FC2ブログ

表現の面白さを体感するワークショップ

「自己開示」のやり方。

 そういえば、わたしはわたしの「障害」あるいは特性について、
演劇や舞台芸術の場において、うまく開示できていなかった。

 うまく開示できていなかったから、どういう人があって、どんな人が
合わないのか、ということがわからず、見つからず、ただ闇雲に行動範囲を
広げすぎ、人と人の間でぶつかりすぎて、しんどい思いをし続けていた。

 そうなっちゃうと、何もかもが動かなくなって、行動範囲や人間関係を
絞っていき、なるべく外に出ない生活をするようになると、
良い感じになってきた。

 そういう状況で始めた在宅ワークのトレーニングをする中で、
自己開示のやり方を改めてやり直し、一つの方向性が見えてきた。
その感覚を持っていって、演劇をやってみたらどうなるんだろう?
ということを考えていたら、このワークショップ、というか
前段階としてのシンポジウムにおいでよ、という提案をもらい、
そういえば、糸山さんや王丸さんに自分の障害特性を開示していない
よね、と話そうとしたらチラシをもらい、参加の段取りをしてしまった。

 年が明けて、大雪で日程が飛び、コロナで日程が飛び、
さあトレーニングだ、ということになったのが3月、発表のことは
考えないで何ができるのだろう、ということを探ることに
自分の全てがフォーカスしていた。

 金曜日は午前中通院のため天神に行き、昼過ぎに家に戻ってご飯を
食べて訓練に入り、終わって支度をしてバスを乗り換えて
ももちパレスへ。
(西鉄さんも区間制定期券、都心フリー定期券のほかに東京のバス会社が
 やっている金額制定期券も導入すればなんとかなるのに、改廃だけが
 打開策じゃないんだよ)
 ギリギリに入るように時間調整として藤崎のエニタイムで体をほぐしてから
トレーニングに入る。

 このトレーニング自体がセッションの組み方、グルーピング、時間設定、
あとなんだかんだが秀逸の出来。
そういう空間で時間を過ごすと、自分の障害特性から来る問題点が
なんとなく理解できるようになってきた。
 
 自分は「自然と息を合わせる、自然に息を合わせた」人や存在に対しては
変な敵意を示さない、けれども「息が合わない、当人の持っている息に
わたしを合わせようとする」人や存在に対して、苛立って怒りを見せていた、
ということがわかるようになってきた。

 この問題を理解した上で、いままでの自分を振り返って、
その振り返りを他人の振り返りにくっつけて、音や動きをつけると、
物凄い作品になってしまった。

 こういう体験を主治医の先生に話したら、参加したい、という人が
結構いるんだよ、ということだった。
がだ、この手法は障害特性の違いによって、トレーニングの組み方を
細かくして、グルーピングや時間設定もより細かくしないと、
心地よい場が違う障害特性にとっては息苦しくて苛立つ場に変わりかねない危険性が
あるよな、ということがあるので強く勧めることができなかった現実。

スポンサーサイト



プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR