宮村耳々×森岡光「おとこのこと」

ふたりはふたご、にてないふたご。

 今回はいろんなことでじじに助けられた。

 それはさておいて、北九州市小倉界隈は意外と中立的な場所であり、
風土を持っているので、多種多様な「おしゃれ」というものが
「昔からここに存在している」かのように自然な形で馴染んでいる。

 故に、表演空間のつくりや、その他もろもろも結構エグいところが
あっても、内蔵されている「場」自体に自然な形で組み込まれている。

 この演目を見る前、もりおかとじじの「関係」はもしかして、もしかして
「女性同性愛者」の傾向があるのでは、なんてことを
うっかり考えてしまう。

 更にはもりおかが去年の春辺りに「ある男性」との恋愛トラブル、
というもので心身ともに疲弊して本拠地である熊本という街に
いられなくなってしまった、というリアルなお話を知ってしまい、
北九州の方に一時逃げて誰かの家に転がり込んで、
それから対馬の祖母の家へ移動して、地元の小学校で
それとなく働き出したら心身の疲弊が取れ、熊本に帰る。

 この一連の流れと心のありようや動きをおーさこが「戯曲化」したのが
不思議少年の「棘」だったのかもしれない。
・・・だから、キーとなる場面で「対馬の子守唄」が出てきているのか。

 で、この戯曲で語られなかった「空白の部分」を編集して、
「戯曲化」した、それをじじともりおかがそれぞれの流儀を出しあって
二人芝居に仕上げる、というのが今回の趣向。

 そんなことを考えつつ、見手も表演空間の回りで演目の違う
「演劇」という「作品」を偶然かつ、同時多発的に作り上げていく。
その様子を眺めて、表演区間の真ん中にあるソファ、その回りに
お菓子とジュース、お酒、そして洗っているのか、いないのか
よく分からないお洋服と靴の山がやけに気になる。

 いわゆる「汚部屋」というのだが、食べ物は封を切っていないし、
飲みっぱなしの食べっぱなし、という事態ではない。
これを人は「清潔感のある何とやら」というのだろう。

 この場にまずは化粧っ気のないザラザラした「素」のじじが
ヌボーっとした顔をしてソファーに座り、そこに置いてあった
パソコンを弄って、しばし脱力、それから鏡を股に挟んで
外の顔へと「化け」始めようとする。

 その間にも見手による「演劇」という「作品」は続いていて、
ここに「前説」という「演劇作品」が終わると本編が。

 ・・・最初からおどろいたではないか!!
さわりがじじのウィスキー、瓶からそのままラッパ飲み。
そういうムーブを見せられると、おいおい、これがリアルな
私生活、だとしたらそうとうえげつない。

 さらに、飲み終わると窓を見ながらだらだらぐだぐだ、
なんか大事なことがあるのだろうが、それをすることが
なにか億劫になる理由、というものがあるのだろう。
その空気を匂わせていると呼び鈴がなって数回無視を
決め込んでいると下心らしきものを隠したもりおかが
大荷物とともに登場。

 家出なのか、旅行なのか、この場所にいつまでいるのか、
本拠地に戻るのか、戻らないのか、戻らない、としたら
どこへ行って、あるいはとどまろうとするのか、というように
もともと「悩み」なんて持っていない、感じていない人が
「言いにくい事情や言葉」を抱えてやってきたら尋常ではない
ことが起こっている、状況をじわじわ見せながらも
とめどない会話がひと通り続いている。

 とめどない会話はいつの間にか「得る」ことと「失う」こと、
「満たす」ことと「欠ける」こと、それぞれどういうことなのか?
という深いところまで中身が発展し、突き詰めたところで
じじが突然「わたし、明日結婚するねん、けれど不安でたまらない」
と話しだし、見手に左の薬指に目を行かせるように仕向けている。

 ・・・おいおい、じじ、リアルで結婚しているのか?
そういうことは早く言え、なんてことを考えていたら
お話は「もしかしたら彼女たちは双子の前世を生きていた」かも、や
「もしかしたら彼女たちは同級生として同じ学校にいた」かも、という
「もしも」という展開に舵を切り始め、またなんだかんだあって
お互いが抱えている何かを吹っ切って、それぞれ別れる。
もりおかは大荷物を忘れて、というか置いていって。

 ああ、これが「輪廻転生」というものかもしれないし、
こうして「人生」というものは男女問わず果てしなく続いているのだ。
この果てしない「輪廻転生」の中で「愛」というものや「好き」というものに
考察を重ね、少しずつ賢くなっていくのだろう、何代にもわたって。

 この、少しずつ賢くなっていくさまをいつものようにナチュラルに
「わたし」というものを演じて生きるもりおか、それを受けて
「鏡の中」にいる「もうひとりのもりおか」をじじが演じて、
なおかつ、じじはじじを演じて、生きているという趣だったのか!!

 そこには「同性愛」というものは余計なノイズとして、
入れなかった、というか入れてはいけなかったのだろう。

 さて、終演後、福岡の演劇業界、女優さんについて
じじと少し話し込んでいたら、「もりおかは別のルートで云々」という
話があったから何かあったのだろう、と思って後日フェイスブックを
見たら、驚いた。
・・・二兎社「書く女」にもりおか出演、北芸リーディングと同じ役で。
そういうことだったのね、でじじは「もっとうまくなりたい」と言っていた。

 だとしたら、今の「フリーランス」状態ではちとしんどいぞ。
宮崎「演劇時空の旅シリーズ」が原則として「フリーランス」の
俳優、女優に門戸を閉ざす現実があるわけで。
だとしたら、少しきついかもしれないがどこかの所属になった方が
「もっとうまくなる」道につながるかもしれない。

 ・・・助けられたお返しにこういうことを言ってみる。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR