万能グローブガラパゴスダイナモス 「星降る夜になったら」@キャナルシティ劇場

私たちは、未練の尻尾と言うやつをお尻の尾てい骨、その延長線上に
ズルズルと引きずって生きている。

 ・・・この事実をもう少し早くに知っていたらこの演目初演、
イムズホールの時から感じていた苦しみからうまく脱出できたのに。

 更に言えば、ほぼ一年前、ワタナベエンターテインメントの福岡オフィスの
若い衆、女子部のメンバーで言えばえもとりえねーさんと上杉あずあず
(あずあずはRKB所属の野球女子タレントとして生きる道を見つけたから、いいや。)
以外のフルメンバーにお笑い芸人を加えた座組でこの演目をやったのを見ても
物語を動かすスピード、展開力の違いしかわからず、悩みの元にどうアプローチ
したらいいのかすらわからなかった。


 見て、すぐ、ガラパはこの演目の再演をぽんプラザホールで
演って欲しい、外の劇団、というかカンパニーがやるところを見て、
ガラパの強みがようやらやっとわかって、その強みを「ぎゅっと」したところで
鍛えて、次につなげてほしいやね。
そんなことすら考えていた。

 けれども、現実、というか、事態は私の思い、というか、
想像を遥かに、斜め上の展開で推移した、あまりにも残酷なほどに。
「月ろけっと」の東京公演、出費を洗い出して、行って、帰ってをして、
次は「星降る、5月3日、キャナルやで」という第一報を受けたときは
なんとか先行販売でチケットを買える、と踏んでいた。

 しかし、エージェントさんと出費の確認をし、
なんだかんだと膝詰め談判をし、気がつけばありとあらゆるところで
出費に制限がかかる、なんとか残務整理としてエゴナクの「ふくしゅうげき」と
ミクスタプレオープンのウルブズ戦、トラッシュマスターズ「たわけ者の血潮」だけは
見に行かせてもらえたけれど、その他の日程は削り込まれ、
劇作家協会と演出者協会の年会費は「払込不能による除名上等」まで(以下略。

 その分、自分が抱えている「未練の尻尾」というものがきっちりと見えて、
それをばっさり斬って、新しい人生を歩まなければ、
人生というものはダラダラ生きてしまい、おんなじことの繰り返しに
なってしまうのだ。
この問題に真正面から取り組む、「濃くて熱い」数ヶ月を生きて、
久し振りの演劇。

 劇場の中に入り、中に配置されている装置や構造を見て、
この演目自体がぽんプラザでも、イムズホールでも、
「物語を伝える」ためのキャパシティを遥かに超えてしまい、
キャナルシティ劇場クラスじゃないと見手に伝わらないくらい
すべてが大きくなってしまった。

 スカウティングポジションから自然な形で「額縁」に
すべての画がピタリとハマる、目でしっかりと流れを捉えられる、
そういう安心感を抱えながら物語に入る。

 まず、物語の前提として、この話は前作の「馬鹿野郎、そこは掘るな」と
色んなところで微妙につながっていることを挙げなければいけない。

 生きて、別れて、出会って、くっついて、
裏切って、裏切られ、傷ついて、死んで、
板の上になかったのは妊娠して、生まれる、というところだけ。
 
 これらを「馬鹿野郎、そこは掘るな」は洞窟という「閉ざされた空間」で
見せて、なんか微妙に「未練の尻尾」をズルズルと引きずって生きている、
というかズルズルと引きずって生きていけや、若者よ。
わたしもズルズルここで、てな塩梅に「残された者」がメッセージを伝える。

 しかし、「星降る夜になったら」では、
わたしたちはあがきながら、もがきながら生きているじゃないか、
戦い続けているじゃないか、それって結構かっこ悪いことじゃないと思うよ。

 もしその戦い、というかもがき、あがきの最中に死んでしまったら
「次の局面」は「予定」のまま終わってしまう、
それはそれで少ししんどいし、どこかカッコ悪い。
(かっこ悪いから、芸人はほかの誰かにすべてを託し、
 楓さんはあの夫婦の「子供」として新しい生を生きるだろう)

 人間同士が出会えば、いつかは離れるし、別れる。
お互いがお互いの領域に踏み込めば踏み込むほど、その分
「離れる・別れる」という「おわり」を忘れてしまいやすくなる。

 忘れる、ということが平気になる、ということが
「未練の尻尾」を引きずって生きている、ということ。

 わたしはなにかとても悔しくなるときがある。
それが嫌だから、強引に展開を作って生きてきた。

 逃げれば繰り返すし、立ち向かうとごまかしやすくなる。
知らないふりをしていても、なんとなく全てを知っている。
知っているから道具として「怒り」を使いたがるし、
怒りに突き動かされて生きてきた。

 けれども、そうしたことでわたしはわたし自身を前に進めることができなかった。
いまは、不格好でも、無様でもなんとか前に進んでいる。
それでいいじゃないか!!

 

スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR