ゲキダン大河「海辺の伝説」

「差別」というものは放置すれば、全てを無くす。

 甘棠館でこの公演がある、と信じ込んでいた。
おまけに前の前の日に大分で九州演劇ミーティングがあり、
こっちは四国でハイ・パフォーマンス・マネジメントを学んだことと
どうすり合わせが効くか、ということでいく、とは考えたが、
ギリギリまで生き渋ってた。

 すり合わせをし、雑談をして、程々のところで珍しく、
そうだ、いつものわたしは終了間近までズルズルと参加して、
わけのわからんことになる、そこをこらえて電車のある時間帯で
すっ、さっと帰る。

 その妙なしんどさを抱えつつ、病院に行き、なんだかんだして
ハコにたどり着く、そしてドアがあくまで半分死んでいる。
半分死んでいると妙なところでぞろぞろと人がやってくる。

 ・・・おいおい、そこに並ぶのかよ?
恐ろしく疲弊した身体を引きずりつつ、列の後ろに並び、
ドアが開いて中に入り、位置に座り、ぼーっと始まるのを待つ。

 開演間もなくでもぞろぞろと人が前の方、前の方へとやってくるよ、
終いには開演すぐの状態でも数名目立つ入り方で。
こうなってしまうとますますアウェイ感が募ってどうしようもない。

 さらに、戯曲自体が博多女流作家特有の妙な気持ち悪さを帯びている。
そうだ、夏樹静子だって、高樹のぶ子も、さらには滝悦子もだ、
博多女流文学ってやつはどうも気持ちが悪くて、手にして、読んでも
ページの最後まで一回は読むが、「もう一回」へと踏み込めない。

 ・・・ああ、これだったら林真理子の「白蓮れんれん」を買っときゃよかった。

 そんなときに感じていた「正義の押しつけ」が持つしんどさ、
何とも言えない重苦しさ、というやつが昭和40年台、という
「アンシャンレジーム」と「ヌーベルレジーム」が同居している
時代と、空間のつくり。

 この白坂家という「アンシャンレジーム」が家長たる父が、
偶然の事故で死んで、お金のやりくりがままならなくなり、
いろんな「貸し」が増えて、返せなくなる。

 「金策」をめぐる攻防戦、「体裁」を整えるなんだかんだ。
そこに漂うは他者を見下す、わたしが見下される感。
お金がない、お金がある、ただそれだけで誠実でない振る舞いができる。
それはとても恐ろしい。

 見下した、見下された存在が、電話が止められ、ガスが止められ、
電気が止められて、お金をめぐるなんだかんだで差別の報いを受ける。
そうなると人間の本質がじわじわと見せられ、「アンシャンレジーム」の中に
閉じこもっていたら、いつの間にか世の中は「ヌーベルレジーム」だった。
そういう変化が絡みに絡んで、恐ろしくタフな演劇を見た。
・・・全てをなくして、どう生きんねん?

スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR