時間堂 「ローザ」

世界は同じ調子で回り、うねりながら、踊っている。


 「最悪の事態」について考えこむ。
どうもわたしの「氣」というものが荒れてしまい、落ち着かなくなる。
落ち着きを取り戻すかのように、しばし演劇から離れてサッカーにまつわる雑談。
この雑談では話すことがなかったが、どうやら人間の集中の限界は90分らしい。
「十分に」集中させて50分、というところか、ゆえにサッカーやラグビーは
その時間帯で一度、時間を「切る」わけで。

 なんだかんだを自分の中に「落としこんで」いたらいつの間にか、始まった。
・・・やっぱり、というか、なんというか、ローザ・ルクセンブルグのお話だったのね。
名前と、おおまかな仕事は学校の世界史の時間で聞いてはいたが、
あいにく、その頃の自分は精神的に疲弊していたらしく、心にも、からだにも入ってこない。
おまけに、自分の「テーマ」というやつにも引っかかってこなかったので、触れることもままならず、
いしいひさいちの「現代哲学の遭難者たち」という本に載っていたかな、と思いきや(以下略。

 そういう「基礎知識」が少ししか入っていなかったからこそ、
物語自体の「深さ」というものを感じることができたのではないかと。

 ローザ・ルクセンブルグ、という一人の女性が「殺された」、
その「命日の法要」らしきものがあり、その場所での思い出話を通して
彼女に関わっていた多くの人たちが抱えている、もしくは抱えていた
「誰にも言えない秘密」というものがいつの間にか炙りだされている。

 革命だ、なんだと言ってもお腹は空く、人を好きになるし、嫌いにもなる、
綺麗なものは綺麗だし、美しいものは美しい、醜悪なものは醜悪だ。
そういった様々な感情が「自然な形」で見手に渡されてしまった。

 これ、精神医学でのSSTという「やり方」とほとんど同じじゃないか。
それぞれの人生、という「歴史」がうまく重ねつつ、
冷静な心境で立場を変えていきながら何かを「解きほぐしていく」ように仕向けられている。

 その「解きほぐされたもの」から、人間というものはどうやら二つの感覚を持っているようだ。
「変化」というものを「受け入れて」いく「開いている」感覚と
「変化」というものを「拒んで」しまう「閉ざされた」感覚。
このふたつの感覚が平衡を保っていることが一番理想的なのだろうが、
たくさんの状況や環境によってどちらか一方に触れてしまいがち。
その「一方に触れてしまった」、という「現実」を見ることで、
人は「敗北感」というものを抱え、こじらせて「無力感」にまで転じさせてしまう。

 だからこそ、ローザ・ルクセンブルグはああいう風に立って、居て、振舞ったのかもしれない。
「革命」の中でも「女性」としての「わたし」を貫こうとすることで平衡を保とうとしていた。

 この平行を保つ「試み」を通して、「外」の世界、ファシズム前夜のドイツや
国共合作の中国、さらには現在の日本のように「現実」や「事実」というものは
いつも同じ調子で回り、うねっていて、その中で私たちは踊り、生きている。
だとしたら、わたしたちの中にも、ローザ・ルクセンブルグは「存在」している。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR