鹿児島演劇見本市(その三)

 ・・・大分のフーズ見学の合間に書けるかな、
なんて思っていたら肝心のネタ帳を忘れて、
最新のところから書いちまった。
てなわけでサクサク行くよ、サクサク。

演劇ジャッド会チームフルエ


 今回は「賽の河原」。

 人は「生きる」について、充分注意するが、死ぬときは死ぬ。
やりたいことが山とあっても、ある日突然に「秘密の階段」の
入り口へと進まされて、あとはいつもの様に面接、と言うか
尋問を受けて今後の処遇が決まって、というのだろう。

 言えることは唯一つ、「苦しまなければいけない時に苦しむ」。
こういうことが目に見える色調、耳で聞こえる色調を白で統一することで
きちんと表現できている。

 で、ファッションの世界のなんだかんだによって
「賽の河原」に迷い込んだ女の子が
「不思議の国のアリス」を思わせるくらいの案内ぶり、というか。

 そして、白で統一されていた空間から
「色が戻った」ときの「華やかさ」の裏にある
なんというか、空っぽの虚しい感じが足下に渦を巻いていて
いつどこで巻き込まれるか、分からないところまで見せてやがる。

 空っぽの虚しい感じに巻き込まれると、何もかもが嫌になって
今まで持っていたたくさんの「つながり」がどんどん切れていって
「ひとり」になってしまいがち、そうなると「死」というものに
引っ張りこまれてしまうのだ。

 がだ、この世で散々泣いたのならば、あの世で泣かずに済むのかな。
この世で散々他人を泣かしていい思いをしたのならばあの世ではどうなるのかな。
そんなことをつらつらと考えた見後感。



演劇集団非常口 


 やっときました新作が。
物語の入りはものすごく詩的。
けれど、なんかえげつないほどリアルな入り。
・・・新水俣駅から裏の山を抜けて、大口に至る道、
あの道のカーブの具合い、そして標高差をずんずんと上がっていく、
そんな感じが板の上で表現されている。

 自分たちが普段生きているところより標高が高い、という
感覚を持って「男と女の葛藤」というものを見ると
こらまた、なんとも言えない。

 家族がいて、普通に生きている男が何の因果か知らないが、
美しい女の人に出会って、いけない関係になってしまう。
戻りたいのだけれど、「霧雨」によって足止めを喰らい、
永遠のグルグル廻り。

 これを見て、見本市に行く前、天文館のブックオフで
たまたま立ち読みした東村アキコの「主に泣いてます」という漫画を思い出す。
・・・世の中には二つの「美人」が存在している。
その美しさを武器にして人生をのし上がってきた「美人」と
美しすぎるが故に「普通の生活」ができず、
いたるところで誤解を受けて傷ついて、いつも涙を流している「美人」。

 「普通の生活」ができない、されどこの美しさを使って
上を目指すこともかなわない悲しみが「霧雨」によって包まれている。

 そして「霧雨」に包まれた場所を離れ、また標高を徐々に下げて
いつの間にか「日常」へと降りていったと同時に何かが消えている。

 そういえば、東村アキコは宮崎の人間だったよな。
こういう「霧雨」のような美女の悲しみの描き方は
南九州の持つ独特な感覚なのだろう。
てなことをつらつらと思った見後感。

 このふたつは「女性」というものの切なさ、悲しさつながりなのかな。
お金やモノに恵まれることと、心に恵まれる、という二つは両立できない。
だとすれば、どちらを選べば、というか、「命」はそのどちらか片方に
無理やり「運ばされる」、詳しいことはあの世での「尋問」で聞かれて
その後の処遇が決まり、また次の「生」を生きていく。
何もかもが消去された「まっさらな状態」で。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR