劇団tempa「ペンタゴンの侵入者」

福岡のガラパも凄いが、広島のtempaも凄い。

 「お客様をうまくもてなす」、そしてきっちりと
「演劇という技術」を体に叩き込む、という独自の「方法論」を
持っている、というふたつの点で福岡の「ガラパ」と
広島の「tempa」はものすごく似ている、というかおんなじだなぁ、
そんなことをここ数ヶ月考えている。

 ガラパは「ガラパサダーパス」という形で観劇コア層に
「伝播」(インフルエンス)の役割を分担させて、
新しいスタイルでの「広報」を確立させつつあるし、
tempaは広島県外から見に来た観客に「侵入免許証」なるものを
発行し、次と次の回の公演チケットの割引やら、何やらをするらしい。

 おまけに、地元のミニFMで持っている番組の中で
積極的に九州の劇団を紹介しているとのこと。

 「おいおい、そのネタはそこに入れていないぞ」というところまで
取り上げてしまっているからこそ、
「ここまで広げて、ありがたい」という思いが生まれ、
その思いがこっちも広島ネタを福岡・九州に伝播する策について
更に模索していかなければ。

 これが来年、自分の課題やね。

 そんなことを考えつつ、ハコの中に入って
「物語」の空気にまずは慣れてみることにする。

 今回は、白、白、白一色。
客席に今回は「劇団メール直販・1公演5席限定」で
「指定席」を設定するとのこと、どういう形で指定席を置くのか、
一度見てみようとしたら、自分が見た回は
どうやら、指定席を希望する人がいなかったようだ。
「○○様お席」という張り紙が特定の座席になかったし、
どう案内するのかわからないまま、考察の世界に戻る。

 表演空間はこの劇団がこの場所でやるときは
大体「外に向かって」、もしくは「外を活かして」という
作りをするのだが、今回は五角形などを場所の中央において、
その周りを客席で囲むことを選ばず、ガチの「シアタースタイル」を
あえて選んだ、そういう趣向になっている。

 この感じ、空気感を見て、自分はかつて見た
「アマヤドリ」という劇団が演った
「幸せはいつも小さくて、東京はそれよりも大きい」という演目を
うっかりと思い出していたら、もう本編が始まる。

 今流行の「シェアハウス」、その中には女が4人と男が1人、
空間の作りが「内に入る」感じで、ものすごく閉ざされていて、
「外への逃げ道」というものが演者の「外への」ではけ口を兼ねた
小さい扉一つだけ、その中でフォーメーション・ワークを使い
「閉ざされた人間関係」を一通り見せて、閉ざされた世界の外は
なにか尋常ではないことが起こっている、ということをそれとなく
指し示す序盤の流れ。

 全体の流れは「人生」そのもので実際に起こっている
行き違い(というか生き違い)と擦れ違い、そして勘違いを
「ガチの演劇」に落とし込んでいる。

 その「落とし込み具合」が「自立する」とはなんぞや?とか、
「同時進行」している「人生の諸々ごと」において、
何を「優先して」、どこに「集中させて」いくのか、
肯定もできない、否定もできない、けれどもつなげる準備はしなければ。

 結果、とにかく変化が必要になってきて、その「変化」が
どういうものなのか、具体化してどう動かしていくか、
というか私たちは「変え方」自体がわからない、という
「できない」怒り、「やらされている」怒り、「分からない」怒りを
抱えて「新しい波」を乗り越えようとしてる。

 ・・・そこには「快」と感じることを拒否してしまっている、
あるいは拒否してしまった重さが「存在」しているのだが。

 こんな「重さ」を見た目は軽くあっさりしながらも
深く踏み入れれば踏み入れるほどとても重厚。
重厚だからこそ「敵はわたしの外になく、わたしの中にいる」ということを
それとなく感じるように出来ていた。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR