく出ている。
ここにどこか頭のネジが一本どころか数本抜け落ちている
「マヌケぶり」というキャラクターが絡めばいい感じなのだが。

 ・・・うーん、どうも「小細工」というものに頼りすぎているなぁ。
演者のスケジュールの関係やなんだかんだ、というのはわかるねんけど。

 「見えない敵との戦い」→「天下御免の向こう見ず、生き残る」
→「新しい、見えない敵に怯える」→「家族と言う名のワンダー3、再結成」
→「それゆけ、ワンダー3」という全体的な流れなんやけど、
20分ではどうも密度はスカスカ、精度もかなり厳しい。

 というわけで、どういう物語だったか確認するために
本家の「ワンダー3」を改めて見返したいが、おやすみしている自分が。
・・・とすれば、一回「ワンダー3」から離れて、一昨年のような「ガーリーさ」を
全面的に押し出した短編の組み合わせ、というやり方もありだったのかなぁと。


劇団CLOVER


 海はよ~海はよ~、と村木和夫の「おやじの海」が聞こえてきそうだ。
「伝説のマグロ」を追っかけている漁師の男が奥さんの出産に立ち会う為、
ある産婦人科にやってきて、なんだかんだと。
まあ、漁師という「お仕事」は半端な感覚ではできないわけで。
そういうことがテニスの松岡修造を彷彿とさせるムーブマイムで
表現はできている。
 ここに、「望まれない妊娠」というものをしてしまった
若い女の人が絡んできて女の人の両親に「言い訳」をするお話が混ざり、
「演劇作品の中で、生活と言う名の演目を演じる」という「二重構造」を
仕掛けてみる趣。

 この仕掛けが、「女一人で子供を産んで育てる」ということの
「大変さ」というか今の時代と社会状況のきつさ、というものを
うまく表現できていて、「沢山の愛」というものの重たさが
じわり、じわりと伝わってくる。
だからこそ、生まれてくる子供はどういう形であれ、大切にせにゃならんのですよ。

 ・・・うーん、漁師の奥さんの「出産」が大須賀洋幸(名前、間違えたら申し訳ない)の
「それはエノキダ!」にある苗字、名前は忘れたが「テキトー夫婦」の
「あっお腹痛くなった、食べ過ぎかな」で病院に行ったら実は子供ができていて
臨月で即出産、というエピソードを彷彿とさせる。
ここに次公演の「もっとほめて」を絡めてうまくまとめたな、という感じ。
またしても「お客さんをぐっと掴んで放さない」をしているが、
その姿勢を強固にするための方策を考えないと、「競争相手」は多いぞ。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR