fc2ブログ

万能グローブガラパゴスダイナモス「ハダシの足音」@福岡

このお話はわたしにとって、「現在進行形」でもあり、「過去進行形」でもある。

 誰かのために「譲る」ということは、とても、とても、心と身体に来る。
先行販売でチケットを買ってから、いま現在いる環境の「動物園」ぶりがひどくて、
強いて言うなら「動物たち」が自らの「動物性」を自覚していない、それなのに
「動物性」を押し通すことを「人間」と勘違いしているさまを見てしんどくなった。

 そのしんどさが、とうとう逃げられないところにまで来て、今いる場所から
正直、逃げたい、逃げたいけれど九州だったら泊まるところが確保できない。
こういうことを考え、打てる手を打ち、イムズホールへ向かう。

 それはさておき、この劇団、「春シーズン」は新戦力の確認や、新しい試みを試し、
畑を耕す、種を蒔いて、水をやり、手を掛けて、「秋シーズン」で少し大きいハコか、
少し長い期間公演を打ち、福岡以外の場所で腕試しをするローテーションを
ここ最近行ってきたが、今年は「星降る夜になったら」の再演をキャナルシティ劇場でやる
という「チャレンジ」を春シーズンで行い、そうなるとぽんプラザホールでのロングランではなく、
イムズホールで秋シーズンの公演を打っている。

 色んな変化を感じつつ、ドアをくぐり、表演空間の中に入ると、驚いた!!
三面客席囲みからして、まるでドリカムワンダーランドやらSEKAI NO OWARIの
大規模ライブ会場を、へたすると東京ディズニーリゾートがまとっている空気感を
狭いところに圧縮した、としかいいようのない「異質な」空間に放り込まれた感じがする。

 もっというと、天井には白い「魔法の木」が吊ってあって、
「天井」と「井戸」、「天界」と「地界」、「天国」と「地獄」、更には「楽園」と「煉獄」が
展開されていることがじわじわとわかる空間のつくり。

 この空気を抱えて本編に入ると、さらに驚いた。
「ありえへん」ところから人はやってくるわ、人の記憶をどうのこうの・・・とは言うが、
本当のテーマは「完璧な存在」なんてものは「あの世」にも、「この世」にも
どこにもいないんだぜ、というかありとあらゆる存在は多かれ少なかれ「障害」と
いうものを抱えて、持たされて(持って、という表現が正しいのか?)、
生まれて、生きて、死ぬだけなのよ、という事を痛感させられてしまうではないか。

 板の上で生きているキャラクターだってそうだ、
キーになる役の女性は「高機能脳障害」で20数年間記憶が剥落している。
この女性を軸にして、「軽い発達障害」や「重い発達障害」、「自閉症」、
「発達障害と自閉症」の合併、「知的障害と自閉症」の合併、「知的障害」は
でてこないけれど、「学習障害」というように「障害特性」という「キャラクター」が
板の上で炸裂している。

 これらのキャラクターが「過去」のわたしたちと「現在」とされているわたしたちという
「パラレルワールド」を行きつ戻りつしながら、誰しもが脳みその大半に持っているが
いつもはあまり意識しない「記憶の森」というものをはっきりと具現化してしまった。

 この具現化された「記憶の森」の中でガラパ特有のラグビーのフィジカルコンタクトを
取り入れたフェイズを多く作ってみせるコメディの要素はそのままに、コンテンポラリー演劇の
要素を新しく放り込まれると、わたしが今まで通ってきた道筋を追体験して、
前作の「月ろけっと」のように、またも「笑いながら、恐れおののいている」わたしがいた。
スポンサーサイト



プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
演劇を見て、感じて考えて書いていきます。
ひとつの言葉が次につながるきっかけになりますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR