さばと座「そしてサンタ・マリアがいた」

「Zeus,Quo Vadis domine?(主よ、あなたはどこへ行く?)」

わたしたちにとって、「信仰」とはなんぞや?
・・・そもそも、わたしたちには「信仰」というものを
持っているのか、持っていないのか、正直わからない。

更に言えば、わたしたちにとって、「神」や「仏」とは
一体何なのか、訳がわからなくなる。

浦上の天主堂だって、大浦の天主堂だって、「ガチの信仰」が
行われている教会には入り口入ってすぐに「賽銭箱」があり、
「賽銭箱」より前の祭壇に近いところは「異教徒たる」わたしを始め、
その教会の近くに住んでいるクリスチャン
(プロテスタントは含まない)しか入れないようにできている。

この件に関して、「差別だ」と思おうとしても、
「至極当然」と思おうとしても、かすかな違和感が残る。
この「違和感」が「頑なさ」というものなのかもしれない。

さて、話題は変わるが、カトリックを始めとした「キリスト教」と
「名前」がつく前、ローマ時代ではこの「信仰」に
どういう「名前」をつけていたのだろう?

諸説紛々あると思われるが、シェンケヴィッチの「QUOVADIS」では
「魚」と物語の中で「名前」をつけていた。

そんなことを考えていたらいつの間にかもう本編。

ひと通り見て、改めて思った。
徳川時代は私たちにとって、西洋でいうところの
ローマ時代だったのかもしれない。
「権力の周辺」はあまりにも退廃的、更には「異者」と
「他者」を切り分ける手段として
「信仰」を悪用し、その「罪悪感」を「同調圧力」という形で隠して、
ごまかしている。

 これが、「魚の信仰」に対する「弾圧」や「イスラム」に対する
「十字軍」へとつながっているのだろう。

この部分が「にほん」という「文化」では結構小奇麗で、西洋のように
野蛮さがないゆえ、見えにくく、わかりにくいことが板の上で
行われていることを通してよくわかるように物語ができている。

浦上、天草、島原、という土地が江戸時代以前、
どういう状況になっていたのか歴史に少しだけ疎い
わたしはよく知らないが、「純粋な信仰」を受け入れる余地があり、
「純粋な信仰」を受け入れたが故に「良心、というものは
とても弱いものである」という「事実」を知り、
そうすることで「良心に背いた」時、どうすればいいか
「対応・対処法」をきちんと心得ている。

これらはまさに「純粋な信仰」と「同調圧力」との
静かながら壮絶なるたたかい。
この「たたかい」を体験した子孫たちが「演劇」で追体験するから
より「たたかい」の持つ圧が真実味、というか生々しく迫ってくる。

そう思うと、Quovadisの世界を2016年の私たちも生きている、
現在進行形で、だとしたら私達を救う「信仰」はなんなんだ?
 
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR