万能グローブガラパゴスダイナモス「ひとんちでさよなら」

 これが「演劇」という「人生」。

 わたしは去年の9月から今年の3月まで
「チーム」というものを作り、その中で「やりたい」と決めた
「立ち位置」の中でやらなくてはいけない「役割」と「職務」を
きちんとやって一つの「演劇作品」を作るワークをやり終わり、
継ぎ目無しで「ガラパサダー」という「集客作業」でこの作品に
「間接的」に関わることとなった。

 ワークの中で学んだやり方をいろいろ工夫しながら
この作品の「次」に繋がるようにいろいろ動いては見たものの、
いろんなことを抱えすぎて、疲弊がひどくなりすぎて
最後の一手「鹿児島、大分のライン作り」まで出来なかった。
そこまで詰め切ったら目標の「1500人動員」が
現実になったのかもしれない。

 そういうことはさておいて、表演空間を見て、驚いた。
・・・家一軒そのまま、というか、ここに「本水」が加われば
まさしく「ラッパ屋」が公演を打つ空間そのものだわ。
ラッパ屋は東京都三鷹市下連雀の「風情」なのだが、
ガラパが作った「風情」は福岡県糟屋郡志免町に於ける
「それ」がイムズホールに再現されていたわけで。

 ・・・最近、急速にこういうような「風情」がなくなっている。
時代、というのななんなのか、少し悲しくなる。

 客入れ音も何故か懐かしく、けれどもあたらしい。

 こういう「緩んでいる」よりも「解けている」空間に
姉と弟が15年ぶりに訪れる、というところから「ものがたり」が始まる。

 今までのガラパより、「ものがたり」の圧が半端ない。
いつからか「棲み着いた」得体のしれない謎の中国人・・・じゃなかった、
香港人の女やら、これまた謎の泥棒夫婦、お次はお水のお姉さんなのか、
どうなのかわからない女、おまけに「隣人」と言いはる人まで
「魑魅魍魎」の小物がぞろぞろと登場してカオス、というものが
えげつなく出ている。

 そらそうさ、一度「生活の輪」から離れて別の「生活の輪」に
組み込まれると、あるいは作ってしまうと、今までいたところに
戻ることが難しくなるのかな、というかもう戻れない。

 けれども、この「生活の輪」から離れて15年も音信不通に
しなければいけなかった事情や理由を「ものがたり」の中で
少しずつ、少しずつ明らかにするのが第一の肝。

 少しずつ、少しずつ明らかにしていくのだが、さすがガラパ、
仕込んでいる「ネタ」の質量が半端ない。
一つ一つの「ネタ」の質量が半端ないからその場に存在している
殆どが「うそ」なのに「現実」として見えてしまう。

 舞台上、というか、「板の上」で「現実」という「うそ」、
もしくは「うそ」という「現実」が起こっている、それくらい手の込んだ
凄いいたずら、というか、凄い仕掛けの「演劇」、もしくは「動く落語」と
いうものを見せつける、これが第二の肝。

 これらふたつの肝を効かせれば効かせるほど、
かつてここの、ここら近辺の「住人」だった姉と弟の「祖父」が
実は「生涯現役の大泥棒」で手口は「演劇」というものを使い
相手を「騙す」というか「引っかけて」たくさんのものを盗んできた。
という「キャラクター」がじわじわと見えてくる。

 だから、家中に存在しているものすべてが「ふたつずつ」なのか。
で、その「謎解き」を姉と弟にさせて、素質があれば・・・だったのか。
こうなると、「謎解きの謎」が仄かに見えてきて、もしかしたら
ここに存在していた姉と弟以外の「魑魅魍魎」は
みんな祖父の「仕事仲間」だったのかも。

 だとしたら、姉と弟の両親が祖父の元から「離さざる」というか
「引き剥がさざる」を得ない事情というか理由はこれなのか。

 私達家族はこんなにまっとうに生きているのに、
「所詮、泥棒の子供は泥棒でしか行きていけない」という
視線を始終不特定多数から受けていたのだろう。
その視線が嫌で嫌でたまらなくなり、止めとして15年前、
「隣人」と言い張っていた女の人を「後添」にしたことで
縁を切っちゃった。

 その後、祖父はじわりじわりと泥棒で蓄えた「財産の殆ど」を使い
姉と弟に対する「謎解き」という「演劇」を「仲間たち」と
ともに「仕掛け」て作ったわけだ。
で、弟に対する「謎解き」という「最後の仕事」を果たして
どこか遠いところに行っちゃった。
皆が抱えていた「困りごと」まで全部解決して。

 こうして、行き違い、すれ違い、勘違いの「三違い」に
「忘れないで」、という思いが重なり、これらが落語のような
「地口落ち」でラストを作られるとものすごくたまらなくなる。

 ああ、これが新しい「ガラパ」の始まりなのか。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR