不思議少年「棘/スキューバ」

「許しを請う」相手は、「神」ではなく、
もしかしたら「存在している」、
あるいは「存在するはずだった」、
わたしたちの「子孫」に対して、かも知れない。

 ・・・洋画に置き換えたら「棘」は「エビータ」のエヴァに子宮がんが
見つかったところからあと、そして「スキューバ」は「フリーウィリー」、
突き詰めればマイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」そのものだわ。

 演劇丁稚奉公が進めば進むほど、いろいろな意味で厄介、且つしんどい。
新たな奉公についてのなんだかんだがなかなかうまく出ず、
わたしの決めた「アウトライン」に沿って流れは作るが、
一度出てきたら、手直し、すり合わせが多くて、あっち行ったり、
こっち行ったりでもう、どうしようも出来ないったらありゃしない。

 とうとう予約ミス、というやつまでやらかしたぜ、自分。
まあ、早売りだから最小限で抑えられた、というか、
もともとの予定でよかったのでは?としか言いようがない。

 結果、近鉄アーバンライナーのデラックス席、朝早い段階の
席はほとんど抑えられ、身動きのできないところに押し込まれ、
車内、後ろにお行儀の悪い猿三人がえらくうるさい、
ついたら着いたで、コインロッカーの空きがない。

 なんとか押し込めるもの押し込んで、道に迷いながら
場所を見つけ、ご飯を食べるもふと気づく、もうすぐ開演じゃね?
泡食ってきた道を戻り、ビルの19階まで上がって、開演に間に合う。

 ・・・にしても、名古屋の演劇業界って椅子の座部に
膝小僧丸めながら見る女のお客さんがいるんだ、と
感心、というかどう表現したらいいかわからないでいたら
もう本編が始まっているよ。

 前説があり、物語の導入部が始まると、どこからともなく
女の人のすすり泣く声がかすかに、とてもかすかに聞こえてくる、
そして、私の隣から、やおらに立ち上がって、表演空間にいる男の人と
「縁」というか、「運命」、あるいは「関係性(と言うもの)」を
結ぶ、あるいは作っている。

 今、ここで「結んでいる・作っている」関係性の相手は幻なのか、
現実なのか、もしかしたら・・・
という「存在」が現れ、彼女と「激しく」会話する、あるいは
彼女自身の「問わず語り」が物語の基本的な骨組みに
なっている、そういうところまで研ぎ上げてきた。

 「ほんの少しだけ」平凡だった女性、
けれども、非凡という存在になりきることができなかった。

 非凡になることができなかったら、「中途半端」な男を
うっかり好きになってしまい、
中途半端な男だからついつい「尽くしすぎて」、
うざく思われて、嫌われ、別れ、その反動で「サセコ」として
大学時代を過ごし、「サセコ」に飽きて社会人、若い男から
求婚されたものの、過去の辛い体験のせいで愛というものを
素直に受け入れられなくなった。

 逡巡の渦の中、ある日突然「結婚」が飛び込んできて、
お互いがお互いを認め合うゆるい夫婦生活の隙間に
高校時代の中途半端な男の影がこんどは飛び込んできて、
影、というかトラウマが再発して、夫に捨てられる。

 彼女はいろいろな苦労がたたり、子宮がんで余命幾ばくもない。
その病室で一人見ている走馬灯。

 この走馬灯というか幻想をわたしはじっと見ていた。
見ていると、数年前から交際して、近い将来結婚して
共に生きていきたいなといつも考えて、月一回あって、
話をしている女性のことを深く、深く考えていた。

 「大切な人」は「結婚」というものを
「一つ間違えたらお互いがお互いを沈没させそうで」
いつも怖い、と言っている。

 なんとかして、なんとかしないと、その前にお互いのことを
知らないとまずいよね、それからわたしは「大切な人」にわたしの
今までや今、そしてこれからを話すようになり、「大切な人」もわたしに
「大切な人」の今迄や今、そしてこれからを話すようになった。

 月一回の「会話」の内容と今、板の上で起きていることが重なって、
「大切な人」がいう「沈没する」ということの正体が見えて、
妙に私の心に引っかかってくる。

 子供の頃、「両親の離婚」というものを経験すると、
「依存する」と言う面で変な癖がついて、
親と同じ「離婚という経験」をしてしまうのでは、というところにたどり着く、
そして、この変な癖を知らない人についていき、心身のケアが
間違っているからよりひどくなる、そして親と同じことを繰り返す。
 
 そういうところがあるから「結婚」というものについて恐れを持っていた。
・・・だとしたら、わたしは「今」をより一層生きていくしかない。
その様子を見せることでなんとかできるかもしれない。

 これを「物語」で「見せた」のが「スキューバ」だったのか!!
自らを見つける、そして見つける過程を伝える、これが生きる糧。

 このふたつの演目を「アングラ演劇」と「コンテンポラリー演劇」
それぞれの振り幅の大きい、小さいをうまく使い、
更に言えば軸になるガチの演劇がしっかりしているから
人間の持つ「贖罪」と贖罪を「浄化する」物語に化かせてる。

 死の間際になると、人は「贖罪」を神に求めようとする。
けれども、神は人のこの行為を苦々しく思っているのでは。
・・・「俺じゃなくて、あなたの後に続く子孫に対して、だろ」と
そんなことがうっかり聞こえてきそうだった。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR