中野成樹+フランケンズ『夏の夜の夢』

都会の狂気とファンタジー。

「夏の夜の夢」って、演劇をする方にとっては
ある種の「通過儀礼」的な戯曲だ、ということを今回の公演で
遅まきながら知ることになった次第。

となると、見手である自分にとって、ある程度の本数・バージョンを
見ている「はず」なのだが、実際には数年前の
「ぽんプラザホール開設記念・九州福岡演劇祭」で
ガラパの川口さんが戯曲を整理し、gotoのごとーかおるさんが演出、
このバージョン「しか」実際には見ていないのだ。

そして、スカウティングレポート自体もクラウドに残す以前というか、
「戦争」に巻き込まれ、永遠に読めない状態になってしまった。

・・・宝塚歌劇版の「PACK」というものはかねてから見たい、
そして宝塚歌劇100周年記念のラインナップに入っていたとき、
行ける、と踏んでチケットの手配をした。
けれども、「戦争」に巻き込まれたことによるカオスのため
行くことができず、チケットも現金化できず、
まあよかったことといえば、九大大橋キャンパスでの
アートマネジメント講座、最終シリーズの総まとめ公演
招集日に間に合い、なんだかんだありながらも完走して
この公演を「見手」以外の立場で迎えることができた、それだけ。

・・・今回は「見手」ではなく、受け入れ側の制作兼、
クリエイター側と受け入れ側の間で「状況を整える」立ち位置の
丁稚奉公、という立場で公演を見ている。


フランケンズ、という「劇団」の強みは「古典の語意訳」、
「戯曲」や「物語」の取っ掛かりを「いま」という時代にどう楽しく、
どう理解できるように「翻訳」している、このスタイルでどう料理するか?
「考える事」が好きな人はこういうスタイルにものすごくハマるけれど、
「考えること」が苦手な人は「なんじゃこりゃ」になりやすい。
ここをどういう形で「乗り越えて」いくのか。

これらのことを仕込み後から千秋楽終演まで一通り見ることができた。
というか、九州ではぽんプラザで「短編集」数本を
引っさげてやって来たけれど、四国ではこの公演が初登場、
どういうことをやって、何を見せるのか
掴みどころがない、ということで6月に東京で演った映像を
とあるルートで一通り見せてもらう。

その時感じたことはシェイクスピアの戯曲に橋田壽賀子作・
石井ふく子演出の現代日本「ホームドラマ」の空気をまとわせた、
故にシェイクスピア特有の「韻を踏んだ長ゼリフ」も
心地よく聞ける、空間の作りは基本的に「パジャマ・パーティ」で
「祝祭もの」が持つ「何か」を表現しているんだな。

そういうことを携えて一通り見ていくと、驚いた。
空間の制約上、東京で強く感じた「空間の立体性」はほとんどない。
その分、屏風、視野角度などをうまく利用した仕掛け満載の
表演空間を作り上げ、その中に「生活に追われる人間が存在している」
ゴミ、というか物が散乱している「場所」がぽつんと「存在」している。

・・・パジャマパーティ感、完璧に排除されているよ。
その排除された痕にいま・ここで現実に起きている
「都市の生活」が「これ、よく見るよね」という質感を伴って存在している。
コンタクトレンズ屋、というか、何かを売るための「ちり紙・ちらし配り」や
宅配ピザ屋、運送業者、コンビニエンスストアのそれぞれの日常が
同時並行や交差、混合を繰り返している。

この質感の高い「都市生活」にシェイクスピア戯曲自体の
「貴族」と「妖精」、
それぞれの恋愛にまつわる「行き違い・すれ違い・勘違い」が
混ざり、隠し味としてシェイクスピア戯曲では「貴族の祝祭」で
「職人・労働者」が「余興の演劇」をする部分を
つい最近まで世間を賑わせたSEALsに置き換え、
PEALsというパートタイム労働者(まあ、非正規雇用だわな)の
社会参加活動に変化させたところが効いている。

こうして「森のなか」と「都会の森」でリアルとファンタジーの境界線
ギリギリを攻めていくと、いろんなことをうっかりと考えてしまう。

特にSEALs、じゃなかった、PEALsのところ、
看板では「社会は舞台、ひとは皆役者。輝いているよ!」と謳っていながら
現実論をシェイクスピア戯曲の中のセリフ
「この演劇に出るのはライオンです、ロバではありません」と絡め、
社会参加したいけれど、戸惑っている多くのわたしたち、というところを。

この戸惑い、というか「疎外感」の前では
貴族や妖精の身体的・感情的な「コンプレックス」を嘆くことや、
「振り向いてほしいけれど、振り向いてくれない」や
その逆の出来事なんて、「社会にもう受け入れられている存在」の
贅沢すぎる悩みにしか 思えなくなってしまう。
 
そういう鬱屈感がたまりに溜まって、最終的にやる、やらないにしても
暴力的な悲劇、となりその強弱はパックのようないたずら野郎が
複数回・複数人が絡んでいるんだろうな、そのいたずらごとを思いつつ、
疎外感に対して、もう少し思いを深めていたらSEALsも
なんとかなっただろうに。

・・・そんなことを考えている。 
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR