南華八花(なんかようか)「野田版・真夏の夜の夢」

夏越の大祓。

永山さん、という存在が宮崎県立劇場の演劇部門に残した「財産」は
この板の上に立っている演者はもとより、裏で音や光を扱ったり、
客席周りの仕事をしていたり、そして客席にいるそれぞれだったのかもしれない。

そういえば、宮崎県立劇場の演劇部門、総責任者が変わるよ、
という話を聞いたのが去年の今頃、じわりじわりと総まとめとして
「演劇・時空の旅」シリーズとして「三文オペラ」をやろうとし、
新任者は新任者の色を少しずつ出し始め、完全なる引き継ぎの
「総まとめ」として、今までの「育成企画」で育てた演者を
「こういう人たちがいますよ、よかったら使ってあげてください」と
「紹介する」ことが今回の趣旨。

加えて、わたしもわたしで真夏に四国善通寺で
ほぼおんなじ演目の「現地受け入れ制作」として
丁稚奉公をし、公演が立ち上がるところから終演まで
いままで見たこともない景色をこれまた今まで
感じたことのない角度で見たものだから余計に気になる。

日程的にも、鹿児島の鳴かず飛ばず、熊本dengekiと
いい並びになっている、こうなったら行くしかないよね。
と気がつくと宮崎行きの高速バスの中にいた。

お風呂に入り、ご飯を食べ、のんびり歩いて場所に向かい、
ドアが開いて表演空間の中に入ると、驚いた。

演者はもとより見手の出入り口が夏越の大祓のとき、
神社の鳥居にくくりつける茅の輪ではないですか。
おまけに空調の具合も、客入れ時の明かり、
音の塩梅は、自分が四国などに行くときによく使う
某ネットカフェとほぼおんなじだ。

そういうところからじわりじわりと気持ちよくなる。
気持ちよくなるところに邪魔が入るとなんか(以下略。

こふく劇場の時と演劇時空の旅の時、
それぞれかける「負荷」は違うけれど、永山さんの演出の肝は
空間のつくりは「時の流れ」というものをその息使いまで
「可視化」する、ということ。
加えて、時の流れを可視化するための程よいフィジカル。

この程よいフィジカルによって、現実の季節は秋の入り口というのに、
夏越の大祓の空気がそこに出来ていて、
さらにいえば、そこに吹くはずのない風が吹いている。

空間の次は、お話についてだな。

シェイクスピア×小田島雄志×野田秀樹というかけ合わせ、
組み合わせは、どこかしら歌舞伎を始めとした古典芸能が混ざって、
「古典」と言うには若すぎて、「現代」と言うには年を取りすぎている。

というか、「昔ながらの割烹料理屋の跡継ぎ問題」という
「世界決め」が微妙なところで古さを感じてしまう。
おまけにプロレス風味が所々に入り、森の中が
「富士急ハイランド」を彷彿とさせる賑々しさ。

この賑々しさに、というかシェイクスピアがもつ「祝祭的な」空間に
それよりも時代が後ろにあるゲーテの長編戯曲、と言うべきか、
小説と呼ぶべきか迷う「ファウスト」を野田秀樹、隠し味に混ぜてきやがる。

もともとそこに「いなかった」メフィストフェレスがそこにいる妖精パックを
「振り回す」、シェイクスピアでは「自発的」に周りを振り回していたパックが
野田版では「受動的」に振り回されて、さらに周りも右往左往してしまう。

故に、「行き違い・すれ違い・勘違い」の妙がくっきりはっきりしているよ。

というか、言わなきゃいけない時と言ってはいけない時、それぞれの時を
取り違えたら色んな意味でえらいことになるぞ、気をつけな。
えらいことの中で一番厄介なのは「相互不信から来る憤怒と憎悪」、
これが降り積もって爆発すると・・・。

この戯曲を書いてから先、野田秀樹の「基本テーマ」が今へと続いているのかな。

スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR