F's company 「本当ノート」@大分

ものすごく、フリーダム。



 台風、それも風台風がひどくてJRが止まってやがる。
仕方がないのでネット予約をみどりの券売機で引き換えて、
みどりの窓口で払い戻しの処理をしてもらう。
それからバスターミナルに行って、すぐのバス残り一席を
ギリギリでとってえんやらやっと別府に向かう。

 宿に入って温泉に入り、ひと通り作業をしたらさあ大変。
調整できても焼け石に水、という塩梅になってしまい、
これから先のことについて締め付けられるような心配をかかえながら西大分へ。

 今回のツアー会場は昔、大分から松山経由で神戸に向かう
ダイヤモンドフェリーの埠頭にあった倉庫を改造したイベントスペース。
長崎での宝町ポケットシアター、福岡でのgallery konyaのような
「恐ろしいほどのぎっちり感」がなく、不思議な広さと天井の高さで
物語と空気を感じることで、細かいところまで捕まえることができる。

 導入部、ぎっちり感のある場所だとなんかわからなかった
モッシュ感のある?ムーブマイムが意図を持った
イリュージョンになって、いい案内として日常の感覚から根こそぎ持っていかれた。

 で、日常から離れた「空っぽの」感覚で男と女の「なんでもない、普通の日常」を
付かず離れず、淡々と見せていく。
この淡々としたところに「妄想ノート」と「本当ノート」の存在が絡んでいき、
気がつくと「わたし」が「死んで」いるのか、はたまた「あなた」が「死んで」いるのか、
いやいや、「わたし」も「あなた」も本当は「生きて」いるのかもしれないし、
「死んで」いるのかもしれない。
こう言った「ほんとう」のこと「だけ」を知ることはとてもしんどく、骨が折れる訳で。

 だからこそ「ほんと」も「もうそう」も、そして「あなた」も「わたし」も全てまぜこぜになって
一つの「宇宙=コスモ」という「螺旋」として存在しているのかもしれない。
その様子を司る存在が各公演地のゲストプレイヤーがやっていて、その風味がなんとも言えない。

 物語がちゃんとからだに入る寸法につくられている。
だから、生きると死ぬが混ざっている感じがよくわかるともいうが。

 この「螺旋」の中では「ほんとう」も「もうそう」もない、「正しい」も「正しくない」もない。
ひとつ言えることはそれぞれのものや出来事は「記録」というかたちで保存されている。
その保存されているものを見るのも見ないのもそれぞれ自由、このことを知ってふたたび日常に戻る。
そうして見たいつもと同じ景色は知らずに見た景色と違って見えるのだろうか?

それぞれの違った景色を見る「旅」がわたしの場合、大分で終わってしまった。
スポンサーサイト
プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR