劇団鳴かず飛ばず「七芒星」

鳴かずとも、飛ばずとも、演劇はできる。

 神様は自ら努めるものを助くって本当だな。
これだから、「自ら努める人生」ということがやめられない。

 本当に久しぶりの鹿児島。
宮崎から夜行バスに乗り、その前に感じた嫌な空気によって
クタクタのだしがらとなって福岡にたどり着き、
ソラリア西鉄ホテルで朝飯を食おうとしたら、バイキングが
2200円+消費税8%ときたものだから血の気が引いて
新天町のフカヤでモーニングセット、パソコン立ち上げて
なんだかんだしていたらもうバスの時間。

 鹿児島行きのバスに乗ったら乗ったで
・・・また隣に人、だよ。
連休とは言え、正直嫌になる。
悪態つきすぎると警察沙汰になるし、適当に用事をして
あとはひたすら眠り込んだらもう鹿児島。

 KKBのファン感謝デーを横目で見ながら
駅地下の吹上庵に行くとこれまた人の波。
・・・10月8日は「そばの日」、というわけで
この日はいつもより量が少なめのざるそばとかけそばが
300円で食べ放題、とのこと。

 ま、海老天とか、かき揚げ、おにぎり、助六と言うサイドメニューを
取って・、少しでも売上を上げとかないと申し訳ないよな。
頭ぼおっとした状態で飯を食うと量が食べられないし、
人の波は途切れていない、長居という無粋なことができないから
ある程度腹が膨れたところで店を出て桜島行きの船乗り場、
船に乗って、温泉に入って、桜島観光をしたらもう時間。

 この鳴かず飛ばず、という劇団、今年で結成10週年とのこと。
うーん、鹿児島の演劇見本市で「手札」たる鹿児島の各劇団の
「仕事」を見て・・・・というか、その場でMCとか裏方をやっていた。
そして、初めて行ったときのMCのおねえさんが(以下略。

 ここから、鳴かず飛ばずを見るようになり、dengekiで
「薩摩島津」がかつて歴史の中でいじめられていた相手
「肥後細川」に喧嘩を売るような演劇を熊本でぶちかまし、
実力に見手がドン引いた翌年に「ガチのファンタジー演劇」を
持ってきて、見事に2位を取った。

 さて、この戯曲は「劇団☆新感線」名義なのか、
はたまた「いのうえ歌舞伎」名義なのかわからないが、
日本を代表するファンタジーかつエンターテイメント演劇。

 このエンターテイメント・ファンタジー演劇をどう咀嚼して
見手に「消化しやすい形」で提供するか、これが今回の肝。

 お話の流れはよくある「英雄物語」における
「代替わり」、というか「世代間闘争」を根っこに、
「故い存在」が「新しい存在」を苛めに苛め抜いて、
この「苛め」によって「新しい存在」は発達に問題を抱え、
発達に問題を抱えているから心が萎縮して戦うに戦えない。

 そういう「精神的葛藤」を「失敗を繰り返すことで学ぶ」ことで
心の枷を外し、「世代間闘争」に立ち向かう。

 この「物語」に日(火)・水・土・金・風・月(花)・雷という
「地行・天行」と「鏡の魔法」、こう書くと「忍者キャプター」を意識しているな、
というか中国の道教を意識した「気の流れ」に日本の歌舞伎、
中国の京劇それぞれの「技術用語(テクニカル・ターム)」を隠し味に加えると
「エンターテイメント・ファンタジー」というものに隠された
世界は日々刻々と変化している、故に不思議で面白い、ということを
わかりやすく、面白く伝えている。

 さらには「集団のエゴイズム」や「才ある個人のエゴイズム」が
「まだやれる」と意地を張る醜さまでも板の上に載せてきた。

 この様を見て、「エンターテイメント・ファンタジー」と
いうものがこの劇団の心意気なのだ。
そして、この心意気を貫くために今までやってきたこと、
これからやろうとすること、すべてをこの公演でさらけ出した。

 一つ一つはまだまだ荒削りかもしれない、けれども泥臭く
無骨に、時には無様に歩んできた、その10年が少しずつ
「形」になり始めた。
貫いていけば、福岡のガラパに近づくかもしれない。

 そこはかとない疲弊感を感じたため、
翌日の熊本dengekiを急遽キャンセルし、夜行バスでおとなしく
福岡に帰り、翌朝(以下略。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR