fc2ブログ

彗星マジック「ポストグラフ」

フィジカルを効かせた「生きて帰りし」物語。

 小さいグリッドを平面、立体ともに設定して、演者の生身の体と、こころの持つ
全力を出させるように仕向ける「ファンタジー」が売りだ、ということは
INDEPENDENTという「一人芝居」という形態でのショーケース公演でよくわかった。

 がだ、あくまでもショーケースはショーケース、きちんとした形できちんとした尺の
公演を見て、ストロングポイントと(できれば)ウィークポイントを見定めないと
この劇団の公演を「見た」という感覚と記憶ができてこない。
ショーケースだけだったら、「あ、本公演見てみたい」という感覚と記憶しかない。
・・・これが前説で「見たことある人手を挙げて」というくだりで手を挙げきらなかった主な理由。

 そんなこんなはさておいて、フランス革命から王政復古、ナポレオン戦争、
そしてフランス再革命により、フランスから王政は完全に排除された、という
「ラ・マルセイエーズ」を地で行く血腥いお話が基本線。

 この基本線に印象派の画家というキャラクターが持つ「不器用さ」、
さらには女性は個々人の能力や人格を認めてもらえず、
一山いくらでまとめられていた歴史の打開(これもまた別の意味で革命だ)を混ぜて
劇団の売りである座椅子の座面正方形面積分の平面と黄金比率の長方形ぶんの体積という
小さいグリッドを設定して、その中で全力を出させるように仕向けるのが今回の趣向。

 故にものすごくフィジカルが強く、コンテンポラリー演劇の進化系を見た、
と言いたいが、話が進めば進むほど、既視感というやつがじわりじわりとやってくる。

 ・・・これって、小倉のリバーウォークに両方共ある北九州芸術劇場と北九州市立美術館分館が
最近数年コラボしてやっている「所蔵美術品と演劇の掛け合わせ公演(求む、正式名称)」を
思いっきり演劇側に寄せているぞ、という発見。

 この企画、北九州市立美術館が所蔵しているコレクションの中から毎年一枚の絵なり
一体の彫刻、という立体物を飛ぶ劇場の泊さんと美術館学芸員がセレクトして、
作品のなんだかんだをイメージして作った戯曲を一本美術館分館で演り(60分程度の尺)、
その後美術館学芸員と泊さんがギャラリートーク(15分程度の尺)のちに
客席部分の裏にレイアウトされた絵画現物を鑑賞する(最大30分の尺)というパッケージ。

 この企画、絵画等と演劇というものが「知的冒険エンターテイメント」に化けるんだな、
「知的冒険エンターテイメント」に化けたら「物事を考えるための引っ掛かり」が
観手に生まれるように仕向けている。

 その仕向をギャラリートークと現物の絵画鑑賞の尺分を演劇として「延長して」、
板の上で繰り広げる人物像とキャラクター像を高い精度と密度でデッサンし、
アーティストもそうだけれど、人間生きていく、ということは「私自身のより良き理想の線」という
ものを書きたいと追い求めるのが性分、さらに「私自身のより良き理想の色や光のあり方」も
追い求めているんだ、ということを熱量高く見せていた。

 こういう縁をもとにして、どんどん広がってくれたらありがたいのだが。
スポンサーサイト



プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
演劇を見て、感じて考えて書いていきます。
ひとつの言葉が次につながるきっかけになりますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR