福岡県大学合同公演2017「孤影」(Koei)

独裁政治を復活させるものは、独裁者の血統ではなく、
自主自立の魂を蝕まれた民衆の貧血、なのかもしれない。

 福岡県大学合同公演といえば、前シーズンは「九州戯曲賞」を
現時点での最年少記録で取った作品を「初演」する形になったけれど、
ある意味、「完成品」の戯曲を「未完成」のからだで演じることはかなりの負担。

 この「反省」があったのかもしれないけれど、今シーズンは
一度戯曲を「仕上げて」、ブラッシュ!という「品評会」に晒して、
様々な整理整頓をやって、「初演」にこぎつけた次第。

 この件から言っても、戯曲にとって、「初演」はものすごく大事なのかもしれない。

 「初演」の出来、不出来が客席で見ていた「演劇をいつか演る人」にとって、
「いつか私達もこの演目をやってみたい」や
「いつか私達もこの演目ができるだろうか」と
思いを巡らせて、意欲に繋がり、
結果、自分のところの劇団での「再演」だけではなく、
ほかの劇団、他の地方で「再演」できることが
劇作家としての「栄誉」であり、「名誉」かもしれない。

 そういうことはさておいて、表演空間からぶったまげた。
一味違う「シアター形式」というか、シアター形式の表演部に加え、
正面ど真ん中を通路としてぶち抜いて、そこも表演部にし、
前説で更に両端の通路も使いますよ、といったものだから(以下略。

 色々感心していたら、いつの間にか表演部センターに
ボロをまとった演者がより良いポジションを探しながら座り始めている。
ハードロックがガンガンかかった今風の空気から気がつくと、もう物語の空気だ。

 そういうことはさておいて、近年、歴史の検証を通して、「本当の歴史」が
徐々に明らかになってきた、ツイッターやフェイス・ブック、その他のウェブで。
同時に、戦争とは何だったのか?ということもまた、明らかになってきた。
というふたつの前提があって、この戯曲と、演劇作品は産まれたのかもしれない。

 戦争の歴史というものは、世界の「支配者一族」が、
「一枚岩」でつながっている「事実」を見抜かれ、
残りの全人類を敵に回してしまわないように、
繰り返し演出した偽装工作なのかもね。

 表演空間の上では「支配者一族」がどのようにして「一枚岩」で
つながっているからくりと、そのからくりに「混ざり込んでしまった」異質が
「一枚岩」を作り上げたからくりをじわじわ「蝕んでいく」様を空間の全てと
演者総動員で「コンテンポラリー演劇」として、見手に提示した。

 「支配者一族」と言うものは表では「男性」を立てるけれど、
実際は「お姫様」という「絶対的な特権を持った女性」が支配している。
そこで使われる言葉や考えは「表と裏」の意味を常に持つ「二枚舌」の構造、
更にいうと、「そこに愛はあるのかい」という特殊な欠乏状態が「支配者一族」を包んでいる。

 この特殊な欠乏状態を補う、対比的な存在として、「犬畜生のなんとか」が存在し、
(多分、「犬畜生の世界」は努力と才覚次第でのし上がることのできるところだろう。)
それぞれの存在を「つなぐ」のが、とある一人の女。

 「女」という「光」をどう当てていくか、この「当てていった」結果としての
「陰」を私たちは見ていたのかもしれない。
そう考えると、わたしたちは「出来事」に対する「光の当て方」を間違えて、
産まれてしまった「陰」の悪戯に悩まされているだけなのかも。

 私たちは余りにも物を知らなさすぎた、というか知ることを妨害されていた。
ここから私達を新しく始めていこう。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR