劇団こふく劇場、劇団HIT!STAGE合同公演 「境目」

えげつないけれど、何か愛おしい。

  数日前から世間は台風だ、台風だ、と騒がしい。

その騒がさを感じて、先週の枝光からその日のうちに帰りつけなかったことを

じわじわ思い出し、おんなじことのリピートは正直、まずいよね、と考えたら

某ラジオ局から忘れた頃にアナウンサー朗読会の入場メールが。


 こうなると、金曜日に期日前投票に出かけ、土曜日は朗読会の時間次第で

土曜日の夜を見るか、泊まって日曜日か、それは朗読会に行って決めよう。

という方針だけ決めて、朗読会に行き、いい塩梅でバスに乗って佐世保に向かう。


 ご挨拶したり、雑談したりしてドアが開いたから大ホールの舞台上に

作り上げられた表演空間を見て驚いた、そしていつもとは違う順序で

客席に送り込まれるとそれだけで「不思議な世界に投げ出された」感が強くなり、

少し心配、不安になるが、客入れ音の心地よいピアノ、柔らかい光が

心配や不安によってささくれ立つ心をなんとなくほぐしてくれる。


 開演直前の無遠慮な方(これが市役所の文化関係の役人だったら正直、許せない)に

ほぐされた心を少し乱されるともう本編だ。


 お話の流れとしては、2016年の2月に長崎県佐世保市と宮崎県都城市で同時に起きた

「別れのご挨拶」から始まり、このふたつの「別れ」がいつもだったら露骨に

「可視化」できるはずもない「境目」をくっきりはっきり「可視化」させてしまう、そんなところか。


 こうして、「可視化」されてしまった「境界線」を演者それぞれの「背中」

(だからああいう座席案内になったのか!)から眺めてみると、

2016年の4月16日、(あるいは4月15日)に熊本で起こった大地震を真ん中に

「挟んで」存在するそれぞれの「人生」をうっかり見てしまう。


 さらにはリアルにわたしの「人生」の内外でも起きた出来事を板の上と重ねて、

その正確さに体の中が揺れて、震えている、ちょうど2016年の1月辺りから

今まで続いているわたしの中での「小さな地震」のように。


 板の上では「飛び出す人」と「留まる人」、「逃げる人」と「追う人」の境界線が

複数人であるときは鮮明に、あるときは薄ぼんやりと。

けれども自分の場合は「飛び出そう、飛び出したい」という思いと

「留まりたい、留まろう」という思い、「逃げ出したい」と「逃げ出したくない」という思いが

わたしのひとつしかない心と体にパンパンに詰まって、どうしようもできなかった。


 どうしようも出来ないと、飛び出すにせよ、逃げ出すにせよ、人は無理をする。

無理をする中で人のつながりに気がついたり、繋がりから生まれる縁に助けられたりして

また新しい人生を作っていく、これでいいのだ。


 濱砂さんの立ち居振る舞いに、
 「ああ、男の人って、幾つも愛を持っているのね、ああ、あちこちに薔薇まいてわたしを悩ませるわ」

という歌詞を久しぶりに思い出しちまったわい。


スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR