KVA劇団川口さん家のみそスープ「星降る夜になったら」

ノスタルジー?そんなこと、知ったことか!!

イマドキの若い子にとって、スピッツとかMr.Childrenという「音楽」は
「若き日の失われた思い出」に浸るためのノスタルジー・ミュージックなのか!
そんなことまで思い出しちまったい。

この演目の元版たる万能グローブガラパゴスダイナモス版の初演(@イムズホール)と
再演(@キャナルシティ劇場)では「思い出に浸りきっている最中」と
「思い出から抜け出して、新しい人生のはじめかたを模索する」の違いはあるけれど、
客入れの音楽のチョイスからして、ノスタルジーが匂いだしていた。

けれども、今回は元版とは全く真逆の「ノスタルジー?そんなに後ろばかり見てんじゃねーよ」と
言葉は荒いが「諭されている」空気感がなんだかんだ言うてもそこにできている。

あと、空間のつくり、基本の色が白・白・白一色、あとの色は
演者の動きや関係性で見手の皆さんに「頭のなかで」色を付けてもらえ、
というある意味演者にとっては過酷な環境だ。

万能グローブガラパゴスダイナモスの初演・再演、ワタナベエンターテイメント福岡オフィスの
若いもんがやったやつ、そして、今回と都合4回見て、やっとこさこの戯曲の肝が見えた。

根っこに「ある程度年を取って、新しい人生を進み行く必要がある、がどうなるものか危ぶんでいる」
わたしたち、という「存在」がいて、この「存在」は「危ぶんでいる」不安が日々募って、
「不安」に転じ、その不安を紛らわせるため「ノスタルジー」という作用を求める。

「ノスタルジー」という作用を求めて、「同窓会」と言うものを行うように仕向け、
場所を「山奥の貸別荘」にする、という(ここで冒頭の過去と現在が「混ざること」に意味がある!)
「装置」の設定を開演までに見手に見せて、納得してもらう。

あとは110分のうち90分を「生と死の混淆」という流れをコメディにくるんで見せて、
「ああ、わたしは今まで言うべきことを今すぐに言わず、未完として心の奥底に抱えてきたのか、
この「未完」が「思い出」に転じるならまだしも、「こうすりゃよかった」という
「未練」として一生涯尻尾のようにぶらぶらぶら下げて生きるから、人生うまく行かねぇんだよ。
これを踏ん切りにして「迷わず行けよ、行けばわかるさ」とラストまでの時間でまとめる。

この肝をガラパは仕掛け満載の空間で、ある意味、滑らかに言葉という不安定なボールを
ハンドリングミスなく回し、適切な人員でモールとラックを作り、スマートなボディコンタクト、
ここぞというところでうまくキックを使って陣地を稼ぐ、
いわゆる「テスト(マッチ)・ラグビー」の範疇で見せた。

対して、今回はそれよりも結構なハンドリングミス、粗っぽいボディコンタクト、
アタックのアイデアに詰まってキックという「飛び道具」を多用する、
いわゆる「年末年始の大学ラグビー」の範疇で見せた。
だから、ひとつひとつが不思議な「重さ」を持っていた見後感。



スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR