FC2ブログ

演劇とはなんぞや?

 感染症がこうして猛威を振るっている前より、
わたしはステイ・ホームの日常が続いていた。
社会的距離がうまく取れなくて、いろんなことがあって
ステイ・ホームせざるを得ない状況が起こっても、
最初はなめてかかってというか、外に出たい欲望が勝って
広島愛媛と静岡に行ったけれど、より状況はひどくなって
去年の夏から本当に外へ出られなくなった。

 在宅ワークに特化した訓練を受け、あとは家でひたすら
じっとして演劇にも、サッカーにも、野球にも徹底的な
無関心(とはいえYouTubeとダ・ゾーンは時々見ていたが)を
貫き、ようやらやっと外に出られるのかな、と思ったらこれだ。

 サッカーの福岡ダービーは窮屈ながら何とか見に行って、
野球はファンクラブ招待券ながら何回か行くことができる、
演劇もぼちぼち行こうかねと予約を入れたら少しずつ予定が
解体されていく、そのさまを見て芸能界隈で
「スケジュールのバラし」という言葉を聞くが、
こういうことだったのねとしみじみ感じつつも、
自分のことを少しづつやっていた。

 けれども、世の中の予定という予定がばらばらと音を立てて
バラされて、何もない、ひたすら家にこもれ、競馬とお船は
権力に近いから無観客でもやれるのに。
そうじゃないところは辛抱せぇと権力から殴られて泣きながら
予定をバラしている、延期とかいうけれど先は見えず、
金の保障はいったいどうなることやら。

 こうなると、ある人は「命より金」からくる社会の崩壊という現実を
「想像だ」と切って捨ててしまうくらい思慮というものは
窮地に立たされると、メンタルとともに簡単にぶっ壊れてしまうんだ、と
言う好例を誰とは言わないがやらかした人もいる。

 しかし、わたしも在宅ワークをして、言葉のやり取りは
チャットソフト、データクラウドに作成したなんだかんだを
アップロードして、ウェブカメラ等とウェブ会議システムを
使ってプレゼンテーションという演劇作品をやれば、
なんか、人前に出るよりすげぇ楽だ。

 その感覚を携えてZoomというウェブ会議システムを
うまく利用した演劇を3本見た、というか聞いた。
まずはKAKUTA《リモート》読み合わせ遊び『彼の地』を聞く。
https://youtu.be/ccR9lSKUzpA
この演目は北芸で初演、再演どちらとも見た。
再演はお恥ずかしい話、インフルエンザによる隔離明け(ということにして!)で
見に行ってしまった、大変申し訳ない。

お話の肝は「土地に呼ばれる、呼ばれない」ということと
「彼の地」から「我の地」へと変わる長い長い物語。
初演は「彼の地」から「我の地」に変えた私の視座で、
再演は土地に生きている猫の視座でそれぞれ見て、
今回は「彼の地」を「私の部屋」という最小限にまで削ってしまった
私という「立場」で聞くことになった。
というか、最小限まで削り取った今が一番幸せって何なんだ?

 次もKAKUTA《リモート》読み合わせ遊び 第3弾『Root Beers』 を聞く。
https://youtu.be/xoCYFN8QicI
実演は見たことがないが、桑原さんは「彼の地」と言い、この演目といい、
「人種・人間の坩堝」の中で起こった物語を清濁併せ吞む、というか
清濁併せ呑まされる感覚を見せたり、
聞かせたりするのがうまい。

 この流れを受けて未開の議場-オンライン版-19日/本番2を聞いてみる。
https://youtu.be/b2cvo-T1QDY

 お話の肝は「人種・人間の坩堝」をよりドロドロぐちゃぐちゃにして、
個々人が持つ「社会的距離感」の違いからくる分かり合えなさや分かり合えなさから派生した
「他者と異者」のぶつかり合い、ぶつかり合いから生まれる過去の傷のほじくりあい、
違和感のある言葉のやり取り、実に生々しい。

 これを聞きながら自分が在宅ワークに特化した訓練を
受けるためにステイ・ホームをやらざるを得なかったいきさつをうっかり思い出した。

 「社会的距離感」の違いに苦しんで、とてもしんどくて、
このしんどさをわかってくれる人が少なくて、追い詰められて(以下略。
その時感じた息苦しさや、しんどさを少し思い出したが、
ウェブ会議システムという「障壁」のおかげで「あ、これでよかった」と
ほんの少し思えるようになった。
 
 演じ手と見手が同じところにいて、いろいろな感情をめったやたらに
ぶつけられあう「演劇」もよいけれど、こういう「障壁」を巧みに使って
素直な感情を表出させる演劇もあり、かもしれない。

 



 
スポンサーサイト



プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR