FC2ブログ

「パワハラ」は基地外の所業。

 大昔の自分はそういうことに気が付いていても、気が付かない「ふり」をしていたし、
好き嫌いを我慢できないくらい心や気持ちに余裕がなかった。

 「セクハラ」や「ストーカー」も基地外の所業だが、「人寂しさ」や「人たらし」が
悪い方向に出た、というところがあって、どう処理していいかわからない。

 さて、本題の話に移る。
自分が今、演劇をお休みしている理由がとある人から受けた「パワハラ」だった。
自分の「発達障害」という特性によって「変な見方」をしていたことがその人たちの
気に障ったらしく、「障害からくる特性」を「矯正せよ」と一回は面と向かって、
あとはこりっちのパーソナルメッセージを通じて、あと自らのブログやツイッターを
使って名指しで攻撃した。

 広島、アステールプラザでの公演、開演を待ちながらいろいろやっていたら
「お前みたいに人生落ちぶれたくない」とかツイートされると、さすがに「きます」わ。
でも、反論したって、どうにもならないくらいこの人「たち」は気が狂っていることを
様々な言動から見て取れたので、わたし一人ではどうにもならないと判断して、
信頼できる機関に連絡を入れ、対応の窓口となるようにお願いした。

 それから数か月後の夏、こりっちのパーソナルメッセージにさらなる矯正の強要を
感じ取って、今まで書き溜めたこりっちのレポートを全部削除したら、
対応の窓口から連絡が飛んできて、「出るところに出ましょう」ということになり、
自らの記憶と窓口が独自に集めた資料を合わせて、お任せしたけれど、
どうなったかわからない。

 とりあえず名前かくしてこりっちにレポートを提出したけれど、
また、矯正を強要するメッセージが来て、ほったらかしにしている。

  それから、演劇から段階的に離れて、自分の至らなさに向き合わざるを得ない
状況になってしまい、まあ自分もとりあえずは悪かったけれど、やり方よくないよね。
とようやく心の中でけりが付いた。

 ・・・そういう人を殺して自分だけが生き残ろうと今までは思っていた。
あの人たちは矯正を強要させて、マヤ北島さんを「殺した」ことも
うっすらわかっていて、その仇討ちをしなければ、とすら思っていた。

 けれども、あの人たちは自分の人生そのものがうまくいっていないことに向き合わず、
演劇というものにのめりこんでいって、自分で自分を壊したかわいそうな人だった。
だから「劇場じゃなくて、きちんと精神科のお医者さんに行って」と一言言って、
突き放してあげたほうがよかったのかもしれない。
さらに矯正を強要する言葉を吐けば一言「死んでください」といえばよかった。

 ・・・そして、自分はああいう人間になる寸前までいったけれど、
ならなくてよかった。

スポンサーサイト



プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR