(劇)池田商会「クロキモノ」

「争いとは、実に、実に、無益である」

そういえば、この劇団、結成15周年の記念すべき年なのに、
なんか見る自分の身にこの劇団の公演ごとにいろんなことが
ありすぎたのでレポート書くことや、見ることができなくなってしまった。

更に言えば、人生、というものが唐突に動き出したんで
有利な日程変更が出来ず、動き出す前の予定を粛々と動かすしかない。
もう少し、人生のソロバン勘定うまくなれや、と言いたくなってしまう。

ああ、頭痛い、医療保険のことがうまくいかないとしんどい、
けれどもキャンセル続きはというわけで、ぎりぎりまで粘って
家を出て、ぽんプラザホール、中に入ると「黒木の大藤」を意図した
恐ろしくシンプルな空間のつくり。

いままでの「瀧猫組」はNHK大河ドラマの「小型版」の作りで、
あまり知られていない「福岡の歴史」をしっかりと見せる趣向が多く、
おまけに時間が恐ろしく掛かり過ぎる。
一本120分は当たり前、ヘタすると180分、という恐ろしいボリューム感。
今回もそうなることを半ば「覚悟して」見ることとしよう。

結論、いや、まあ、すげぇものを見せて貰った。
「時間」のコンパクトさや、シェイプ具合もさることながら
劇団にとっても、つくり手にとってもある意味「分水嶺」の一作になった。
 ・・・初日一発目に行かなかったことを心から恥じるくらいの出来。

福岡八女黒木で起こっていた「史実」をシェイクスピアの「マクベス」という
「戯曲」を借りてやっているから身に着けているものの一つ一つが
「マスケティアーズ・パリの四銃士」のような革製の装甲や
フロンターレ(前飾り)を使うことによって、
日本ではないある種の「異世界観」を醸し出している。
けれども所作の一つ一つは純和風。
さらにガチの「シェイクスピア」演劇文法ではなく、蜷川幸雄の演劇文法で
「マクベス」と「福岡八女黒木」で起こっていた「史実」を融合させている。
「客単価」が高く、見に行くことをためらった自分でも蜷川幸雄の演劇文法は
こうだったのか、ということを想起させてしまう、そういう作りになっている。

蜷川幸雄の演劇文法に必須なのは「群衆」と「音楽」、そして「花」らしい。
その必須をうまく混ぜ込んでいる、「群衆」というか「雑兵」を今回は
全出演者一回は演るように、というのもそうだし、始終程よい音量で
クラシックが「客入れ音から」鳴っていたのも、藤の花も、女人が
簪で挿していた花も全てそうだ。

そういう「仕掛け」を入念に施したから最初の数分で物語に入ってしまう。
こうなってしまうと、古今東西、「争いとは実に、実に無益である」と
いうことを「演劇」というものは恐ろしいくらい鮮明に表現できる。
おまけに「演劇」というものは「何者でもないわたし」が
「わたし」になるために
どうするか、いつも模索する「作業」であり、
その「作業」はこれまた
古今東西、「形」を変え、「品」を変え、
営々と続けられているということまで
想起させてしまうように持っていかれる。

特にとどめを刺そうとするときのセリフ、「奴隷と言われて(中略)
どれだけの人を斬ってきたんだい?」というところが
心に強く、強く迫ってくる。

人間は己の欲に「負けて」、つまらぬことで争い、その「結果」に怯え、
虚勢を張って、最後はすべてを「呪い」、滅ぼしちまうんだよなぁ。

ああ、この劇団はある意味、アングラの演劇文法を手に入れて、
ものにしてひとつ上の段に上がるだろう、その「瞬間」を
見てしまったのかもしれない。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR