スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAAT「ルーツ」

本当の意味での知性とはなんぞや?
「洗脳」されるために知性があるとしたら・・・。

 ・・・そんなのいやだ。
というか、関東には結構頭の逝かれたお年を召された方々がいるねんな。
KAATは5階に主なホール入口が「レイアウト」されていて、主なアクセスは
チケットボックス隣りにあるエスカレーター。

 それより前、朝5時に大阪上本町から東京駅八重洲口に放り出され、
(大阪バスニュースター号は居住性抜群だったけれど)
上野東京ラインの始発電車を待ち、上野駅にたどり着くも
歩道橋のエスカレーター・エレベーターが全部朝7時からしか動かない。

 ひいひい言いながらいつも行くサウナへ行き、お風呂に入り、
大広間の仮眠室に入ると急に眠くなり、気がつくともう10時前。
もう一回お風呂に入って温まって、行く準備をして、朝飯食って、
荷物を宿に預けて、トトロ日比谷線で中目黒、それから横浜。

 横浜について、「目的地までの道に迷う」という「市内観光」をして、
それから神奈川芸術劇場(KAAT)にたどり着いて、上に上がるエスカレーターが
動かないことを見て、道向かいのローソンで体制を立て直すことにする。

 なんか食べて、レポート書いて、そろそろ時間やね、と場所に戻ると
エスカレーター前がなんか剣呑だ。
どこぞのおっさんが仏頂面で本読みながら待っていて、気持ちが悪い。
気持ちが悪いことを辛抱しながら待っていると
チケットボックスのお姉さんにイヤミをぶーたれている。

 「順番守れ」、と言うたかて、チケットの券面にはもう「入場の順番」を
記した番号がすでに印字してあって、早く来たからというわけじゃない。
チケットボックスには「本日公演の当日券は(チケットボックスで)発売されていません」と
張り出してはいる、なのにあのおじさん、チケットボックスのお姉さんに
「この状況を写真に取れ」なんて、頭のネジが数個飛んだ人でないと言えない言葉を吐く。

 剣呑すぎる状況を抜け出して、ようやらやっとエスカレーターが動く瞬間、
おっさん、こう吐き捨てたよ。
「あなた、わたしの言った日本語がわかってないですね」だと。
わかっていないのはてめぇだろうが、という言葉を飲み込みつつ
エスカレーターを上り、ロビーにたどり着いて(以下略。

 リアルに「威力業務妨害」を見て、入ったら空間のつくりにも驚いた。
ある意味、多層構造の倉庫であり、生活空間、というには
いささか殺風景、おまけに地下構造まで作り込んでいる。

 さらには殺風景、無機質ながらも、ものすごい精度と密度で
それぞれの人物設定に合った「生活空間」を作り、「購買部」まで立ち上げている。
・・・構造はシンプルだ、けれど恐ろしくリアル。

 こういった「空間」で繰り広げられるは、「古細菌」という
「細菌の化石」を探しに若い研究者が地図にない「事にされている」
廃鉱を抱えた村に導かれるようにしてやってくることから始まる物語。

 最近、人間関係において私は「他者」と「異者」という「腑分け」を
より意識するようになってしまった。
問題、というか、課題は「他者」と「異者」の線引きはどこなのか?
更にいうと「他者」と「異者」の間にある、「わたしじしん」を
「客観的に見た」存在と言うものをどう呼べばいいのか、
板の上で繰り広げられる「認められる」という作業を見ている。

 この作業を見ていけば見ていくほど、この村の村人が、
というか、この地球で生きている人々が何かある種の
個々人に違った「障害」を持たせて、どう振る舞うか?
という「実験」に物語が化けてしまう。

 「障害がある」ということを認めないでわけの分からない
生き辛さや生き辛さから来る「落ちぶれ感」、さらに「平凡」で
あることを罪悪、というか恐怖に感じる心持ち、故に
「そっとしておいてくれ」としか言えないナイーブさ、
このナイーブさを知ろうともせず、「わたし自身だけが持っているかもしれない」
興味を第三者に「押し付けているかもしれない」しんどさ、辛さ。

 「実験」を経て「異者」がなんとか「他者」となって、
新しい命が生まれるまでがインターミッション前。

  インターミッションを通り抜けると、物語の色調が急に変化する。
「せけん」や「せかい」の「偏」や「作り」、というものを
広すぎず、狭すぎず、程よい空間で、しかも時間の長さも感じさせず、
あっさり見せるから目から鱗が落ちると腑に落ちるを同時体験してしまう。

 「にほん」という「くに」や「みんぞく」というものが「そのほかのせかい」から
どういう風に「見られ・思われて」いるのか、そしてこの「見方」に
わたしたちがどう反応しているか、目の前に突きつけられると、考えさせられる。

 「せかい」すべては、みんな「うそ」でつながっている。
「うそ」を共有しない・あるいはできない人は「せかい」には入れない。
「うそ」を信じない・信じたくない人を排除するのがこの「せかい」の仕組み。
この「じじつ・しんじつ」を旧坑道の中で立て板に水の言葉回しで話すと、
不思議に納得してしまう。

 まあ、若い研究者も「せかい」でよく使われている
「賛同を得るために」という言葉の胡散臭さ、と言うものに、気づかなければならなかった。
「多くの人の賛同を得るために」ではなくて「多くの人を騙すために」ということに。
それを「研究所を作り、村をもり立てる」という欲に負けて、忘れてしまった。

さらに、この「せかい」は「ほのめかし」を好む。
そのためには、一世代の期間を費やして「リーダー」や
「カリスマ」という存在を育てることもある。
これは、テロリストの育成と同じだ。
生まれた時から近親者が少なく、少し賢く、貧しく健康であればよいわけで。

 おまけに、「魂」の問題、というやっかいな問題までついてくる。

 結局、わたしたちが「ただしいこと」と信じてきたものは、
ほとんどうそ・いつわりだったのかもしれない。
そのうそ・いつわりをきれいに剥がしたのが「ぼくちゃま」という存在の
「代替わり」にまつわるなんだかんだなのかもしれない。

 誰もこの「構造」を笑えない。
どんな形であれ、私たちは「洗脳」を受けているのだから。
わたしだって、あのキチガイを排除するために警察呼ぼうとしたのだから。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。