最強の一人芝居=インディペンデント 「INDEPENDENT:FUK」


身体言語の持つ多様性。


 という方がしっくり来るのか、それとも多様性があるからこその
身体言語、としたほうがしっくり来るのか、未だ考えあぐねている。
・・・今年もいよいよやって来ました。
なんか、ブロック分けが「ガチの演劇系」と「ふんわりとした演劇」という塩梅で
揃えられているのが秀逸だ。

 開演前にあったもろもろ事を言うのは気がすすまないので
サクサクと本題に進もう。


【Aブロック】
井口誠司×仲島広隆
 
 いろいろなところで名前は聞くが、仕事自体は今回が初見。
なんて言うか、「立ち」がきちんとしている。
「古典」という文脈で「身体言語」を持っているのだな、という発見。
「古典」というものが持つマッタリ感、というか「溜めて、動く」というものを使って
「働く」ということの大変さ、ヤバいところで働いている、ということの恐ろしさが
うまく表現されている。

 その恐ろしさがじわじわと「自律」というか、「自ら、動く」というものを
侵食していって、最後は誰かのもとで「飼われる」という
「豊かなる不自由」というものはこういうことなのか、に着地した。
何不自由ない状態、というものは意外と窮屈なのかもしれないね。

 台詞回しを明確にしたらかなり化けるのかなぁ、とふと思った。
 
山田美智子

 さて、今回の出物だ。
この演目、去年の鹿児島演劇見本市でスカウティングして、
なんて言うか、わたしの知らないところにまで持っていかれた。
そうなると、営業魂がなぁ、火ぃ着いてしまったのよ。
幸いにも別ルートでも来なよ、という動きがあったらしく、
今回の参戦に結びついたわけで、まあなにより。

 演劇の世界で一青窈のあの「世界観」が作れるとは。
空間の広さに慣れていなかったことはあったが、
ある程度の密室感、というものが出ていてズオズオ感があった。
「感じすぎる」という病気と「感じられない」という病気の両面的な感覚があり、
「殺人を犯す」という恐ろしさというものも出てはいた。
がだ、「人を殺す」とき特有の「匂い」と「セックス」特有の匂いを
うまく感じ取ることが難しかった。
緊張感、というやつがあったのか、何なのかわからないが。
「愛されるしあわせ」と「殺されるしあわせ」を隔てる薄皮一枚感を
見せるギリギリの研ぎ澄ましが大阪でどこまでできたか、見てみたかった。

玉置玲央(柿喰う客)×中屋敷法仁(柿喰う客)

 一番最初の演目を「古典」という文脈だとしたら、
この演目は「同時代性=コンテンポラリー」の文脈で「身体言語」というやつを使った。
それくらい「身体性の再現」というやつがすごくなっている。

 で、3回も見てみるとまた別な角度でいろんなことが見えてくる。
「文武両道」というものはごく普通の家庭で生まれ育てばできやしない、という
「冷徹な現実」を知り、ごくふつうな人生を生きるためには「選択と集中」というものが
必要になってくる、というところにまで思考が進み、今回はロンドン・オリンピックが
直前まで行われた関係で「もうひとつの現実」を垣間見た上でいろんなことを考えさせられる。

 結論、「言い訳は所詮言い訳、すればするほど見苦しく、自らの首を絞める」という見後感。
「エエとこどり」なんてできるわけないからこそ、絞りどころをどうするか。
・・・直前までパルコの「露出狂」を東京でやり、そのあと大阪、名古屋ツアーの流れで
ここに来た分、前回感じた「両性具有感」というか「異性の匂い」を感じることなく、
「男の匂い」がところどころマーブル模様になっていたのが気になってしまった。


 インターミッションはロビーで「キネマおじさん」。
これを見てしまったら本編の映画を見る必要がなくなってしまうほど面白い。



【Bブロック】

守田慎之介(演劇関係いすと校舎)×平林拓也(ユニット成長剤)

 はじめて演者としてのもりしんを見る。
というか自分で書いて、自分で演出することのできる人間が
他者の書いたホンで他者のコントロールを受けるとどう変化するのだろうか?

 ・・・自分で書いて、やるときは等身大のなんだかんだをうまく見せている。
今回は一味違う「閉ざされている思考」、「閉じている思想」のぐるぐる廻りが
渦を巻くようになっていて、この渦巻が「まともな状態」と言われるものを
徐々に壊していき、人生そのものや生活が狂っていく様子が怖かった。

 そういう恐怖感を「そうび」として持てたことが収穫。
収穫の成果を秋口、自宅劇場で見たかったが、行橋までの電車代、確保できず。
・・・禁足令に至る出来事に巻き込まれたから、ともいう。

野中双葉(劇団ノコリジルモ)×熊谷茉衣子(劇団ノコリジルモ)

 「カワイイ」を脱しつつある。
前々作から前作の流れで私達、かわいいだけじゃない。
いつまでもお馬鹿やっていられない、という変化が見られるようになってきた。

 ・・・なんか、哲学的な要素をところどころに入れ込んで、
くまがいの新しいそうびであるところの「文選」に平沢進のもつ
「疾走感がありすぎる」テクノ・ミュージックが聞こえるようなリズム感で
「死ぬって、何なんだろう」、「死んだらどうなるんだろう」という想いを
言葉で紡ぎ、不思議な感覚にいつの間にか引っ張りこまれた。

 このお話を見る前、思うところあってユーチューブ動画で
毛沢東や周恩来、蒋介石、蒋経国、チトー、ホーチミン、金日成、金正日、
スターリン、ブレジネフ、チャーチル、あとその他もろもろの葬儀の映像を
遺体見るのが怖いんで画面を水平にして、空気感を見るようにしていた。
その時に感じたのと同じ、「悲しみ」というやつを超えた何かが板の上にあった。

 盛んに死にたい、死にたいとは言っているが、裏を返せば
実は「生きたい、生きたい」と言っているのかもしれない。
だからこそ、「死ぬな、生きろ」というメッセージが強く残るのだ。


横田江美(A級MissingLink)×土橋淳志(A級MissingLink)
 
 まあ、ええチョイスやわ。
この演目を大阪で見た時、「音までもちゃんと演劇している」と
感心してしまい、飛ぶ劇とその流れをくむところも同じくらいすごいな、と。

 「スピリチュアル」なところでわざと光を失うお話は
ル・グィンの「ギフト」というお話の冒頭部にあったなぁと。
がだ、パラリンピック・ゴールボール競技のドキュメントを通して
「リアルな日常生活」を知っているがゆえの違和感が
大阪で見たときはあって、そこのところがどうかなぁ、と感じていたが
きちんと改善されていて、手触りという「感覚」がズシンと重たく来ている。

 いろいろな束縛が重なって、さらに見えないモノが見えるとは
ほんとうに怖いことだな、と感じてしまった。
さらに、ああいう「復讐」のやり方もあり、というばありなんだなと。

 まあ、ここから新しいことが始まるのだろう。

スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR