ぐにゃリ 「台風」@佐賀

「屠られた羊」と「モラル・ハラスメント」。

 「心地良い」と「気持ち悪い」を同じくらいの量、抱えることは
恐ろしいくらい心と身体に負担がかかる。
「わたしはいったい、どうしたい」ということがわからなくなって、
そのわからなさにわだかまってしまっている。

 「知らない」、「分からない」で自分の身の回りを済ませることができたら
どんなに楽になるか、でもそうしない自分に対していろんな感情を
抱えすぎて佐賀へ向かい、開場前、ある人に電話をしてから
携帯電話の電源を落として、ハコに入る。

 客入れ音がなんだかベネズエラ調で、この音をスイッチにして
あるやぶさかでないことを考察し始め、気がつけば客席もぞめきはじめた。
なんて言うか、たまらない状態で物語に入ってしまう。

 さちんという書き手が「家出」で九州戯曲賞を取ったその足で
沖縄へ働きに行き、帰りに「台風」で足止め食らってた時に書いたから、らしい。

 ある中学校で働く3人の教師、そして生徒の「日常」を通して
「人間の尊厳」というものは壊そうと悪意を持てば簡単に壊すことができる。
・・・「集団を守る」と言う大義名分のために。
これが、「屠られる羊の必要性、もしくは必然性」というものであり、
手段のひとつとして「モラルハラスメント」に代表される
「嫌がらせ」というものを使うのだよ、
と言う陰湿なものをさらっと見せていた。

 なにを保ちたいのか、正直わからないけれど。
わからないが、そのことをはっきりさせるためにたまたまそうなっていた
「存在」を槍玉に挙げて、さいしょはからかって、次第に「人間の尊厳」へと
介入し始め、その集団への居場所をなくす、と言うか、潰して
「人間の尊厳」を粉々に破壊して、最後は陰湿なやり方で排除してしまう。

 廻りは黙ってみているしかない。
今度、「屠られた羊」にさせられる可能性がある訳で。
屠られた羊にならないように息を潜めて、
隙を見せないように生きているのだろう。

 がだ、そういったことが上手じゃない人が多少なりとも存在する。
そんな人を集団は見逃さない。
どんなに有能で、周りから好かれていようとも、些細な隙を探しだして
その部分を色々な「言い訳」で誇張して攻撃を始める。

 最近の世の中はそういう陰湿な殺気に支配されているから、歪んでいる。
この歪みや狂いについて言及すればするほど余計なトラブル、というものを
抱えてしまい「人生」が足止めを食らって疲弊してしまう。

 そうならないように閉じた空間に閉じこもって過ぎるのをやり過ごすことが
一番賢明かもしれないが、閉じこもると憤怒と憎悪が充満する。
ガスを抜くためには何かを壊すか、危険を犯して外に出なければならない。

 一体どうしたらいいのかわからないぐるぐる廻りが残る見後感。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

itumo25254you

Author:itumo25254you
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR