鹿児島演劇見本市(その五)

 エグいくらいに大変なことになった。
せっかく演出家協会という場所にわらじを預けられた、というのに。
どう言えばいいのだろう、「編成の見直し」ということが
また変なタイミングで現れて、戸惑っている。
・・・まあいい、諸々ごとで溜まっているスカウティングレポートを
書き進めるにはいい時間帯だ。

演劇ユニット火曜市 


 やられた、しくじった。
前二つがあまりにもヘビーだったものだから、
お手洗いがてら息抜き兼雑談をしていたら、もう始まりそうだ。
おまけに、電源落としたはずの携帯電話が(以下略。
結果、バタバタした感じで物語に入る。
 ・・・がだ、このバタバタ感がみょうにしっくりきやがる。
まあ、中身はどうってことない学園モノ、それも
公立学校ならではの「縛り」がくすぐりとして効いている。

 ある意味尋常じゃないぶっ飛び感、けれど別れの切なさやら
新しい始まりやらが程よく混ざっていてなんとも言えない見後感。

 ヘビーなものを見たあとにはいい箸休めかな。



SATUMA OG'S 


・・・ムーブマイムで「見せること」はできていた。
物語の「処理」も5W1Hに沿った連続感をもっていた。
がだ、意図的なのか、何なのか、よくわからないが
「ルパン三世」の「ものまねショー」というものを
「演劇」の流儀、というか「吉本新喜劇」の流儀で・・・。
というわけで、重たいお話を「エネルギー過剰」で見せてしまっているから
微妙に退屈してしまい、露骨すぎる「ステルスマーケティング」が加わって
正直、ドン引きだった。
オチの付け方もなぁ、あらゆる意味で(以下略。


 こういう軽めに「うふっ」と微笑むことのできる作品を入れられるのはさすが。
けれど、「うふっ」の中に「雑味」を入れてしまったらどうなるのだろう?
ロイジさんはこの「うふっ」のさじ加減が徐々にええ感じになっている。
子供が生まれて「主婦うふふ」具合に変化できたらもっとええ塩梅になるのかな。
・・・あとはなにも言うまい、なにも。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR