劇団ZIG,ZAG,BITE「傷は浅いぞ」

「完璧たる人間=無茶振りが効く人間」ということ。

じわじわとおもいだした。
・・・そういえば、この演目、どこの誰かがやったかわからないが
見たことがある、そういうことを。

柿喰う客、というカンパニー自体はぽんプラザに始めてきた時
見に行って、おんなじ演目を愛知長久手の「カラフル」で見て、
最近読む機会がなくなったが「エル・ゴラッソ」という
ピンク色のサッカー新聞を効果的に使っているなと。

で、サッカーつながり、という流れで「露出狂」を見て、
れおさんの一人芝居、女体シェイクスピアをまた長久手、
「柿喰う客フェス」もラグビー第2テストマッチが味の素で
あるタイミングだったから行けるかも、と踏んでいたが、
15000円を用意するタイミングが悪く、どうにもならなかった。

こうしてみると「傷は浅いぞ」を柿喰う客、というカンパニーで
見た、ということはなさそうだ。

そういうことはさておいて、ざかざか雨の降る中を
辿り着いた先の空間はシンプル、シンプル、さらにシンプル。
パンチカーペットも何も敷いていない、素の木がむき出しになっている
平台を使って「高さ」というものを使っている。

もう少し「黒」というものを強調できれば大阪精華小劇場を
思い出させる奥の深い空気、というものができたのだが。

前説があり、音が徐々に大きくなって、ドカンと明るくなれば、
柿喰う客の初期作、その初演時よりも世の中が尖っている、
と言わんばかりの生々しさが板の上にぶちまけられる。

お話の背骨は「進め!電波少年」という
「生き残りをかけた芸能人に無茶振りを仕掛けて、
その反応を不特定多数の人間に晒す」という番組を
「生き残りをかけたアイドルという存在」に特化したものの裏側。

「無茶振り」というものは「無茶」のさじ加減が重要で、
振る側も、振られる側もこの「さじ加減」を間違えるとえらいことになる。
がだ、何らかの事情で加減をする「匙」自体を壊されたら、どうなる?

「無茶振り」というものが静かにエスカレートして洒落にならなくなる。
そのさまを見ながら、パラリンピックのことや神奈川で起こった
例の事件を考えてしまう。

人間、という生き物は「自分じゃ出来ない、できそうもないこと」を
いとも簡単にできる、要するに「無茶振りの効く」存在になりたくて、
なりたくて、たまらないのだ。

「無茶振りの効く」人間が世界中から4年に一度集まってくるのが
オリンピックであり、さらに磨きがかかっているのがパラリンピックに
集ってくる、そういうことをこの間やっと理解した。

けれども理想と現実の落差、と言うものを感じると、
その衝撃波は半端ない。
更に言えば、知らない誰かに「人として生きる」ということを
残酷な形で毀損されたが故の衝撃だったらどうなる?

踏みにじられ、毀損した人間を殺したい、てか殺しちゃう。
がだ、それは正当防衛ではなく、過剰防衛として・・・。

こういう猛々しさ、開き直り、切なさ、悲しさ、色んな感情を
歌舞伎の要素をうまく入れて見せていたのか!!
そんなことを感じて、家路につく。

スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR